HOME  >  高校野球情報  >  2012年  >  第84回選抜大会  >  第84回選抜 出場校紹介  >  関東・東京地区

2012年(H.24年度) 春のセンバツ 出場校紹介

第84回選抜高等学校野球大会 関東・東京地区地区出場校紹介

関東・東京地区 出場校一覧

地区 出場校
(都道府県)
創部
(年)
部員数
(人)
出場回数
(夏の出場回数)
甲子園
最高成績
2011年
秋季成績
公式戦成績
関東
(関東・東京枠1)
4
+
1
浦和学院
(埼玉)
1979 48 2年連続8回目
(夏10回)
4強
(夏4強)
地区優勝
県優勝
11勝-1敗,率.362
本6 盗21 防2.36
作新学院
(栃木)
1902 53 8年ぶり9回目
(夏7回)
優勝
(夏優勝)
地区準優勝
県優勝
9勝-1敗,率.314
本3 盗25 防2.17
健大高崎
(群馬)
2002 45 初出場
(夏1回)
-
(夏2回戦)
地区4強
県優勝
8勝-1敗,率.335
本5 盗35 防1.68
高崎
(群馬)
1898 36 31年ぶり2回目
(夏出場なし)
1回戦
(-)
地区4強
県準優勝
7勝-2敗,率.256
本1 盗6 防2.25
横浜
(神奈川)
1945 68 2年連続14回目
(夏14回)
優勝
(夏優勝)
地区8強
県優勝
6勝-1敗,率.329
本4 盗19 防2.36
東京 1 関東一 1927 55 4年ぶり4回目
(夏5回)
準優勝
(夏8強)
地区優勝 7勝-1敗,率.322
本6 盗15 防1.46

関東地区の選考経緯

秋季大会の上位4校をまず選出。秋の関東を連覇した浦和学院、作新学院、健大高崎、高崎の上位4校。
6枠目(関東・東京枠)は東京大会準優勝の帝京と関東8強の横浜の比較になり、「投手力は互角だが、打者の対応力や試合運びで勝る」として横浜が選ばれた。帝京と、関東8強の東海大甲府、浦和学院に惜敗した東海大相模が補欠に選ばれた。

東京地区の選考経緯

秋季大会優勝の関東一が右腕の中村、左腕の醍醐を軸に攻守に一体感があり、全国的にも高いレベルにあるとして順当に選出された。

浦和学院(埼玉)

2年連続8回目の選抜出場。今回を含め甲子園は春8回、夏10回の計18回(森士監督の下では16回)出場。86年夏と92年春の2回、ベスト4に進出。しかし04年夏を最後に甲子園での勝利がない。
昨秋県大会では決勝戦で花咲徳栄に快勝し、3年連続の優勝。関東大会では初戦で前回の選抜大会優勝の東海大相模(神奈川)に3-1で競り勝つと、決勝では作新学院(栃木)に5-0で勝利し、史上3校目の関東大会連覇を達成した。

打線は、昨年の選抜大会を経験した笹川主将と佐藤、石橋の中軸を中心に、どこからでも点が取れる強力打線を誇る。
投手陣は昨年の選抜大会マウンドを経験した佐藤、昨秋秋季大会で好投した山口、渡辺、伊藤ら1年生がおり、厚みがある。守備陣は緑川、竹村の二遊間を中心にまとまっている。

◇戦績

 ▽秋季南部地区
1回戦 ○ 19-0 小松原
代表決 ○ 10-0 浦和実

 ▽秋季埼玉県大会
2回戦 ○  9-2 市立川口
3回戦 ○  6-1 市立川越
準々決 ○  8-1 本庄東
準決勝 ○  5-4 聖望学園
決勝  ○ 11-3 花咲徳栄

 ▽秋季関東地区大会
1回戦 ○  3-1 東海大相模(神奈川)
準々決 ○ 10-1 甲府工(山梨)
準決勝 ○ 11-7 健大高崎(群馬)
決勝  ○  5-0 作新学院(栃木)

 ▽明治神宮大会
2回戦 ●  1-8 愛工大名電(東海・愛知)

作新学院(栃木)

8年ぶり9回目の選抜出場。栃木県からは4年ぶりとなる。今年は甲子園春夏連覇を果たした62年から50年という節目の年で、改めて「優勝」を目標とする。小針監督は今大会では最年少28歳。
昨夏の甲子園で4強入りし、昨秋県大会では優勝、秋季関東地区大会で準優勝と昨年は快進撃を続けた。

打線は、俊足巧打の主将・石井が中心。中軸の篠原、高山にも期待がかかる。エース・大谷は昨年甲子園で5試合すべてに先発し、4強入りに大きく貢献した。計5投手がおり、豊富。昨夏のベンチメンバー11人が残り、戦力は充実している。

◇戦績

 ▽秋季栃木県大会
1回戦 ○ 17-2 今市
2回戦 ○  4-1 栃木工
3回戦 ○  7-2 宇都宮清陵
準々決 ○  5-0 青藍泰斗
準決勝 ○  9-7 白鴎大足利
決勝  ○  2-0 文星芸大付

 ▽秋季関東地区大会
1回戦 ○  8-3 花咲徳栄(埼玉)
準々決 ○  6-2 横浜(神奈川)
準決勝 ○  6-3 高崎(群馬)
決勝  ●  0-5 浦和学院(埼玉)

健大高崎(群馬)

