HOME  >  高校野球情報  >  2008年  >  第90回選手権大会  >  選手権大会 出場校一覧

2008年(H.20年度) 夏の甲子園 出場校一覧

第90回全国高等学校野球選手権記念大会 出場校一覧

期日:平成20年8月2日〜8月18日
出場校:55校(北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県は各2校)
会場:阪神甲子園球場
関連リンク:出場校紹介組み合わせトーナメント表試合日程、結果地方予選一覧
選手権大会記録関連:歴代優勝校選手権 高校別ランキング選手権 都道府県別ランキング

夏の甲子園 出場校一覧

都道
府県
出場校 出場回数
(春の選抜出場回数)
甲子園
最高成績
07秋季成績
08春季成績
チーム紹介
北北海道 駒大岩見沢 2年連続4回目
(春8回)
2回戦
(春4強)
地区優勝神宮8強
選抜1回戦地区4強
3季連続の甲子園出場。エース左腕・板木に加え、
右腕・沼館が急成長。打線は、青山・及川・松本が中心。
南北海道 北海 9年ぶり34回目
(春11回)
4強
(春準優勝)
地区2回戦
地区4強
エース鍵谷は最速144キロを誇る本格派右腕。予選7試
合全てに完投。チーム打率.384の打線は繋がりが良い。
青森 青森山田 5年連続9回目
(春1回)
8強
(春1回戦)
地区8強
地区優勝
出塁率の高い阿部、長谷川の1、2番コンビを
曲尾、斉藤、荒張の中軸が還す強力打線。
岩手 盛岡大付 4年ぶり6回目
(春1回)
2回戦
(春2回戦)
地区4強
県2回戦
先発・鴇田、中継ぎ金澤、抑えの多田の3投手の継投で
接戦を制してきた。打線は、通算42HRの伊藤が中心。
秋田 本荘 2年ぶり4回目
(春出場なし)
1回戦
(-)
県予選3回戦
県予選2回戦
勝負強く、接戦を制し予選をノーシードから県制覇。
予選を一人で投げ抜いたエース池田の出来が鍵となる。
山形 酒田南 3年ぶり8回目
(春1回)
3回戦
(春1回戦)
地区2回戦
地区準優勝
エース・小山、2年生左腕の安井と2枚看板。
打線は、中軸の山本、西らが中心。
宮城 仙台育英 3年連続21回目
(春9回)
準優勝
(春準優勝)
県2回戦
地区2回戦
最速145キロのエース穂積、左腕・木村が控える投手陣。
打線は1試合平均7得点超で、1番橋本到が引っ張る。
福島 聖光学院 2年連続5回目
(春2回)
3回戦
(春2回戦)
地区準優勝
選抜2回戦県2回戦
4季連続出場。投手は制球力のあるエース・仲田と多彩な
変化球を持つ佐藤の2枚看板。打線は4番・黒羽らが中心。
茨城 常総学院 3年連続12回目
(春6回)
優勝
(春優勝)
県4強
地区4強
予選準決勝・決勝と連続サヨナラ勝利、木内マジック健在。
エースで四番を務める島田隼斗が中心。
栃木 白鴎大足利 29年ぶり3回目
(春出場なし)
3回戦
(-)
県8強
県8強
エース・新藤は全6試合(54回)を投げ抜き、防御率1.00と
安定。守備は予選1失策と堅守。
群馬 桐生第一 2年ぶり9回目
(春3回)
優勝
(春8強)
県2回戦
地区1回戦
田中、清村の継投パターンでチーム防御率1.10と安定。
チーム打率.378の強力打線。
南埼玉 浦和学院 3年連続10回目
(春6回)
4強
(春4強)
県8強
地区2回戦
チームは粘り強く、チーム一丸となって県3連覇を達成。
エースの高島と、森士大の2投手の継投が鍵となる。
北埼玉 本庄一 初出場
(春出場なし)
出場なし
(-)
県2回戦
県1回戦
エース右腕・伊藤と、左腕・萩原の2投手。打線は、
奥田を中心とした集中打と機動力が持ち味。
東千葉 木更津総合 5年ぶり2回目
(春1回)
2回戦
(春4強)
県4強
地区優勝
左の田中優、右の淡路は共に安定している。この2投手を
リードする強肩・強打の捕手・地引は通算27HR。
西千葉 千葉経大付 2年ぶり3回目
(春2回)
4強
(春4強)
地区2回戦
選抜4強地区2回戦
今選抜4強。最速144キロの速球とスライダーが武器の
エース・斉藤。主将の内藤や谷、重谷らが野手の中心。
東東京 関東一 14年ぶり4回目
(春3回)
8強
(春準優勝)
都優勝神宮8強
選抜1回戦都2回戦
春夏連続出場。投手はエース松本など4投手が担う。
打線は俊足の泉沢、中軸の広瀬、江川が中心。
西東京 日大鶴ヶ丘 18年ぶり2回目
(春出場なし)
8強
(-)
都1回戦
都8強
早実などのライバルを撃破し、18年ぶりの甲子園となる。
