【第1試合】東海大菅生(東京) vs 秋田商(秋田)

1回戦
東海大菅生 10
秋田商 x 11

秋田商は6点差を追う6回、寺門、煤賀、白旗の3連続安打で1死満塁のチャンス、
そして石田のタイムリー二塁打で2点を返した。続く工藤もライトに2点タイムリーを放ち、2点差に詰め寄った。
7回には白旗のタイムリーで1点差に詰め、さらに1死満塁から2連続死球の押し出しで、ついに逆転を果たした。
その後、4番浅野が対タイムリーを放ち、2点差。8回表に同点に追いつかれたが、
その裏、煤賀の二塁打、白旗のライト前タイムリーで、勝ち越しの1点を上げた。

【第2試合】新港学園(兵庫) vs 成田(千葉)

2回戦
新港学園
成田

両校供に、1回戦では完封して2回戦に進んできました。
成田は先制されるまで終始、スコアリングポジションにランナーを進め、チャンスを作ってきたが、あと1本が出なく得点を奪えなかった。
新港学園は、バント、盗塁をして少ないチャンスをモノにして2点を奪い、2投手の継投で完封リレー。
新港学園は2試合連続の完封勝利となった。

第3試合の智弁和歌山と岐阜城北の試合は雨の為、中止

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:129 平均点:5.04
作成:2007-7-20   更新:2007-7-20      閲覧数:3116  
前
5日目
カテゴリートップ
第78回選抜 試合結果
次
7日目

投稿ツリー



コメント一覧


↑PageTop
Copyright (c) 2008-2017 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.