HOME  >  高校野球情報  >  2010年  >  第82回選抜大会  >  第82回選抜 出場校紹介  >  関東・東京地区

2010年(H.22年度) 春のセンバツ 出場校紹介

第82回選抜高等学校野球大会 関東・東京地区地区出場校紹介

関東・東京地区 出場校一覧

地区 出場校
(都道府県)
創部
(年)
部員数
(人)
出場回数
(夏の出場回数)
甲子園
最高成績
2009年
秋季成績
公式戦成績
関東 4 東海大相模
(神奈川)
1963 58 4年ぶり8回目
(夏7回)
優勝
(夏優勝)
神宮準優勝
地区優勝
15勝-1敗,率.351
本8 盗33 防1.62
花咲徳栄
(埼玉)
1982 76 7年ぶり2回目
(夏1回)
8強
(夏2回戦)
地区準優勝
県準優勝
9勝-2敗,率.403
本3 盗23 防2.65
東海大望洋
(千葉)
1986 42 初出場
(夏出場なし)
-
(-)
地区4強
県準優勝
9勝-2敗,率.295
本2 盗14 防1.29
前橋工
(群馬)
1927 41 15年ぶり4回目
(夏9回)
8強
(夏4強)
地区4強
県準優勝
7勝-2敗-1分,率.269
本1 盗4 防3.36
東京 1
+
1
帝京
(東京)
1949 34 3年ぶり14回目
(夏11回)
優勝
(夏優勝)
地区優勝 10勝-1敗,率.323
本10 盗10 防1.42
日大三
(東京)
1929 41 8年ぶり17回目
(夏13回)
優勝
(夏優勝)
地区4強 5勝-1敗,率.376
本8 盗8 防3.02

関東地区の選考経緯

大型右腕の一二三を軸に攻守で群を抜く東海大相模、タイプの異なる3投手と積極的な攻撃で地区大会準優勝の花咲徳栄、捕手・坂本と長友、尾沢の両右腕のバッテリーに力がある東海大望洋、投打に粘り強い前橋工を選出。

東京地区の選考経緯

東京は、甲子園で登板経験のある鈴木、伊藤をはじめ投打に全国トップレベルと評価された帝京を選出。
残る1枠(関東・東京を比較し1枠)は、東京大会準決勝で帝京と互角に戦った日大三と、関東大会8強の桐蔭学園の比較となり、下位までしぶとい打線に加えて、山崎、熊坂ら投手陣にも力のある日大三が6校目に決まった。

東海大相模(神奈川)

4年ぶり8回目の選抜出場。
昨秋の県大会と関東地区大会を制し、続く明治神宮大会で準優勝。秋の公式戦16試合のうち8試合をコールド勝ちした。

主将も務める本格派右腕のエース・一二三は、最速149キロの直球を武器にカーブ、スライダー、フォーク、チェンジアップなど多彩な変化球を操る。右手人さし指の爪をはがしながらも秋季関東地区大会全4試合を完投。また、長打力もあり、関東大会では2本塁打を放つなど注目度の高い選手。
臼田や染谷ら俊足の選手が多く、秋の公式戦で計33盗塁を決めるなど、機動力を生かした攻撃が特徴。

◇戦績

 ▽秋季北相地区
リーグ戦 ○ 12−0 綾瀬西
リーグ戦 ○  9−0 伊志田
リーグ戦 ○ 11−1 渕野辺

 ▽秋季神奈川県大会
2回戦 ○  8−1 光陵
3回戦 ○  5−4 厚木西
4回戦 ○ 10−0 南
準々決 ○ 11−1 慶応
準決勝 ○  5−1 向上
決勝  ○  5−3 桐蔭学園

 ▽秋季関東地区大会
1回戦 ○  3−1 甲府商(山梨)
準々決 ○  7−0 浦和学院(埼玉)
準決勝 ○  8−0 前橋工(群馬)
決勝  ○  6−3 花咲徳栄(埼玉)

 ▽明治神宮大会
2回戦 ○  5−2 高岡商(北信越・富山)
準決勝 ○  4−0 帝京(東京)
決勝  ●  9−10 大垣日大(東海・岐阜)

花咲徳栄(埼玉)

7年ぶり2回目の選抜出場、夏は01年に出場。埼玉からの選抜出場は準優勝した08年の聖望学園以来、2年ぶり。
昨秋の県大会で準優勝し、4年連続で関東大会に出場。1回戦で前橋商(群馬)に3−1で勝利。準々決勝では市船橋(千葉)に14−2の5回コールドで圧勝。準決勝は東海大望洋(千葉)に4−1で逆転勝ち。決勝では東海大相模(神奈川)に3−6と惜敗したが、準優勝に輝いた。

チーム打率は4割と高く、打線のつながりがあるチーム。1番の佐藤、2番の大塚は出塁率が高く、4番の戸塚が打点をあげるのが攻撃パターン。
投手はエースの五明、山口、松本のタイプの違う3投手で秋季大会を乗り切り、投手層が厚い。

◇戦績

 ▽秋季東部地区
1回戦 ○ 38−0 三郷
代表決 ○ 15−2 草加西

 ▽秋季埼玉県大会
2回戦 ○ 10−3 川越工
3回戦 ○ 11−3 成徳大深谷
準々決 ○  4−3 本庄一
準決勝 ○  8−1 川越東
決勝  ●  3−7 浦和学院

 ▽秋季関東地区大会
1回戦 ○  3−1 前橋商(群馬)
準々決 ○ 14−2 市立船橋(千葉)
準決勝 ○  4−1 東海大望洋(千葉)
決勝  ●  3−6 東海大相模(神奈川)

