HOME  >  高校野球情報  >  2007年  >  第62回国体(秋田わか杉国体)  >  3日目の結果 今治西が優勝

3日目は、前日雨天順延の為、準決勝と決勝を行う変則日程(ダブルヘッダー)が組まれました。
準決勝の一つ目の試合は、夏の甲子園覇者の佐賀北とベスト8の今治西との対戦は今治西が競り勝ちました。
二つ目の試合は、夏の甲子園準決勝の再戦となった常葉菊川と広陵が対戦し、広陵が接戦を制しました。
両校ダブルヘッダーとなる決勝では、夏の甲子園準々決勝の再戦となった今治西と広陵が対戦。
9回表で同点だった為、規定通り両校優勝かと思われた9回裏に今治西がサヨナラ勝ち。
今治西は26年ぶり2回目の優勝。
広陵は、夏の甲子園に続き、準優勝。

第3日目の結果

準決勝
今治西 0 3 3 0 0 0 0 2 0 8
佐賀北 0 1 0 0 2 1 0 1 0 5

(今) 水安、熊代−宇佐美、潮
(佐) 馬場、久保−市丸
◇三塁打 武内、笠原(今)江頭(佐)
◇二塁打 江頭、田中(佐)

今治西(愛媛)が8−5で佐賀北(佐賀)に勝利。
今治西は、2回二死から連続四球などで満塁とし、3塁打で3点を先制。3回にも2失策などで3点を追加。
佐賀北は2回に江頭の適時2塁打で1点、5回にも再び江頭の適時3塁打などで2点を返した。
さらに6回には副島、市丸の連打などで1点を加え、2点差まで詰め寄る。
4回から救援し、好投を続けていた佐賀北・久保が8回につかまった。
今治西は水安-熊代の継投で逃げ切った。


準決勝
広陵 2 0 1 0 0 0 2 0 0 5
常葉菊川 3 0 0 0 1 0 0 0 0 4

(広) 野村−小林
(常) 戸狩、田中−石岡
◇本塁打 上本崇(広)
◇二塁打 土生(広)小林、相馬、浅原、石岡(常)

広陵(広島)が5−4で常葉菊川(静岡)に勝利。
シーソーゲームの試合展開は、広陵が逃げ切り勝利。
広陵の先発・野村は初回に3失点、5回に1失点するも、その後は粘りの投球で完投した。
常葉菊川は、戸狩-田中の継投で逃げ切りをはかったが、田中が7回に広陵・上本に決勝2ランを浴びた。


決勝
広陵 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
今治西 1 0 0 0 0 0 0 0 1x 2

(広) 野林−小林
(今) 熊代、水安、熊代−潮、宇佐美、潮
◇二塁打 山下、福田(広)開(今)

今治西(愛媛)が2x−1で広陵(広島)にサヨナラ勝利で、国体優勝(26年ぶり2回目)。
今治西が初回に熊代の適時打で先制点を挙げるが、序盤から広陵・野村と今治西・熊代の投げ合いになる。
広陵は0対1で迎えた土壇場9回表に同点とする。
しかし、その9回裏に今治西は、開の二塁打と武内のサヨナラヒットで劇的勝利。


 秋田わか杉国体、トーナメント表
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:143 平均点:5.38
作成:2007-10-9   更新:2007-10-9      閲覧数:5264  
前
2日目の結果
カテゴリートップ
第62回国体(秋田わか杉国体)

投稿ツリー



コメント一覧


↑PageTop
Copyright (c) 2008-2017 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.