HOME  >  高校野球情報  >  2010年  >  第41回明治神宮野球大会  >  明治神宮大会 4日目

2010年(H.22年度) 明治神宮大会 5日目

第41回明治神宮野球大会 5日目の結果

鹿児島実・前回王者の大垣日大に競り勝つ、浦和学院×日大三の関東対決は日大三が勝利

本日は準決勝2試合が行われ、ベスト4同士の対戦となります。

第1試合 大垣日大(東海・岐阜) ― 鹿児島実(九州・鹿児島)

準決勝 1 2 3 4 5 6 7 8 9
鹿児島実 0 1 0 0 0 0 2 0 1 4
大垣日大 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2
バッテリー (鹿)野田−黒木
(大)葛西−時本

鹿児島実(九州・鹿児島)4-2大垣日大(東海・岐阜)
鹿児島実は2回表、2死一、三塁から佐々木の適時打で1点を先制。1点を追う大垣日大は4回裏、1死二、三塁から内野ゴロで同点に追いつく。
鹿児島実は7回表、無死一、三塁から代打・林の適時二塁打で1点を勝ち越し。さらに平山の犠飛でリードを2点に広げた。
2点を追う大垣日大は7回裏、2死二塁から後藤健の右前適時打で1点を返し1点差に迫った。
鹿児島実は9回表、1死二、三塁から内野ゴロの間にダメ押しとなる4点目を奪い、試合を決めた。
鹿児島実の先発・野田は7安打2失点で完投、一方の大垣日大・先発の葛西は11安打され、7回の2失点が響いたが、4失点(自責3)にまとめた。

第2試合 浦和学院(関東・埼玉) ― 日大三(東京)

準決勝 1 2 3 4 5 6 7 8 9
浦和学院 0 0 0 0 0 0 1 0 1 2
日大三 0 0 0 4 0 0 0 1 x 5
バッテリー (浦)佐藤、中山−森
(日)吉永−鈴木 【本塁打】菅沼

日大三(東京)5-2浦和学院(関東・埼玉)
日大三は4回、2死一、二塁から清水の適時打で先制。続く菅沼が左翼席へ3点本塁打を放ち4点を先制。浦和学院は7回、敵失で1点を返した。
日大三は8回、併殺打の間に1点を追加し、再び4点リードとした。浦和学院は9回表、1死二、三塁から内野ゴロで1点を返すも、反撃はそれまでだった。
浦和学院は2投手で日大三打線を6安打に抑えるも、先発・佐藤が得意のスローカーブを見事に打ち返され、3点本塁打を喫したのが響いた。
日大三の先発・吉永は7安打をされながらも要所を締め、2失点完投。

組み合わせトーナメント表へ

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:94 平均点:4.36
作成:2010-11-16   更新:2010-11-16      閲覧数:4976  
前
明治神宮大会 3日目
カテゴリートップ
第41回明治神宮野球大会
次
明治神宮大会 5日目 決勝

投稿ツリー



コメント一覧


↑PageTop
Copyright (c) 2008-2017 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.