第1試合は、常葉菊川(静岡)が土壇場9回で逆転し6―4で熊本工(熊本)を下した。
常葉菊川は2回目の出場で初の決勝進出となった。
希望枠で初出場の大垣日大(岐阜)が帝京(東京)を5―4で破り、決勝進出を決めた。

大垣日大は明日の決勝で同じ東海勢の常葉菊川(静岡)と対戦。
去年の秋季東海大会準決勝で両校が対戦していて、その時は
4−0で常葉菊川が勝利しています。

選抜第11日目の結果

準決勝
常葉菊川 0 1 2 0 0 0 0 0 3 6
熊本工 0 3 0 1 0 0 0 0 0 4

第1試合は、常葉菊川(静岡)が6−4で熊本工(熊本)に勝利。
2回表、常葉菊川は無死二塁から5番中川の右翼線適時二塁打で先制した。
直後の2回裏、熊本工は、敵失に藤村の左翼線三塁打など長短打をからめ3点を挙げ逆転。
続く3回表、常葉菊川は2死一、二塁から相馬の右中間適時三塁打で同点とした。
4回裏、熊本工は2死二塁から藤村のこの試合2本目の三塁打で勝ち越した。
1点を追う常葉菊川は9回表、石岡、浅原の連続二塁打で同点に追いつくと、
1死三塁から町田の中前適時打で勝ち越し、さらにもう1点を追加し2点のリードを奪い、そのまま逃げ切った。
常葉菊川は5回から田中をリリーフした戸狩が3安打6三振と好投。


準決勝
帝京 2 0 1 0 0 0 1 0 0 4
大垣日大 4 0 0 1 0 0 0 0 x 5

第2試合は大垣日大(岐阜・希望枠)が5−4で帝京(東京)に勝利。
帝京は初回、1死二、三塁から4番中村が犠飛、5番鎌田にも右前適時打が出て2点を先制。
大垣日大もすぐに反撃。1回裏、帝京先発の高島の制球の乱れをつき、2四球を選ぶと、
代わった大田も攻め立て、6番箕浦、北上の連続長短打などで4点を奪い逆転に成功した。
3回表、帝京は2死三塁から中村の右前適時打で1点を返し、1点差に詰め寄る。
4回裏、大垣日大は2死三塁から4番大林の左前適時打で1点追加、リードを再び2点とした。
帝京はこの回の途中で大田に代えて、3番手投手として垣ケ原を投入した。
2点を追う帝京は7回表、2死一、三塁から鎌田の左前適時打で再び1点差に迫った。
しかし、大垣日大の先発森田が粘りの投球で後続を断ち、逃げ切った。
森田は9四死球を与えるも、粘りの投球で9回を7安打3三振と強力帝京打線を抑え込んだ。


出場校一覧 / トーナメント表
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:85 平均点:5.18
作成:2007-7-21   更新:2007-7-21      閲覧数:3346  
前
10日目
カテゴリートップ
第79回選抜大会 試合結果
次
12日目決勝

投稿ツリー



コメント一覧


↑PageTop
Copyright (c) 2008-2017 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.