HOME  >  高校野球情報  >  2012年  >  第43回明治神宮野球大会  >  明治神宮大会 1日目

2012年(H.24年度) 明治神宮大会 1日目

第43回明治神宮野球大会 1日目の結果

開幕戦は北照が逆転勝利、浦和学院・高知に競り勝つ

新チームになってからの初の全国大会で秋の王者を決める明治神宮大会が開幕。高校の部には、全国10地区の秋季大会優勝校が出場。優勝校の地区には、来春の第85回選抜大会の「神宮大会枠」が与えられます。
開幕戦は、1回戦の2試合が行われました。勝者がベスト8進出です。

第1試合 北照(北海道) ― 京都翔英(近畿・京都)

1回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9
京都翔英 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
北照 0 0 0 1 0 0 2 0 x 3
バッテリー (京)榎本-山口
(北)大串-小畑

北照(北海道)3-1京都翔英(近畿・京都)
京都翔英は初回、榎本の適時二塁打で1点を先制。しかし北照は4回、土門の犠飛で同点とした。
北照は同点で迎えた7回、1死一、二塁から、9番・西谷が右翼へ適時二塁打を放ち、逆転。さらに代打沢田の右前適時打で加点し、突き放した。
北照の先発の左腕・大串は7安打1失点で完投。北照(北海道)が逆転で勝利し、初戦を突破した。

第2試合 浦和学院(関東・埼玉) ― 高知(四国・高知)

1回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9
浦和学院 1 1 0 0 2 0 0 0 0 4
高知 0 1 1 0 0 0 1 0 0 3
バッテリー (浦)小島-西川
(高)坂本優、酒井、和田恋-川上翔、前田

浦和学院(関東・埼玉)4-3高知(四国・高知)
浦和学院は初回、2死三塁から4番・高田の中前適時打で先制。続く2回には相手捕逸で加点した。
2点を追う高知は2回裏、内野ゴロの間に1点を返し、3回には和田恋の適時二塁打で同点に追いついた。
浦和学院は同点で迎えた5回、2死一、二塁から贄が勝ち越しの中前適時打。さらに山根の右前適時打で突き放した。
高知は7回、和田恋の適時打で1点差に詰め寄るも、それまでだった。
浦和学院の先発・小島は8四死球を与えるも7安打に抑え、完投した。浦和学院(関東)が競り勝ち、初戦突破した。

組み合わせトーナメント表へ

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:13 平均点:7.69
作成:2012-11-10   更新:2012-11-10      閲覧数:2691  
前
明治神宮大会 トーナメント表
カテゴリートップ
第43回明治神宮野球大会
次
明治神宮大会 2日目

投稿ツリー



コメント一覧


↑PageTop
Copyright (c) 2008-2017 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.