HOME  >  高校野球情報  >  2011年  >  第83回選抜大会  >  選抜大会 2日目

2011年(H.23年度) 春のセンバツ 2日目

第83回選抜高等学校野球大会 2日目の結果

天理・8得点快勝、波佐見・横浜相手に松田1失点完投、加古川北・先発の井上が2安打完封

第1試合 大館鳳鳴(秋田) ― 天理(奈良)│観客数 : 9,000人

1回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H
大館鳳鳴 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7
天理 0 0 7 1 0 0 0 0 x 8 9
バッテリー (大)斉藤、湯沢、亀田-成田
(天)中谷、西口-吉田

天理(奈良)8-0大館鳳鳴(秋田)
天理は3回裏、1死一、二塁から岡部の犠打を相手が失策し、ボールがこぼれる間に1点を先制。さらに森口、長谷川の連続適時打、満塁から柳本が走者一掃の適時三塁打を放つなど、この回一挙7点を奪った。さらに4回にも長谷川の適時打で1点を追加し、序盤で8点の大量リードを奪った。
大館鳳鳴は2回、先頭の佐々木の左前安打や連続死球で1死満塁の好機を作ったが、後続が打ち取られ、無得点に終わった。その後も毎回のように走者を出すが併殺などで12残塁と得点を奪えず、21世紀枠で春夏通じて初の甲子園出場の大館鳳鳴の勝利はならなかった。
4年選抜連続の天理は2008年以来の初戦突破を果たした。

第2試合 横浜(神奈川) ― 波佐見(長崎)│観客数 : 10,000人

1回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H
横浜 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 8
波佐見 2 0 0 0 2 0 1 0 x 5 7
バッテリー (横)山内、柳-近藤
(波)松田-神崎

波佐見(長崎)5-1横浜(神奈川)
波佐見は1回、先頭・山口の左前安打と2四球で1死満塁の好機を作ると、志田、松尾の連続死四球で2点を先制。
さらに5回、橋口、小峰の連打で無死二、三塁から暴投で1点。さらに2死満塁から神崎が適時打を放ち加点。7回にも加点し、突き放した。
横浜は5回に失策絡みで1点を返したが、8回以外は毎回走者を出すも得点出来ず、15残塁を喫した。
波佐見の先発・松田は8安打8四死球と制球に苦しみながらも、170球の力投で1失点で完投した。波佐見はセンバツ初出場で初勝利を挙げた。

第3試合 金沢(石川) ― 加古川北(兵庫)│観客数 : 13,000人

1回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H
加古川北 0 0 0 0 2 0 1 1 0 4 8
金沢 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2
バッテリー (加)井上-佐藤
(金)釜田-丹保

加古川北(兵庫)4-0金沢(石川)
加古川北は5回、2死一、三塁から敵失で先制。さらに宇治橋に中前適時打で加点。7回にも敵失で加点、8回は戸倉の左前適時打で突き放した。
金沢の先発・釜田は5回2死まで完全投球するなど、最速150キロ(甲子園 球速ランク参照)の直球を武器に11奪三振を奪う好投だったが、中盤以降に要所で甘く入った球を痛打された。
加古川北の先発・井上は、緩急を付けた投球と抜群の制球力を武器に2安打完封勝利。加古川北は春夏通じて甲子園初勝利。

出場校紹介 / 組み合わせトーナメント表へ / 試合日程、結果へ

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:140 平均点:5.79
作成:2011-3-24   更新:2011-3-24      閲覧数:3373  
前
選抜大会 1日目
カテゴリートップ
第83回選抜大会
次
選抜大会 3日目

投稿ツリー



コメント一覧


↑PageTop
Copyright (c) 2008-2017 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.