HOME  >  高校野球情報  >  2010年  >  2010年 春季大会  >  春季近畿地区大会 報徳学園が優勝

2010年(H.22年度) 春季近畿大会

春季近畿地区高校野球大会

期日:平成22年5月29・30日、6月5・6日
開催地:和歌山県
参加校:8校(和歌山3、他各府県1、出場校一覧
会場:県営紀三井寺野球場
関連リンク:近畿地区歴代優勝校2010年春季大会一覧

優勝:報徳学園(兵庫、初優勝)
準優勝:履正社(大阪)
4強:北大津(滋賀)、智弁和歌山(和歌山1位)

組み合わせトーナメント

府県 チーム名 1回戦
決勝
  決勝  
決勝
1回戦 チーム名 府県
和歌山2 神島           向陽 和歌山3
2   報徳学園 1
大阪 履正社 9 9 10 2 報徳学園 兵庫
  0 6
奈良 天理    2     1   智弁和歌山 和歌山1
3 9
滋賀 北大津 6   1 府立工 京都
   

スコア詳細

1回戦
神島  000 011 0 = 2
履正社 022 010 4x= 9
(神)虎伏−榎本
(履)飯塚、高田、平良−坂本
北大津 000 001 050 = 6
天理  000 002 001 = 3
(北)岡本−山口
(天)沼田、西口−亀沢
向陽    000 000 010 = 1
報徳学園 000 000 002x= 2
(向)東山、藤田−大槻
(報)田村、大西、宮田−森田
智弁和歌山 013 010 004 = 9
府立工    000 000 001 = 1
(智)畑中、吉元−久保
(京)西山、谷掛−桑原

準決勝

1 2 3 4 5 6 7 8 9
北大津 1 0 0 0 1 0 0 0 2
履正社 1 1 1 4 0 0 0 x 9
バッテリー (北)岡本、桜井−山口 【本塁打】中村
(履)飯塚、高田、平良−坂本 【本塁打】山田

1点を追う履正社は1回裏、江原、山田の長短打とスクイズで追いつき、2回に海部の左翼線適時二塁打で逆転。
さらに3回には山田のソロ本塁打、4回にも4長短打と敵失を絡めて一挙4点を挙げ、8回コールド勝利。
北大津は初回、中村の先頭打者本塁打で先制。5回にも1点を返したが、4回までの大量失点が響いた。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
智弁和歌山 0 0 1 0 0 0 0 1
報徳学園 4 0 6 0 0 0 x 10
バッテリー (智)畑中、吉元−久保、道端
(報)大西−森田

報徳学園は1回裏、3四球で2死満塁とすると森田、木下の適時長短打で4点を先制。3回にも、5安打と3四球など打者一巡の猛攻で一挙6点を挙げ、7回コールド勝利。
智弁和歌山は3回表、盗塁と敵失で三塁に進んだ城山が、内野ゴロの間に1点を返したが、序盤の大量失点が響いた。

決勝

1 2 3 4 5 6 7 8 9
履正社 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
報徳学園 1 1 0 3 0 0 0 1 x 6
バッテリー (履)飯塚、高田、平良−坂本
(報)田村、大西−森田

報徳学園は1回、4番越井の適時打で1点を先制。4回には2死から連続四球の後、連続適時長短打で3点を追加しリードを大きく広げた。
報徳学園は1年生右腕・田村が5回を2安打無失点と好投、継投した大西もその後を無失点に抑え、履正社打線に三塁を踏ませず、投手2人の継投で履正社打線を完封。報徳学園は初優勝を飾った。

近畿地区 出場校一覧

府県 優勝 準優勝 3位
滋賀 北大津 - -
京都 府立工 - -
大阪 履正社 - -
兵庫 報徳学園 - -
奈良 天理 - -
和歌山 智弁和歌山 神島 向陽
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:196 平均点:5.00
作成:2010-3-9   更新:2010-6-6      閲覧数:32739  
前
春季東海地区大会 県岐阜商が優勝
カテゴリートップ
2010年 春季大会
次
春季中国地区大会 広島工が優勝

投稿ツリー



コメント一覧

1おごり   投稿日時 2010-5-29 19:37
天理負けて残念!選手入れ替えで再起!

↑PageTop
Copyright (c) 2008-2017 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.