HOME  >  高校野球情報  >  2009年  >  第81回選抜大会  >  選抜大会 3日目

2009年(H.21年度) 春のセンバツ 3日目

第81回選抜高等学校野球大会 3日目の結果

開星・優勝候補の慶応に逆転勝ち、箕島・18年ぶりの甲子園勝利、PL学園・中野が11奪三振完封

第1試合 開星(島根) ― 慶応(神奈川)│観客数 : 10,000人

1回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H
慶応 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 6
開星 0 0 0 0 0 2 0 2 x 4 5
バッテリー (慶)白村−植田
(開)春木−橋本

開星(島根)4-1慶応(神奈川)
慶応は大会屈指右腕・白村が5回まで2安打7奪三振を奪う好投。
対する開星の先発・春木も堅い守備にも助けられ、両投手共に中盤まで無失点に抑えた。

試合が動いたのは6回、慶応の1番・佐藤旭の二塁打を足場に1死三塁とし、渡辺の中犠飛で1点を先制。
開星-本田の逆転2点適時二塁打 その裏、開星は2四球で2死一、二塁とし、本田の3塁線を破る2点適時二塁打ですぐさま逆転。
さらに8回、敵失絡みの好機に松林の二塁打で2点を追加。この2点で開星は試合を決めた。

慶応は白村の投球が唯一乱れた6回、守備にミスが出た8回に失点。
開星の先発・春木はの緩急をつけた投球で慶応打線を翻弄。変化球の制球がよく、6安打に抑えて1失点完投。
初出場の開星が昨秋の明治神宮大会優勝の慶応に勝利した。

第2試合 大分上野丘(大分) ― 箕島(和歌山)│観客数 : 17,000人

1回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H
大分上野丘 0 0 0 0 0 0 1 0 2 3 7
箕島 0 0 1 0 1 5 0 0 x 7 11
バッテリー (大)足立、小林−金森
(箕)森本−山本
箕島-井口慎の左前適時打

箕島(和歌山)7-3大分上野丘(大分)
箕島は3回、2死一、三塁から井口慎の左前適時打で1点を先制。
さらに1点を追加し迎えた6回、大分上野丘の先発・足立にわずか3安打に抑えられていた箕島打線が爆発し、この回一挙5安打を集中し5点を奪った。

大分上野丘は7回に1点を返し、9回、3番金森が内野安打で出塁すると4番甲斐が右越え適時打、5番朝来の犠飛で2点を返すも最後は力尽きた。
箕島のエース・森本は低めを丁寧につく投球で、7安打3失点で完投。
古豪・箕島が甲子園18年ぶりの勝利となり、和歌山県勢春通算90勝目を飾った。
60年ぶりセンバツ出場の大分上野丘の甲子園初勝利はならなかった。

第3試合 PL学園(大阪) ― 西条(愛媛)│観客数 : 28,000人

1回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H
PL学園 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 8
西条 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5
バッテリー (P)中野−藤本
(西)秋山−森

PL学園(大阪)1-0西条(愛媛)
PL学園-安田の適時三塁打 PL学園は2回、先頭の4番勧野が安打で出塁すると、その後2死二塁から安田の適時三塁打で先制。
PL学園の先発・中野は、安定した制球で5安打11奪三振の完封で見事に1点を守り抜いた。
PL学園の打線は、6回を除く全ての回で走者を出したが、結局2回の1点のみだった。

西条は、6回無死二塁、8回1死一塁ではバントを決められず好機を逃したのが痛かった。
西条の先発・秋山は、PL打線を8安打1失点に抑える好投を見せたが、援護が無かった。

出場校紹介 / 組み合わせトーナメント表へ / 試合日程、結果へ

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:77 平均点:4.94
作成:2009-3-24   更新:2009-3-24      閲覧数:3522  
前
選抜大会 2日目
カテゴリートップ
第81回選抜大会
次
選抜大会 4日目

投稿ツリー



コメント一覧


↑PageTop
Copyright (c) 2008-2017 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.