選抜第8日目の結果

2回戦
北陽 0 0 0 0 0 0 2 0 1 3
広陵 0 1 2 0 2 0 0 0 x 5

第1試合は、広陵(広島)が5−3で北陽(大阪)に勝利。
広陵は2回に野村、福田、前田の3連打で1点を先制。
3回にも足を絡めての集中打で2点を追加した。
5回は檪浦の安打を足がかりに得点を重ねリードを5点に広げた。
6回まで相手先発の野村に2安打に抑えられていた北陽は7回に反撃。

代わったばかりの2番手上本健から三塁打と犠飛で1点を返した。
なおも2死一、三塁で急きょマウンドに戻った野村から内野安打を放ち、2点目をあげ3点差に詰め寄る。
北陽は9回、野村に代わった3番手野林から連打で無死一、三塁と攻めた所で再び救援に戻った野村に犠飛で2点差としたが後続を断たれ、及ばず。


2回戦
関西 0 0 0 0 0 3 1 1 7 12
創造学園大付 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

第2試合は関西(岡山)が12−0で創造学園大付(長野)に勝利。
関西は6回に川辺の左越え適時二塁打で先制。さらに連打で、この回3点先取。
7回にも先頭打者の安打をきっかけに機動力で相手を揺さぶり加点。
8回以降に大量得点した関西が勝利。関西は先発全員安打を記録。
関西の先発・川辺は3安打6三振で完封。


2回戦
都城泉ケ丘 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
大垣日大 2 0 0 1 0 0 0 1 x 4

第3試合は、大垣日大(岐阜・希望枠)が4−1で都城泉ケ丘(宮崎・21世紀枠)に勝利。
1回表に先取点を許した大垣日大はその裏、2死三塁から大林の適時二塁打で同点に追いつくと、
さらには箕浦の適時打で試合をひっくり返した。
4回には無死一、三塁から併殺打の間に加点。8回にも2本の二塁打でリードを3点に広げた。

都城泉ケ丘は1回表に福田の適時打で先制し、さらに1死満塁と攻めたが、後続が連続三振に倒れ追加点ならず。3回には森山の内野安打を足がかりに2死一、三塁と攻めたが無得点。9回も2死から安打を放つなど粘ったが、及ばなかった。
大垣日大の先発・森田は8安打1失点で完投。


出場校一覧 / トーナメント表
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:54 平均点:5.00
作成:2007-7-21   更新:2007-7-21      閲覧数:2647  
前
7日目
カテゴリートップ
第79回選抜大会 試合結果
次
9日目

投稿ツリー



コメント一覧


↑PageTop
Copyright (c) 2008-2017 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.