春は初出場で、夏春連続の甲子園出場。県勢の2校選出は09年以来3回目。県勢は選抜で95年を最後に勝ち星から遠ざかっている。
昨秋県大会初戦でいきなり前橋商と対戦し、3-1で接戦を制すると、準決勝までの4試合を全て無失点で勝ち上がり、決勝戦も7-2と快勝し優勝。関東大会でも2試合連続の完封勝利で4強入りを果たした。

昨夏の甲子園メンバーが4人残るチームは機動力を全面に押し出し、「つなぐ打撃」を意識している。打線の中心は、夏も中軸を担った内田、竹内ともに勝負強い。エース左腕・三木は秋季大会43回を投げ防御率0.42と安定。切れのある変化球を武器に打たせて取る投球が得意。

◇戦績

 ▽秋季群馬県大会
2回戦 ○  3-1 前橋商
3回戦 ○  5-0 館林商工
4回戦 ○ 10-0 桐生工
準々決 ○  8-0 館林
準決勝 ○  5-0 桐生市商
決勝  ○  7-2 高崎

 ▽秋季関東地区大会
1回戦 ○  2-0 文星芸大付(栃木)
準々決 ○  7-0 千葉英和(千葉)
準決勝 ●  7-11 浦和学院(埼玉)

高崎(群馬)

31年ぶり2回目の選抜出場。21世紀枠9地区候補校にも選出されていたが、一般枠での選出となった。前回の選抜は初戦敗退で今回初勝利を目指す。境原監督は、81年の初出場時に中堅手として甲子園を経験。

昨秋県大会では、接戦を数多くものにして県準優勝。29年ぶり出場となった関東大会では初戦・東海大望洋戦で先制されるも中盤以降に加点し、逆転勝利。続く準々決勝でも先制されたが、中盤以降に逆転し勝利。4強入りを果たした。
エース・島田がチームの大黒柱。緩急を巧みに使い、秋季大会では抜群の安定感を見せた。

◇戦績

 ▽秋季群馬県大会
2回戦 ○  3-1 伊勢崎商
3回戦 ○  2-0 伊勢崎清明
4回戦 ○  5-0 明和県央
準々決 ○  4-3 前橋育英
準決勝 ○  7-0 沼田
決勝  ●  2-7 健大高崎

 ▽秋季関東地区大会
1回戦 ○  4-2 東海大望洋(千葉)
準々決 ○  4-2 東海大甲府(山梨)
準決勝 ●  3-6 作新学院(栃木)

横浜(神奈川)

2年連続14回目で、昨夏も含めて3季連続の甲子園出場。春夏合わせで28回目の甲子園出場となる。春夏優勝経験があり、選抜では06年に優勝している。
機動力野球で、昨秋県大会で2年連続15回目の優勝を果たし、関東地区大会では8強入り。昨年はエース・柳が先発し、リリーフの相馬継投で勝ち進んだ。

チームは高橋、樋口、青木、拝崎ら昨夏の甲子園に出場した2年生が多く残る。長谷川、小野ら1年生も秋季大会で成長し、打線にも厚みがある。
昨夏からエースを務める柳は制球力が持ち味でチェンジアップ、カーブなど5種類の変化球を使い分ける。抑えの相馬和はキレのある変化球で打ち取る継投がパターン。田原や佐藤も控え、昨春の選抜のエースだった山内は脇腹を痛めてフォームを崩し不調となったが、昨秋から一塁に転向し、秋の公式戦7試合で打率.391と結果を残し、4番に定着した。

◇戦績

 ▽秋季神奈川県大会
3回戦 ○  9-4 厚木西
4回戦 ○  4-3 桐光学園
準々決 ○ 12-0 川崎北
準決勝 ○  5-1 横浜商大
決勝  ○  4-3 東海大相模

 ▽秋季関東地区大会
1回戦 ○  8-1 下妻二(茨城)
準々決 ●  2-6 作新学院(栃木)

関東一(東京)

4年ぶり4回目の選抜出場。昨秋季都大会では決勝で、昨夏の東東京大会で惜敗した帝京を2-0で破って4年ぶり2回目の優勝。明治神宮大会では、大会準優勝の愛工大名電(愛知)に初戦で敗れたが、1-2と接戦だった。

投手陣は右の本格派・中村と左腕の醍醐の両1年投手が中心。中村は181cmの長身から投げる最速138キロの直球が武器。醍醐は最速135キロの直球に、カーブ、スライダー、チェンジアップ、フォークなど多彩な変化球を操る。
打撃は木内主将や伊藤らが軸となる。

◇戦績

 ▽秋季1次予選(第17ブロック)
2回戦 ○ 8-0 都武蔵
代表決 ○ 5-2 駒場学園

 ▽秋季東京地区大会
2回戦 ○ 13-3 都小平
3回戦 ○  4-0 八王子
準々決 ○  7-5 日大豊山
準決勝 ○ 13-0 東亜学園
決勝  ○  2-0 帝京

 ▽明治神宮大会
1回戦 ● 1-2 愛工大名電(東海・愛知)

選抜出場校一覧へ

選抜出場校マップ 北海道 東北 関東 東海 北信越 近畿 中国 四国 九州 沖縄
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:80 平均点:3.62
作成:2012-1-31   更新:2012-1-31      閲覧数:9439  
前
北海道・東北地区
カテゴリートップ
第84回選抜 出場校紹介
次
東海地区

↑PageTop
Copyright (c) 2008-2017 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.