HOME  >  高校野球情報  >  2011年  >  第83回選抜大会  >  選抜大会 5日目

2011年(H.23年度) 春のセンバツ 5日目

第83回選抜高等学校野球大会 5日目の結果

21世紀枠の城南・甲子園初出場初勝利、鹿児島実・5-3で競り勝つ、東海大相模・5年ぶり選抜勝利

第1試合 報徳学園(兵庫) ― 城南(徳島)│観客数 : 34,000人

1回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H
城南 0 0 0 1 2 1 0 0 4 8 9
報徳学園 0 0 0 0 2 0 1 0 2 5 11
バッテリー (城)竹内-松原 【本塁打】竹内
(報)田村-佐渡友

城南(徳島)8-5報徳学園(兵庫)
城南は4回、失策などで好機を作ると奥浦の右前適時打で1点を先制。5回は2死走者なしから4連打で2点を追加した。
報徳学園は5回裏、2死一、二塁から平の2点適時二塁打で1点差に詰め寄る。
城南は6回、1死三塁から柳川の中前適時打でリードを広げる。報徳学園も7回に平の適時打で1点を返す。
1点リードの城南は9回、竹内の左翼席へ飛び込む3点本塁打など4点を加点し、突き放した。
粘る報徳学園はその裏、2死一、二塁から池田の中前適時打で3点差に迫るも、それまでだった。昨夏選手権4強の立役者のエース・田村は要所で連打を浴びた。
21世紀枠の城南は甲子園初出場で、甲子園優勝経験のある強豪・報徳学園から初勝利を挙げた。

第2試合 浦和学院(埼玉) ― 鹿児島実(鹿児島)│観客数 : 35,000人

1回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H
浦和学院 1 0 1 1 0 0 0 0 0 3 10
鹿児島実 1 1 0 0 2 1 0 0 x 5 9
バッテリー (浦)佐藤-森
(鹿)野田-黒木

鹿児島実(鹿児島)5-3浦和学院(埼玉)
浦和学院は1回、1死二塁から小林の中前適時打で先制。鹿児島実はその裏、2死二塁から濱田の適時打で同点とする。さらに2回、1死三塁から佐々木の左前適時打で勝ち越す。
1点を追う浦和学院は3回、沼田の適時二塁打で同点とすると4回には遠藤の左前適時打で1点を勝ち越す。
1点を追う鹿児島実は5回、無死満塁から揚村が逆転となる2点適時打を放つ。さらに6回にも1点を追加し、突き放した。
昨秋関東・九州の王者同士の対戦は鹿児島実が競り勝った。これで出場した九州勢が全て初戦突破。(1993年の第65回大会以来)

第3試合 関西(岡山) ― 東海大相模(神奈川)│観客数 : 30,000人

1回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H
関西 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 6
東海大相模 2 2 0 3 2 0 0 0 x 9 10
バッテリー (関)堅田、水原-畑
(相)庄司-佐藤

東海大相模(神奈川)9-1関西(岡山)
東海大相模は1回、佐藤の適時打で2点を先制。2回には、臼田の適時三塁打などで2点を加点。さらに4回、佐藤の適時二塁打などで3点、5回にも2点を奪い、5回までに9点の大量リードを奪った。
8回まで無得点の関西は9回、堅田の適時打で1点を返し、意地を見せたが反撃もここまでだった。
東海大相模は公式戦初登板となった先発・庄司が打たせて取る投球で6安打完投。東海大相模は5年ぶりの選抜勝利を挙げた。

出場校紹介 / 組み合わせトーナメント表へ / 試合日程、結果へ

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:138 平均点:5.51
作成:2011-3-27   更新:2011-3-27      閲覧数:3384  
前
選抜大会 4日目
カテゴリートップ
第83回選抜大会
次
選抜大会 6日目

投稿ツリー



コメント一覧


↑PageTop
Copyright (c) 2008-2017 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.