【第1試合】一関学院(岩手) vs 岐阜城北(岐阜)

1回戦
一関学院
岐阜城北

センバツ初出場同士の対戦。(一関学院は希望枠での出場)
1点差を追う岐阜城北は9回裏、先頭間宮が2塁打を放ち、四球と犠打で1死2,3塁の好機に5番尾藤が犠飛を決めて同点、続く水川がレフト前タイムリーでサヨナラ勝ち。
岐阜城北の先発の間宮は1安打10三振の好投を見せ完投勝利。
一関学院は4回、先頭打者佐久間が四球を選び、犠打と盗塁で2死3塁の好機を迎えた場面で、相手に暴投が出て1点を先制した。左腕太田は5回以降毎回得点圏に走者を背負いながら、直球と切れのある変化球で粘りのピッチングを見せていたが、9回に力つきた。


【第2試合】横浜(神奈川) vs 履正社(大阪)

1回戦
横浜
履正社

横浜は6回、安打で出塁した岡田を犠打などで送り2死3塁から、高浜がレフト前タイムリーを放ち均衡を破った。先発・左腕川角は制球力を生かし、相手打線を2安打に抑え、1点を守りきり完封。
履正社は9回、2死3塁の好機をつくり、4番土井を迎えるが、惜しくも内野フライに倒れた。
先発の魚谷は横浜の強力打線を7安打1失点と力投を見せた。
注目の打者、福田(横浜)は3打数ノーヒットだった。


【第3試合】八重山商工(沖縄) vs 高岡商(富山)

1回戦
高岡商
八重山商工 x

八重山商工は1回、3番金城長が大会第1号のレフトポール直撃のソロ本塁打を放ち先制。
3回の無死1,2塁で、東舟道がセンター前タイムリーヒットを放ち1点を追加。
さらに2死1,3塁の場面で大嶺がタイムリーヒットを放ち、1点を加えた。
7回にも無死2,3塁で奥平が左中間へ二塁打を放って2点を入れた。
先発の大嶺は9回5安打17三振を奪う好投を見せた。
高岡商は4回、中野が1塁への強襲ヒットで1点を返した。5回にも1点を加点。
さらに満塁後、北田の当たりで2点が入ったかに思われたが、二塁走者が三塁を踏み忘れるまさかのプレー、この回は1点どまり。絶好の逆転機を逃した。

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:76 平均点:5.79
作成:2007-7-20   更新:2007-7-20      閲覧数:3286  
前
1日目
カテゴリートップ
第78回選抜 試合結果
次
3日目

投稿ツリー



コメント一覧


↑PageTop
Copyright (c) 2008-2017 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.