HOME  >  高校野球情報  >  2011年  >  第93回選手権大会  >  第93回選手権 地方予選  >  富山予選 新湊が優勝

2011年 夏の甲子園予選 富山県大会

第93回全国高等学校野球選手権大会 富山予選

期日:平成23年7月16日〜7月28日
参加校:49校
会場:富山市民球場高岡市営城光寺野球場県営富山野球場魚津桃山球場砺波市野球場
シード校:◎富山国際大付、高岡商、〇富山第一、富山東
関連リンク:第93回選手権地方予選一覧

優勝:新湊(12年ぶり5回目)
準優勝:富山国際大付
4強:高岡商、砺波工

組み合わせトーナメント表

チーム名 1回戦 2回戦 3回戦 準々
決勝

決勝
決勝
決勝
準々
決勝
3回戦 2回戦 1回戦 チーム名
◎富山国際大付                   高岡商◎
10   10
富山西 2 8 8 0 富山北部
 
砺波     福岡
5 0 1 4 1   8
高岡 10 2 2 9 富山
 
高岡南   3     4 大門
7 0
魚津工 5     25 高岡第一
 
魚津   0 6
6 1  
11 3
富山中部 1 4 2 15 呉羽
   
入善       富山いずみ
3 7     4 9
滑川 8 2 1 1 雄山
 
高岡向陵   1     8   不二越工
6 9
小杉 10   4 5   5 石動
 
◯富山第一   3     15     富山東◯
8 2
富山南 1 14 8 3 高岡西
 
富山工       氷見
6 4 6 3 2   7
大沢野工 2 6 10 1 南砺福光
 
富山商   5     8 八尾
0 12
南砺福野 15     4 高専射水
 
  15     5  
   
    伏木
      11
高朋    11 1 富山高専本郷
8 11
上市 6 1   1 片山学園
  
高岡工芸       14 新湊
2 8     5
砺波工 10 6 3 0 新川
 
高岡龍谷   1   ◎=第1シード
〇=第2シード
  2   桜井
20 7
中央農 0   0 水橋
 

試合結果一覧

1回戦 2回戦
高岡 10-5 砺波
砺波工 10-2 高岡工芸
滑川 8-3 入善
富山工 6-2 大沢野工
南砺福野 15-0 富山商
小杉 10-6 高岡向陵
富山高専本郷 11-1 片山学園
高岡南 7-5 魚津工
高岡龍谷 20-0 中央農
新湊 5-0 新川
富山 9-8 福岡
不二越工 9-5 石動
八尾 12-4 富山高専射水
高岡第一 25-0 大門
氷見 7-1 南砺福光
富山いずみ 9-1 雄山
桜井 7-0 水橋
富山第一 8-1 富山南
魚津 11-1 富山中部
富山国際大付 10-2 富山西
伏木 11-1 富山高専本郷
高岡商 10-0 富山北部
高岡西 3-2 富山東
高朋 8-6 上市
呉羽 15-3 泊
高岡第一 4-2 富山
氷見 10-8 八尾
富山工 6-5 南砺福野
高岡南 3-2 高岡
新湊 3-2 桜井
不二越工 8-1 富山いずみ
滑川 2-1 小杉
砺波工 6-1 高岡龍谷
3回戦 準々決勝
高岡商 8-1 高岡第一
高岡西 8-2 氷見
富山国際大付 8-0 高岡南
富山第一 14-4 富山工
不二越工 4-2 呉羽
新湊 14-11 伏木
滑川 7-4 魚津
砺波工 8-1 高朋
富山国際大付 1-0 滑川
砺波工 15-6 富山第一
高岡商 4-1 不二越工
新湊 5-3 高岡西

準決勝

1 2 3 4 5 6 7 8 9
富山国際大付 0 0 1 0 4 1 0 0 0 6
砺波工 1 0 1 0 0 0 1 0 0 3
バッテリー (富)後藤、池田-藤井
(砺)西村-佐藤

富山国際大付は1点差を追う5回、1死一、二塁から後藤が中越えに適時三塁打を放ち逆転。続く浅見の三塁打などでこの回計4点を挙げて砺波工を突き放した。
富山国際大付は3回途中から登板した下手投げの池田が3安打に抑えて反撃を封じた。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
新湊 3 5 0 3 0 0 0 0 4 15
高岡商 0 2 1 2 0 0 1 0 0 6
バッテリー (新)袴谷-沢田
(高)亀田、谷内、斎藤、海老-海老、酒匂

新湊は初回、3安打と2四球、敵失などで3点を先制。2回には沢田の適時三塁打や3本の二塁打を含む計6安打で一挙に5点を加点し試合を決めた。
高岡商は2回以降、小刻みに加点したが序盤の大量失点が響いた。

決勝

1 2 3 4 5 6 7 8 9
富山国際大付 0 1 3 0 0 0 0 0 0 4
新湊 1 0 0 0 1 0 0 3 x 5
バッテリー (富)後藤-藤井
(新)袴谷-沢田

新湊は1回、坂井の中前適時打で1点を先制。富山国際大付は2回、浅見の二塁打と失策で同点に追いつくと、続く3回には藤井の適時二塁打と失策で3点を勝ち越す。
3点を追う新湊は5回、2本の内野安打で一、三塁の好機を作ると放生の遊ゴロの間に1点を返す。さらに8回、2本の安打と失策で1点、犠飛で同点に追いつくと、さらに代打・作道が左中間への適時二塁打で逆転に成功。そのまま逃げ切った。
新湊が12年ぶり5回目の甲子園出場を決めた。

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:172 平均点:4.88
作成:2011-7-7   更新:2011-7-30      閲覧数:11098  
前
三重予選 伊勢工が優勝
カテゴリートップ
第93回選手権 地方予選
次
石川予選 金沢が優勝

投稿ツリー



コメント一覧


↑PageTop
Copyright (c) 2008-2017 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.