エース山地は粘りの投球が持ち味。
南神奈川 横浜 2年ぶり13回目
(春12回)
優勝
(春優勝)
地区優勝神宮準優勝
選抜1回戦地区準優勝
エース左腕・土屋、右腕・田山の2枚看板が安定している。
左打者が並ぶ打線は、筒果、小川、土屋の中軸が強力。
北神奈川 慶応 46年ぶり17回目
(春7回)
優勝
(春8強)
地区準優勝
選抜1回戦県3回戦
大型左腕、田村は140キロ超の直球が武器。
右腕・只野は3種類の変化球を操る2枚看板が強力。
山梨 日本航空 3年ぶり5回目
(春1回)
3回戦
(春2回戦)
地区1回戦
県8強
最速143キロのエース北野は、キレのあるスライダーが
武器。主砲・船井が打線の中心。
静岡 常葉菊川 2年連続3回目
(春3回)
4強
(春優勝)
地区優勝神宮優勝
選抜3回戦県8強
4季連続出場。経験豊富なエース左腕・戸狩。他に野島、
萩原の2投手。フルスイング打線は健在で切れ目がない。
東愛知 大府 28年ぶり3回目
(春4回)
2回戦
(春2回戦)
県8強
県8強
エース大野と最速144キロの今村の2枚看板の投手陣。
打線は4番・松村や今村らが中心。
西愛知 東邦 6年ぶり15回目
(春27回)
準優勝
(春優勝)
県3回戦
県3回戦
打力と機動力に定評があり、予選6試合は全て8得点以上
の破壊力のある打線で和田、下平らの投手陣を援護。
岐阜 市岐阜商 5年ぶり4回目
(春出場なし)
2回戦
(-)
地区8強
地区4強
エース原は、多彩な変化球と制球が持ち味。
打線は、中軸の臼井、杉島が中心。
三重 菰野 2年ぶり3回目
(春出場なし)
1回戦
(-)
県2回戦
地区1回戦
最速145キロのエース・西は伸びのある直球とスライダー
が武器。打線は切れ目がなく、小技も得意。
新潟 新潟県央工 初出場
(春出場なし)
出場なし
(-)
県8強
県4強
投手は石田、古村の2枚看板で継投する。
1番・笠原陽が打線を引っ張り、機動力と犠打を絡ませる。
長野 松商学園 2年連続35回目
(春11回)
優勝
(春準優勝)
県8強
県8強
昨夏の甲子園メンバーが8名残り、経験豊富。
エース林、中軸の吉沢、大久保らが投打の中心。
富山 高岡商 3年ぶり16回目
(春3回)
8強
(春2回戦)
県8強
地区8強
2年生エース左腕・福島は、丁寧にコーナーを突く投球
スタイル。打線は粘り強く、小技を多用する。
石川 金沢 2年ぶり12回目
(春8回)
3回戦
(春8強)
県2回戦
地区準優勝
2年生エース桜井は安定感がある。
打線は左の強打者・林を中心に破壊力がある。
福井 福井商 4年連続19回目
(春17回)
4強
(春準優勝)
地区8強
県8強
投手は予選で好投の左腕竹沢、他に辻岡と三箇。
打線は、福井商伝統の「つなぐ野球」が身上。
滋賀 近江 2年連続10回目
(春2回)
準優勝
(春8強)
県8強
地区1回戦
投手は最速145キロのエース・小熊、左腕の新江らが
控える。打線は、主将で4番の青山が中心。
京都 福知山成美 2年ぶり3回目
(春出場なし)
8強
(-)
府3位
地区優勝
一昨年甲子園に出場した右腕・近藤と左腕・植田の2枚
看板。打線は好機に、たたみかける攻撃力が持ち味。
奈良 智弁学園 2年連続15回目
(春7回)
4強
(春4強)
県8強
地区4強
打線は甲子園経験者の稲森、茂山、土井らが中心で
破壊力がある。投手陣は阪口、新田の2投手。
和歌山 智弁和歌山 4年連続16回目
(春8回)
優勝
(春優勝)
地区4強
選抜8強地区4強
通算25HRの坂口を中心に強力打線は健在。1番の西川が
中軸へ繋げる。投手は左腕の岡田、エース芝田の2枚。
南大阪 近大付 15年ぶり4回目
(春7回)
2回戦
(春優勝)
府8強
府3回戦
予選決勝ではPL相手に脅威の逆転勝利で優勝。
エース左腕・戸梶、速球が武器の田中らの投手陣。
北大阪 大阪桐蔭 2年ぶり5回目
(春3回)
優勝
(春8強)
府8強
地区準優勝
エース福島由、奥村の2枚看板は安定感がある。
打線は浅村、萩原らが強力打線の中心。
東兵庫 報徳学園 2年連続13回目
(春16回)
優勝
(春優勝)
地区1回戦
県予選
最速145キロのエース・近田ら左右3投手が安定している。
打線は1、2番が高出塁率で、4番・井上は勝負強い。
西兵庫 加古川北 初出場
(春出場なし)
出場なし
(-)
県2回戦
県8強
春夏通じて甲子園初出場。通算30HRの主砲・藤井が
打線の中心。チーム防御率1.00と失点が少ない。
