ベスト4一番乗りを決めたのは、静岡の常葉菊川。
怪物・中田要する大阪桐蔭を2−1と逆転勝ち。静岡勢は24年ぶりのベスト4。

常葉菊川の先発左腕・田中が中田に真っ向勝負。
直球でインサイドを徹底的に攻めて中田を3打数ノーヒットに抑える好投。
8回2死2塁の場面での中田との勝負では、やや真ん中高めのボール気味の直球を打ったが、レフトフェンス手前のレフトフライに打ち取った。
少し強引過ぎた感のある中田。体が開き、高めのボール打ちが目立ちました。

投手としての中田は、終盤にストライクとボールがはっきりしてきて、直球が真ん中に集まり出していました。
そこを見逃さず打った常葉菊川打線が上でした。
やはり、故障明けで満足に投げ込みなど行っていなかったと想像します。
今日120球以上も投げた中田の肩のスタミナが切れたと思います。

準々決勝第2試合では熊本工(熊本)が5-3で室戸(高知)を下した。

選抜第9日目の結果

準々決勝
常葉菊川 0 0 0 0 0 0 0 1 1 2
大阪桐蔭 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1

第1試合は、常葉菊川(静岡)が2−1で大阪桐蔭(大阪)に勝利。
大阪桐蔭は前回登板の無かったエースの中田が先発、
常葉菊川は前回登板で17三振を奪った左腕・田中が先発。
大阪桐蔭は3回裏、1死三塁から丸山がスクイズを試みたが、捕飛となって併殺、好機を逃した。
大阪桐蔭は6回2死二塁で、4番中田に打順が回るが凡退。続く5番堀が右前適時打を放ち先取点。

常葉菊川は8回表、右中間三塁打の田中を、町田が右前適時打でかえし同点。
常葉菊川は9回表、敵失と安打で2死一、二塁とし、石岡が三塁線へ適時二塁打を放ち勝ち越し。
その裏を田中が3者凡退に抑え、常葉菊川が初のベスト4入り。
中田、田中供に完投。中田は被安打7、田中が被安打5だった。


準々決勝
室戸 0 0 1 0 0 0 0 0 2 3
熊本工 0 0 4 0 0 0 1 0 x 5

第2試合は熊本工(熊本)が5−3で室戸(高知)に勝利。
室戸は3回表、2死二、三塁から小松の左前適時打で先取点を挙げた。
熊本工はその裏、2死一塁から4連続四死球と藤本の右前2点適時打などで4点を入れ逆転。

室戸は6回表、2死二、三塁としたが、熊本工・隈部を継投した今村に、後続が抑えられ無得点。
熊本工は7回裏、2死二塁から古江の右前適時打で1点を加えた。
室戸は9回表、先頭からの2連打などで2点を返したが、及ばず。


出場校一覧 / トーナメント表