FAQFAQ Site mapサイトマップ contactお問い合わせ
ID : Pass : Auto Login :
新規登録パスワード紛失
メインメニュー
サイト連絡
スポンサーリンク
用途別分類(カテゴリー)別
頭文字(イニシャル)別
A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z
あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ・ん  その他  すべて
すとらいくぞーん

ストライクゾーン

公認野球規則により、
「打者の肩の上部とユニフォームのズボンの上部との中間点に引いた水平のラインを上限とし、ひざ頭の下部のラインを下限とする本塁上の空間」
と定めている。

ストライクゾーンは、本塁の形を底面とした五角柱であり、
この空間を通過した(一部でもかすめた)と判定した投球は、ストライクとなる。
この判定は、球審により判断される。

ストライクゾーン

高校野球ではアマチュア野球特別規則により、
「ストライクゾーンの下限に関してだけ、ボール全部がひざ頭の下部のラインより上方を通過したものとする」
(低めはボール1個分ストライクゾーンが高い)と決められていたが、
2009年よりこの規則が廃止され、従来よりも実質的にボール1個分低めに広がる事となった。

これにより、アマチュア野球の特殊な規則は無くなり、公認野球規則書通りのストライクゾーンとなった。
この経緯は、試合時間を短縮する為ではなく、国際大会などを踏まえ、ルール通り本来の野球規則に合わせる為としている。
参考文献:
関連サイト:
Powered by Xwords  based on Wordbook
サイト内検索
SNS



-
-