岡山 倉敷商 11年ぶり7回目
(春2回)
8強
(春1回戦)
県1回戦
地区4強
左腕・木元と最速141キロの右腕・岡の2枚看板。
岡は打撃センス抜群で2年生ながら投打の柱。
広島 広陵 2年連続19回目
(春21回)
準優勝
(春優勝)
県8強
地区準優勝
最速145キロの中田、さらに前田、森宗の3本柱が強力の
投手陣。この投手を中心に守り勝つ野球が身上。
鳥取 鳥取西 3年ぶり23回目
(春4回)
4強
(春3回戦)
地区8強
県2回戦
最速142キロのエース小畑、左の鈴木も140キロ超の2枚
看板の投手陣。3番鈴木、4番壱岐らが打線の中心。
島根 開星 3年連続6回目
(春出場なし)
3回戦
(-)
地区2回戦
地区1回戦
エース小池は140キロ超の直球が武器で予選を一人で
投げ抜いた。チームの約半分が2年生と若いチーム。
山口 下関工 初出場
(春出場なし)
出場なし
(-)
県予選
県予選
右下手投げ2本柱の与永祥平、安本が打たせて取り
堅守が特徴のチーム。打線は集中打が持ち味。
香川 香川西 2年ぶり3回目
(春出場なし)
3回戦
(-)
地区1回戦
地区1回戦
投手陣は高橋直、芳山、広岡らで豊富。堅守と好機に
強い打線で総合力が高く、接戦に強い。主砲・谷が中心。
愛媛 済美 3年ぶり3回目
(春1回)
準優勝
(春優勝)
地区4強
地区2回戦
古川、坂田、宮崎の3投手は共にタイプが違う。打線は
左打者が多く、つないで得点。主将・岡田を中心に堅守。
徳島 鳴門工 3年ぶり5回目
(春5回)
8強
(春準優勝)
県2回戦
県8強
「先行逃げ切りの野球」でノーシードから予選を制した。
打線は佐藤、安岡らが勝負強く、右腕エース実を援護。
高知 高知 2年連続12回目
(春14回)
優勝
(春優勝)
地区2回戦
県4強
エース松井を中心に、公文克、桑原ら投手層は厚い。
8強入りした1979年以来の夏の勝利を目指す。
福岡 飯塚 初出場
(春出場なし)
出場なし
(-)
地区1回戦
地区2回戦
最速141キロのエース左腕・辛島は変化球が武器で
予選防御率0.39と安定。俊足巧打の金東民が打線の柱。
佐賀 佐賀商 2年ぶり15回目
(春6回)
優勝
(春8強)
地区2回戦
県2回戦
「先行逃げ切り」の必勝パターンで左打者を5人揃えた打
線は破壊力がある。投手陣は古賀昭、笠継の2枚看板。
長崎 清峰 2年ぶり3回目
(春1回)
3回戦
(春準優勝)
県2回戦
地区1回戦
最速145キロの今村、エース左腕・古賀、近藤の投手
3本柱が安定。打線の中心は冨永、林。
熊本 城北 13年ぶり3回目
(春3回)
2回戦
(春1回戦)
地区4強
選抜1回戦地区2回戦
最速143キロの本格派エース村方は、予選防御率2.01と
安定。鶴を始め、3番古庄、4番山崎が攻撃の軸。
大分 日田林工 9年ぶり4回目
(春2回)
3回戦
(春4強)
県4強
県2回戦
最速147キロの2年生エース末次、安定感のある太田尾
の継投パターン。長打力のある主将の松尾が打線の軸。
宮崎 宮崎商 39年ぶり4回目
(春2回)
4強
(春1回戦)
県8強
県4強
最速147キロのエース赤川は、三振が取れる大型左腕。
川上、松本が強力打線の中心。
鹿児島 鹿児島実 4年ぶり16回目
(春7回)
4強
(春優勝)
県3回戦
県8強
下圭、松窪岬両右腕の2枚看板でチーム防御率0点台と
失点が少ない。打線は、強打者・湊崎が中心。
沖縄 浦添商 11年ぶり3回目
(春1回)
4強
(春1回戦)
県3回戦
地区準優勝
最速148キロの本格派エース伊波は、今選抜優勝の沖縄
尚学のライバル東浜に投げ勝ち、甲子園出場。
過去1年間の大会
第89回選手権大会 / 日米親善野球 / 第62回国体 / 2007年秋季大会 / 第38回明治神宮大会
第80回選抜大会 / 2008年春季大会

出場校紹介 / 組み合わせトーナメント表へ / 試合日程、結果へ

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:146 平均点:4.73
作成:2008-7-28   更新:2008-7-28      閲覧数:30391  
カテゴリートップ
第90回選手権大会
次
選手権大会 組み合わせトーナメント表

投稿ツリー



コメント一覧


↑PageTop
Copyright (c) 2008-2017 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.