【第1試合】日本文理(新潟) vs 高崎商(群馬)

1回戦
高崎商
日本文理 x

3―3の同点で迎えた7回、日本文理は先頭の頓所大が左翼線二塁打、
そしてバントで送り1死3塁として、3番長谷川がレフト前タイムリーを放ち、勝ち越した。
日本文理は6回からエース横山が登板、4回を無失点と好投を見せた。


【第2試合】岡山東商(岡山) vs 清峰(長崎)

1回戦
清峰 11
岡山東商

1点を追う清峰は4回、池野の2点本塁打で逆転。その裏、同点に追いつかれたが、
5回に佐々木の二塁打を足がかりに1死1,2塁とし、木原のタイムリーで1点を勝ち越した。
6回には有迫、佐々木の連続タイムリーなど打者12人の猛攻で一挙8点を加え、大量リード。

岡山東商は1回に先制したが、3回以降は無安打に封じられた。
清峰の先発・有迫は6回7四球と制球難だったが要所を締めた。


【第3試合】東海大相模(神奈川) vs 京都外大西(京都)

1回戦
京都外大西
東海大相模 x

東海大相模は1回、先頭打者が安打で出て、ボークなどで1死3塁とし内野ゴロの間に1点先制。
6回には2死満塁で、長谷川隼がレフト前タイムリーを放って勝ち越した。
8回にも2死2塁で長谷川隼がライト前タイムリーを放ち1点加点した。

京都外大西は6回、林の適時安打で追いつき、7回にも2死二、三塁の好機をつくるなど食い下がったが、相手投手に要所を抑えられた。
外大西の北岡−本田の継投は、北岡が2失点、本田が5安打1失点とイマイチの内容で、勝ち越し点を許してしまった。昨夏準優勝の外大西が1回戦で姿を消した。

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:122 平均点:5.49
作成:2007-7-20   更新:2007-7-20      閲覧数:2822  
前
3日目
カテゴリートップ
第78回選抜 試合結果
次
5日目

投稿ツリー



コメント一覧


↑PageTop
Copyright (c) 2008-2017 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.