FAQFAQ Site mapサイトマップ contactお問い合わせ
ID : Pass : Auto Login :
新規登録パスワード紛失
メインメニュー
サイト連絡
スポンサーリンク
用途別分類(カテゴリー)別
頭文字(イニシャル)別
A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z
あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ・ん  その他  すべて
こうしえん

甲子園

阪神甲子園球場を略して、甲子園と呼ぶ。(甲子園の野球場マップへ
プロ野球・阪神タイガースの本拠地。日本で最初に誕生した大型野球専用競技場。
ニューヨーク・ジャイアンツの本拠地であったポログラウンドの図面を頼りに設計。

高校野球では「聖地」とされ、高校球児なら誰もがプレイしたい場所。
全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)、
選抜高等学校野球大会(春のセンバツ)が開催される球場。

甲子園の名前の由来は
完成した大正13年、この年は、十干・十二支のそれぞれ最初の「甲(きのえ)」と「子(ね)」が60年ぶりに合う年で、縁起のよいこの年にちなんで、この付近一帯を「甲子園」とし、野球場を「甲子園球場(当時は大運動場)」と名付けた。


甲子園の歴史
1922年(大正11年)阪神電鉄は、410万円で土地を買い取る。
1924年(大正13年)3月11日に工事着工、わずか4ヶ月半の後、同年8月1日に完成。
1925年、初代スコアボード完成。
1929年、内野東西スタンドが木造から、鉄筋コンクリート50段、高さ14.3mに改築。
1930年、アルプススタンドに鉄傘がかけられる。(戦争の為、1943年に撤去)
1934年、外野中央に2代目スコアボード完成。
1936年、外野東西スタンドが木造から、鉄筋コンクリートに改築。(両翼96m、中堅120m)
1947年、5月26日ラッキーゾーン設置。(両翼91m)
1951年、内野ネット裏を中心に銀傘が復活。
1956年、ナイター照明設備完成。
1958年、スコアボードを完全手書き式に変更。
1964年、2月14日、球場名を甲子園球場から阪神甲子園球場に変更。室内練習場完成。
1979年、センターバックスクリーンに2面広告装置「トライビジョン」完成。
1982年、銀傘をアルミ合金に変更。
1984年、スコアボードを手書き式から電光掲示式(日本初の白色電光式)に変更。
1985年、タイガース創立50年を記念し、虎の銅像を建立。
1992年、ラッキーゾーン撤去。(両翼91m→96m)
1993年、スコアボード右半分がカラービジョンとなる。
1994年、開場70周年を記念し、モニュメント建立。
1995年、1月17日に阪神・淡路大震災発生、スタンドの一部が損壊。
2003年、内野席の一部座席間隔を拡大し、収容人員が53,000人になる。
2004年、室内練習場完成。
2005年、スコアボードのカラービジョンがブラウン管方式からLED方式に改造。
2007年、2月に室内練習場隣にクラブハウスが完成。
2007年、10月~2008年2月に内野エリアのリニューアル工事。
(座席改良、喫煙所新設、売店・トイレ改良、外周にデッキ新設)
2008年、10月~2009年2月にアルプス・外野エリアのリニューアル工事。
(銀傘の架け替え、照明塔・エレベーター新設)
2009年、11月~2010年2月に外構整備工事。
(球場外周整備、広場・イベントスペース整備、売店基地棟を新設)
2010年、12月~2011年2月にスコアボード更新工事とBSO表示への変更
(スコアボード正面左側(選手名)と中央の表示面をLEDに更新、及びフリーボード化、スコアボード及びサブスコアボードのSBOランプの表示順をBSOに変更)
参考文献:「阪神甲子園球場」『ウィキペディア日本語版』
関連サイト:http://ja.wikipedia.org/
Powered by Xwords  based on Wordbook
サイト内検索
SNS



-
-