東海大望洋(千葉)

春夏通じての甲子園初出場。千葉県勢は5年連続の選抜出場。
01年夏の千葉大会、08年夏の東千葉大会では準優勝。あと一歩で甲子園出場を逃してきた。しかし昨秋の県大会で準優勝し、関東地区大会で4強入りした。
相川敦志監督は今春(創部24年目)、就任24年目を迎える。

チームはバッテリーを中心とした守りが特徴。
投手陣は、最速147キロで縦横2種類のスライダーが武器エース・長友。最速140キロで縦に大きく割れるカーブが武器の尾沢の右腕2枚看板。
この2投手を引っ張るのが強肩捕手で4番の坂本主将。守りの要となる。

◇戦績

 ▽秋季1次予選(第8地区)
2回戦 ○ 12−0 君津青葉
3回戦 ○  1−0 拓大紅陵
代表決 ○  1−0 木更津総合

 ▽秋季千葉県大会
2回戦 ○ 11−0 船橋東
3回戦 ○  5−1 習志野
準々決 ○  4−3 木更津総合
準決勝 ○  4−1 市立船橋
決勝  ●  2−3 千葉商大付

 ▽秋季関東地区大会
1回戦 ○  5−1 富士学苑(山梨)
準々決 ○  4−1 桐蔭学園(神奈川)
準決勝 ●  1−4 花咲徳栄(埼玉)

前橋工(群馬)

15年ぶり4回目、春夏合わせ13回目の甲子園出場となる。
昨秋関東大会1回戦では矢板中央高(栃木)に延長10回、準々決勝は千葉商大付高(千葉)と延長13回引き分け再試合と苦しみながら31年ぶりに4強入りを果たした。

エースの平井は制球力があり、直球を軸に低めに制球されたカーブ、スライダーとのコンビネーションで打者を打ち取る。
打線はスタメン全員が左打者で俊足巧打の1年生田口が秋季大会好調だった。

◇戦績

 ▽秋季群馬県大会
2回戦 ○  7−0 市立伊勢崎
3回戦 ○  4−1 伊勢崎清明
4回戦 ○  7−5 伊勢崎工
準々決 ○  4−3 高崎工
準決勝 ○  5−3 桐生市商
決勝  ●  0−7 前橋商

 ▽秋季関東地区大会
1回戦 ○  4−3 矢板中央(栃木)
準々決 △  8−8 千葉商大付(千葉)
準々決 ○  4−2 千葉商大付(千葉)
準決勝 ●  0−8 東海大相模(神奈川)

帝京(東京)

選抜は3年ぶり14回目、昨夏に続き2季連続の甲子園出場となった。
選抜では優勝1回、準優勝2回と実績充分。春夏合わせて25回目の甲子園出場となる前田監督は、あと2勝で監督として甲子園通算50勝となる。(通算 監督別ランキング

秋季都大会は準決勝で日大三を接戦の末に振り切ると、決勝では3本塁打を含む14安打13得点の猛攻で東海大菅生を圧倒し優勝。
8強まで勝ち進んだ昨夏の甲子園でベンチ入りしたメンバーが投手に3人、野手に6人残るなど、全国でも屈指の選手層の厚さを誇る。

背番号「10」ながらエース格の1年生右腕・伊藤は、昨夏甲子園で148キロをマーク。2年生の鈴木、山崎両投手も140キロ台後半の速球を駆使する本格派右腕。3人の速球派投手を擁する。
打線も強力で打撃センスのある岡部と園田らを軸とした打線は下位まで切れ目がない。

◇戦績

 ▽秋季1次予選(第9ブロック)
1回戦 ○ 10−0 都日本橋
2回戦 ○  9−0 都五日市(放棄試合)
代表決 ○ 13−0 都桜町

 ▽秋季東京地区大会
1回戦 ○  6−2 都江戸川
2回戦 ○  7−2 都足立西
3回戦 ○  9−2 二松学舎大付
準々決 ○ 11−1 成立学園
準決勝 ○  5−4 日大三
決勝  ○ 13−1 東海大菅生

 ▽明治神宮大会
2回戦 ○  6−3 北照(北海道)
準決勝 ●  0−4 東海大相模(関東・神奈川)

日大三(東京)

8年ぶり17回目、昨夏に続き2季連続の甲子園出場となった。
秋季都大会の準決勝で帝京に惜敗したものの、関東・東京枠の最後の6枠目で選出された。

チームの中心は左腕エースで4番の山崎と、リリーフでマウンドにも登る吉沢(遊撃手)。
山崎は、185cmの長身から投げ下ろす最速140キロの速球が自慢の大型左腕。
伝統とも言える破壊力ある打線は健在。チーム打率.376、1試合の平均得点9点と高い。1番を務める高山、長打力のある横尾ら1年生も力をつけている。

◇戦績

 ▽秋季1次予選(第10ブロック)
2回戦 ○ 16−0 巣鴨
代表決 ○ 12−2 聖学院

 ▽秋季東京地区大会
2回戦 ○  4−1 八王子
3回戦 ○  5−4 日大鶴ヶ丘
準々決 ○ 14−5 早稲田実
準決勝 ●  4−5 帝京

選抜出場校一覧へ

選抜出場校マップ 北海道 東北 関東 東海 北信越 近畿 中国 四国 九州 沖縄
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:137 平均点:4.01
作成:2010-2-1   更新:2010-2-1      閲覧数:15571  
前
北海道・東北地区
カテゴリートップ
第82回選抜 出場校紹介
次
東海地区

↑PageTop
Copyright (c) 2008-2017 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.