【第1試合】智弁和歌山(和歌山) vs 岐阜城北(岐阜)

2回戦
智弁和歌山
岐阜城北 x 10

岐阜城北は初回、四球と連打で1死満塁とし、尾藤の犠飛で先制。
智弁和歌山は3回、2死球とエラーで2死満塁とし広井が逆転のセンター前2点タイムリー、さらに死球で満塁後、橋本が走者一掃のセンターオーバーの二塁打を放ち3点追加、そして竹中のレフト前タイムリーも出て、この回一挙6点を入れる。

5点をリードされた岐阜城北は、すかさずその裏の3回1死2,3塁で
尾藤が右中間フェンス直撃の2点タイムリー二塁打。
間宮の左中間二塁打、中島のレフト前ヒットとタイムリーが続き、2死2,3塁後、鈴木のレフト前タイムリーで、遂に同点に追いついた。
さらに4回、尾藤が右翼へ勝ち越し2点本塁打を放った。

5回に鈴木の右前適時打で1点を追加。
7回には竹中の暴投で二塁走者が一気に生還して突き放した。
先発の尾藤は3回に3死球を出し崩れかけたが、11三振を奪い完投勝利。


【第2試合】横浜(神奈川) vs 八重山商工(沖縄)

2回戦
横浜
八重山商工

横浜は3回、岡田が右中間へ大会第7号のソロ本塁打を放って先制。
4回には1死1,2塁から佐藤のセンターオーバーの二塁打で2点、続く下水流のレフト線三塁打で1点を追加。
2死満塁から、大嶺(八重山商工)の2つの暴投でさらに3点を加えた。

八重山商工は1回、3回供にチャンスを作りながら無得点に終わる。
6回、金城長が左翼席へ大会第8号のソロ本塁打。金城長は1回戦に続き大会2本目。
8回は3番・金城長からの6連続長短打で一挙5点をかえして、1点差に迫った。
9回にも2死2,3塁と粘ったが、あと1本が出なく届かなかった。

八重山商工のエース・大嶺はピンチでの登板となり、ミスしてしまったが
その後5回1/3を投げて2安打8三振と好投を見せた。
横浜はチームで計6本のヒットだったが、相手のミスやランナーを貯めての長打を放ち、4回のビックイニングを作り、なんとか逃げ切った。


【第3試合】早稲田実(東京) vs 関西(岡山)

2回戦 10 11 12 13 14 15
早実
関西

関西は3回、1死1,3塁で熊代の右犠飛で先制。
早稲田実は0―1で迎えた5回、四球で出た走者を二塁に置いて小柳が左越えに逆転2点本塁打を放った。
6回表には2死1,3塁で川西が交代したばかりのダースからレフト前タイムリーヒットで勝ち越した。
7回には、1死二、三塁で船橋が中堅フェンス直撃の2点適時二塁打。
さらに内藤の犠飛で6点目をあげた。

一方の関西は7回にランナー1人置いて上田の中越え2点本塁打で2点差に詰め寄る。
しかし、早実の9回は船橋が右越えに三塁打を放ち内野の悪送球の間にホームに帰り7点目をあげ、7−4と9回に3点をリードする。
ここで関西が土壇場で意地を見せる。
9回に連続死球などで無死満塁とし、安井が右中間に三塁打を放って同点にした。

9回以降は早稲田実は先発の斎藤が投げ抜き、関西はダースが、供に無失点の力投を見せた。
早稲田実の先発・斉藤は15回を投げ11安打13三振8四死球という成績。
関西のダースは9回2/3を投げ、8安打5三振6四死球という成績だった。
この試合は引き分けの為、明日また行われます。


【第4試合】北大津(滋賀) vs 日本文理(新潟)

2回戦
北大津
日本文理 x

日本文理は0ー1で迎えた1回裏、2死一塁で石田がタイムリー二塁打を放って同点。
1―3で迎えた4回、連続安打とダブルスチールで1死2,3塁としてスクイズで1点。
さらに代打・笹島の内野安打、田沢勇のタイムリーで逆転した。

6回には頓所裕の三塁打などで1死満塁として長谷川の左犠飛で5点目をあげた。
7回には1死三塁で内野ゴロの間に1点加点。
日本文理が栗山から5回に横山に代わり、無失点に抑える好投を見せた。

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:64 平均点:5.31
作成:2007-7-20   更新:2007-7-20      閲覧数:2328  
前
6日目
カテゴリートップ
第78回選抜 試合結果
次
8日目

投稿ツリー



コメント一覧


↑PageTop
Copyright (c) 2008-2017 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.