第1試合では初出場同士の対戦となり、創造学園大付が完封勝利。
第2試合では関西が接戦を制した。敗れた高知は明治神宮大会優勝校で新チーム結成後、公式戦初黒星を喫した。
第3試合では、東国原(ひがしこくばる)英夫・宮崎県知事の母校の都城泉ケ丘が甲子園初勝利を挙げた。

選抜第5日目の結果

1回戦
旭川南 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
創造学園大付 0 0 0 0 1 0 0 0 x 1

第1試合は、創造学園大付(長野)が1−0で旭川南(北海道)に勝利。
創造学園大付は5回裏、先頭打者の赤羽が中前安打し、送りバントで好機を広げ、
1死二塁として窪田が右前に二塁打を放ち、貴重な先制点を挙げた。
守っては左腕エースの赤羽が被安打3、10奪三振と好投し完封。
旭川南は9回、先頭打者安打と犠打で好機を広げたが及ばなかった。


1回戦
高知 0 0 1 1 0 0 0 0 0 2
関西 0 0 0 3 0 1 0 0 0 4

第2試合は関西(岡山)が4−2で高知(高知)に勝利。
高知は3回2死から、高木が中前安打、矢野が左中間に適時二塁打を放って1点先制。
4回には2死二塁から国尾の三遊間を破る適時打で加点した。
その裏、関西は先頭打者・中村の中越え二塁打で口火を切り、森田、荒木、榊が長短打を集中。さらに三角がスクイズを決めて3点を挙げ、逆転。
6回には川辺が左中間に二塁打。敵失をついて三塁まで進み、榊の中犠飛で加点した。
関西の先発・中村が尻上がりに調子を上げ、8回に川辺に継投し、高知の反撃を振り切った。
高知は国尾が完投で、8回6安打5三振だった。


1回戦
都城泉ケ丘 0 0 0 0 0 0 1 0 1 2
桐生一 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

第3試合は、都城泉ケ丘(宮崎・21世紀枠)が2−0で桐生一(群馬)に勝利。
都城泉ケ丘は7回、先頭打者の竹脇が右前安打し、盗塁などで三塁まで進み、道久のスクイズで先制。
9回にも向井が右中間に二塁打し、犠打で三進。林のスクイズで加点した。
守っては先発・諏訪は制球がさえ被安打2の好投で完封勝ちした。


出場校一覧 / トーナメント表
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:98 平均点:5.10
作成:2007-7-21   更新:2007-7-21      閲覧数:2920  
前
4日目
カテゴリートップ
第79回選抜大会 試合結果
次
6日目

投稿ツリー



コメント一覧


↑PageTop
Copyright (c) 2008-2017 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.