HOME  >  高校野球情報  >  2006年  >  第78回選抜大会  >  第78回選抜 出場校紹介  >  四国・九州地区
出場校 秋季大会
成績
出場
回数
勝敗 打率 本塁打 防御率 盗塁
小松島 優勝 5年ぶり
2度目
8-1 .304 2 2.57 2
今治北 準優勝
出場
7-2 .363 5 2.59 6
清峰 優勝
出場
10-3 .313 3 2.36 14
八重山商工 準優勝
出場
8-2 .298 2 3.15 11
延岡学園 4強 3年ぶり
2度目
7-1 .353 3 1.64 8
伊万里商 4強
出場
13-3 .300 1 2.66 32

四国地区の優勝校小松島は、秋季大会では4度のサヨナラ勝ちなどで四国大会優勝を決めた。
投手は、安達、福島の2本柱で二人供、打たせて取るピッチング。


今治北は強力打線を誇るチーム。県大会で2本塁打の3番・赤宗、4番・山本をなど4試合でも23得点を叩き出している。
エースの右腕・西原はストレートにシュート、スライダーを投げ分け安定している。
1番打者の桧垣がいかに出塁し、3,4番で返すかがキーとなる。

清峰は、13試合で打率5割3分7厘の広滝が注目打者。四死球も20個を記録し、選球眼も良い。1番打者、主将としてチームを牽引。
エースの本格派左腕の有迫は130キロ台後半のストレートを武器にする。

八重山商工は、ご存知の通り石垣島の高校。現メンバーは中学時代に世界大会を経験したメンバーが中心となっている。
最速145キロ右腕・大嶺と主砲・金城長が軸。金城長は投手としても140キロ前半のストレートを投げ投打の中心選手。

延岡学園は山田、柳田が打線の中心。2人供スラッガータイプ。
投手陣は小柄な右横手・大西と速球派の山田の2枚看板。

伊万里商は、投手陣は速球派・山田と技巧派・多久島のタイプの違う2投手がチームを牽引。
全員野球で初戦突破を目指す。

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:98 平均点:4.90
作成:2007-7-20
前
中国地区
カテゴリートップ
第78回選抜 出場校紹介
次
21世紀枠、希望枠

投稿ツリー



コメント一覧


↑PageTop
Copyright (c) 2008-2017 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.