HOME  >  高校野球情報  >  2007年  >  第89回選手権大会  >  第89回選手権 大会結果  >  5日目の試合結果

第5日目の結果

1回戦
青森山田 0 0 0 0 0 1 2 2 0 5
報徳学園 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
(青)石井−宮里
(報)近田、福島−糸井

第1試合は、青森山田(青森)が5−0で報徳学園(兵庫)に勝利
4回まで、青森山田は毎回、走者を塁に出すが、報徳学園の堅い守りに阻まれ得点につながらず。
報徳学園も青森山田・石井の打たせてとる好投に抑えられ、三者凡退が続いた。
5回表、青森山田は四球と連続内野安打で一死満塁の好機をつくったが、後続が三邪飛、遊ゴロに倒れた。
この裏、報徳学園も2安打で2死一、三塁としたが、得点できなかった。

6回表、青森山田は先頭打者が死球で出塁、犠打で2死二塁とした後、脇野が左中間適時二塁打を放ち先取点を挙げた。
7回表にも、左中間二塁打の猪俣と四球出塁で二盗した中西を、石井が左前適時打でかえし、2点追加した。
報徳学園は5、6、7回といずれも安打などで得点圏に走者を進めたが反撃はならなかった。

青森山田の先発・石井は無四球での完封。
報徳学園の近田は7回途中、足の痙攣のアクシデントで降板。交代した福島が打たれた。


1回戦
岩国 2 0 0 0 0 1 0 0 4 7
聖光学院 1 2 2 2 0 2 1 1 x 11
(岩)高木、小泉−松井
(聖)鈴木健、仲田−宗方

第2試合は聖光学院(福島)が11−7で岩国(山口)に勝利。
初回、岩国は立ち上がり制球を欠く聖光学院・鈴木健を攻め立て、安打に四球、犠打を絡めて満塁とした後、押し出しで1点を先取。続く高木の右前安打で2点目を挙げた。

一方、聖光学院もその裏、先頭打者菅野が右前安打で出塁、敵失と犠打で1死二、三塁の好機に末永の適時打で1点を返した。
2回裏、聖光学院は黒羽、小関の連打で無死二、三塁とし、捕手の失策、犠打で小関がかえり同点。さらに菅野の三塁打と島津の内野安打で1点を追加し、逆転。
さらに3回に敵失に続く連打で2点、4回にも2点を加え、差を広げた。

5回表、岩国は2死満塁の好機を迎えたが、後続が中飛に倒れ、得点ならず。
6回表、聖光学院・鈴木健が連続四球で降板。二番手・仲田も制球が定まらず、2四球で押し出しの1点を与えた。
しかしその裏、聖光学院は3連続安打などで2点を追加。7回、8回にもそれぞれ1点を加え、8点差にした。
9回表、岩国が反撃。四球と敵失による1死一、二塁から松井が中前安打を放ちまず1点。さらに重政の中越え三塁打など連打で3点を返す粘りを見せたが、及ばなかった。

岩国は予選チーム打率.240ながら、11安打7得点と打線が奮起。しかし6失策と守備が崩壊してしまった。
聖光学院は、鈴木健、仲田が計9四球と制球に苦しんだが、18安打で11得点の猛攻で凌いだ。


2回戦
星稜 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
長崎日大 0 0 0 0 0 2 1 0 x 3
(星)高木、高橋−橋本
(長)浦口−上戸

第3試合は長崎日大(長崎)は3−1で星稜(石川)に勝利。
長崎日大は左腕・浦口、星稜は左腕・高木の、ともにエースで4番が先発。
3回表、星稜は四球出塁の島内を犠打で送り、高木の右前適時打で先制。

6回裏、長崎日大は出口の中越え二塁打、上戸の右前安打に続き、浦口の適時中前安打で1点を返し、さらに板谷の犠飛で1点を加え、逆転。
さらに7回裏にも、中前安打で出塁した瀬戸口が犠打で二進、続く暴投の間に一気に生還した。

星稜打線は、高木が4打数4安打と奮起したが、長崎日大・浦口の切れの良いスライダーに抑えられ、追加点出来ず。
長崎日大・浦口は8安打9三振と好投。


出場校一覧 / トーナメント表 / 試合結果、日程
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:93 平均点:5.05
作成:2007-8-12   更新:2007-8-12      閲覧数:2890  
前
4日目の試合結果
カテゴリートップ
第89回選手権 大会結果
次
6日目の試合結果

投稿ツリー



コメント一覧


↑PageTop
Copyright (c) 2008-2017 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.