HOME  >  高校野球情報  >  2011年  >  第83回選抜大会  >  選抜大会 8日目

2011年(H.23年度) 春のセンバツ 8日目

第83回選抜高等学校野球大会 8日目の結果

履正社・初の8強、鹿児島実・先発全員安打で15年ぶり8強、東海大相模・20安打13得点で11年ぶり8強

第1試合 履正社(大阪) ― 九州学院(熊本)│観客数 : 19,000人

2回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H
九州学院 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2 5
履正社 0 0 1 2 2 0 0 3 x 8 13
バッテリー (九)大塚-坂井
(履)飯塚-坂本

履正社(大阪)8-2九州学院(熊本)
履正社は3回、1死二塁から海部の左中間への適時二塁打で先制。4回はスクイズと海部の適時打で2点、5回にも熊本、飯塚の適時打で2点を追加した。
九州学院は6回、敵失などで好機を広げると坂井の左前適時打、大塚の左犠飛で2点を返した。
履正社は8回、石井、桝井の連打などで3点を追加して試合を決めた。履正社は初戦で2安打完封した渡辺ではなく、左肩の肩甲骨付近に不安を抱えるエース飯塚が先発。6回に失策が重なり2点を失ったが、5安打で完投した。(自責点0)
履正社は春夏通じて初のベスト8進出を果たした。

第2試合 城南(徳島) ― 鹿児島実(鹿児島)│観客数 : 27,000人

2回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H
城南 0 0 0 0 0 1 1 0 0 2 6
鹿児島実 0 2 0 0 3 2 0 0 x 7 15
バッテリー (城)竹内-松原
(鹿)野田-黒木

鹿児島実(鹿児島)7-2城南(徳島)
鹿児島実は2回、佐々木、豊住の連続適時打で2点を先制。さらに5回、2死二塁から揚村、黒木の連続長打などで3点、6回にも揚村の適時打などで2点を加え、大きくリードを奪った。
城南は6回に1点、7回も一死満塁から暴投で1点を返した。8回は2死一、二塁、9回も二死一塁としたが、後続が倒れ力尽きた。
鹿児島実の先発・野田は効果的にスライダーを使い、6安打13奪三振2失点で完投。
鹿児島実は全員安打の15安打で圧倒、優勝した1996年以来15年ぶりのベスト8進出を果たした。

第3試合 東海大相模(神奈川) ― 大垣日大(岐阜)│観客数 : 18,000人

2回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H
大垣日大 1 0 0 0 0 4 0 0 0 5 13
東海大相模 4 2 0 2 1 0 2 2 x 13 20
バッテリー (大)葛西、柳川、今井、平通-時本
(相)長田、庄司、近藤-佐藤

東海大相模(神奈川)13-5大垣日大(岐阜)
初回に先制された東海大相模はその裏、4本の長短打など打者9人の攻撃で4点を奪い逆転。2回は佐藤の2点適時二塁打、4回は佐藤の中前2点適時打、5回にも加点し9点のリードを奪った。
大垣日大は6回、葛西の適時二塁打や敵失などで4点を返した。しかし東海大相模は7、8回に各2点ずつ奪い、引き離した。
東海大相模が20安打13得点の猛攻で昨春4強の大垣日大(岐阜)に勝利し、優勝した2000年以来、11年ぶりのベスト8進出を果たした。

出場校紹介 / 組み合わせトーナメント表へ / 試合日程、結果へ

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:114 平均点:3.95
作成:2011-3-30   更新:2011-3-30      閲覧数:3068  
前
選抜大会 7日目
カテゴリートップ
第83回選抜大会
次
選抜大会 9日目 準々決勝

投稿ツリー



コメント一覧


↑PageTop
Copyright (c) 2008-2017 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.