1回戦屈指の好カードの広陵と成田の対戦は、唐川(成田)、野村(広陵)の好投手同士の投げ合いで延長までもつれ、好機を確実にモノした広陵が勝利。
第1試合では初出場同士の対戦となり、市川(兵庫)が勝利。
第3試合では、北陽が鹿児島商を完封した。

選抜第4日目の結果

1回戦
市川 0 0 1 1 1 0 0 1 0 4
聖光学院 0 0 1 1 0 0 0 0 0 2

第1試合は、市川(兵庫)が4−2で聖光学院(福島)に勝利。
市川は3回、主将・八木の左越えソロ本塁打で先取点を挙げた。
聖光学院はその裏、黒羽の右翼線適時二塁打で追いついた。
市川は4回、大松の右前適時打で勝ち越したが、聖光学院もその裏、鈴木がスクイズを決め同点。
市川は5回、河津の左中間適時二塁打で勝ち越し。
8回には衣川の左前適時打で突き放し、粘る聖光学院を振り切った。
市川の先発左腕・川津は9回3安打9三振1自責点の好投。


1回戦 10 11 12
広陵 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 2
成田 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1

第2試合は広陵(広島)が2−1で成田(千葉)に延長の末、勝利。
成田・唐川、広陵・野村の好投手の投げ合いで延長戦となった。
広陵は2回1死満塁から、上本崇の遊ゴロの間に三塁走者が生還し先取点。
成田はその裏、三塁打の松原が敵失で生還し同点とした。
8回、成田は2死球などで1死満塁としたが、川村の左飛で本塁突入の三塁走者がタッチアウトで勝ち越しを逃した。
9回も2死二、三塁のサヨナラの好機を生かせなかった。
10回、成田は西田、広田の連打などで1死満塁としたが、勝田の二直併殺で3アウト。
11回、広陵は2死満塁の好機を二飛で逃す。
広陵は12回、1死から土生が右越え二塁打と敵失で三塁へ進塁し、上本健の三塁内野安打で生還し、待望の勝ち越し。
12回裏を野村が抑えて逃げ切った。
成田の先発・唐川は12回を投げ、13安打4三振5四球1自責点。
広陵の先発・野村は12回を投げ、12安打3三振4四球0自責点。


1回戦
北陽 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
鹿児島商 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

第3試合は、北陽(大阪)が1−0で鹿児島商(鹿児島)に勝利。
北陽は2回、右越え三塁打の上杉を、八木が中前適時打でかえし先取点を挙げた。
鹿児島商は9回、先頭の宮内が左翼線二塁打で出塁、その後、2死三塁の好機をつくったが、あと1本が出なかった。
北陽の秋本は7安打2三振の完封、鹿児島商の福岡は6安打で完投。初回の失点が響いた。


出場校一覧 / トーナメント表
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:122 平均点:5.33
作成:2007-7-21   更新:2007-7-21      閲覧数:3332  
前
3日目
カテゴリートップ
第79回選抜大会 試合結果
次
5日目

投稿ツリー



コメント一覧


↑PageTop
Copyright (c) 2008-2017 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.