【第1試合】新港学園(兵庫) vs 南陽工(山口)

1回戦
神港学園
南陽工

神港学園は3回に二塁走者を置いて浅井が左翼線に適時打を放って先制。
4回は西川の中堅手を超える二塁打で二塁走者が生還。
6回には山口の適時打で2点を追加した。
先発の林投手は大きく割れるカーブを効果的に使い、7安打6三振1四球で完封した。 
一方の南陽工の先発の仲野は10安打されながらも粘り強く投げ完投したが、打線の援護がなかった。


【第2試合】小松島(徳島) vs 成田(千葉)

1回戦
小松島
成田 x

四国大会優勝校と、関東大会優勝校の対戦となったこの試合は
成田が6回、2死二塁で荒木がレフト前ヒットのタイムリーで先制、続く斎藤もセンター前ヒットで2点目を挙げた。さらに7回1死満塁で石井が中前適時打で3点目を追加した。
先発の唐川は伸びのある直球を主体にした投球で10三振を奪い、5安打完封の好投を見せた。
小松島は先発の安達は、6回3分の2を投げて無四球2失点と好投を見せ、
9回には1死一、二塁と粘ったが、あと一本が出なかった。
両チームとも無失策という好ゲームを成田が3−0で制した。


【第3試合】智弁和歌山(和歌山) vs 伊万里商(佐賀)

1回戦
伊万里商
智弁和歌山 x

 智弁和歌山が3回に集中打で先制。2死一、二塁で6番亀田のレフト線へ抜けるタイムリーで1点、続く馬場のセンター前ヒットで2点を入れた。4回にも敵失で1点を加え、試合を有利に進めた。
投げても先発・竹中が、9回を4安打に抑え、完封した。
伊万里商は、先発の多久島は智弁の強力打線を8安打3三振と良く抑えたが、伊万里打線が中盤以降、竹中を攻略できず、4−0で智弁和歌山が勝利した。

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:133 平均点:4.81
作成:2007-7-20   更新:2007-7-20      閲覧数:3757  
カテゴリートップ
第78回選抜 試合結果
次
2日目

投稿ツリー



コメント一覧


↑PageTop
Copyright (c) 2008-2017 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.