2010年(H.22年度) 春のセンバツ 出場校紹介

第82回選抜高等学校野球大会 中国地区出場校紹介

中国地区 出場校一覧

地区 出場校
(都道府県)
創部
(年)
部員数
(人)
出場回数
(夏の出場回数)
甲子園
最高成績
2009年
秋季成績
公式戦成績
中国 2
+
1
開星
(島根)
1988 45 2連続2回目
(夏6回)
2回戦
(夏3回戦)
地区優勝
県優勝
9勝-1敗,率.350
本14 盗11 防1.82
関西
(岡山)
1895 45 3年ぶり10回目
(夏7回)
4強
(夏8強)
地区準優勝
県優勝
11勝-1敗,率.362
本3 盗9 防0.75
広陵
(広島)
1911 107 3年ぶり22回目
(夏19回)
優勝
(夏準優勝)
地区4強
県優勝
9勝-1敗,率.357
本4 盗33 防0.71

中国地区の選考経緯

中国は、77回を投げて奪三振91の右腕・白根を擁し打線も強力な開星と、防御率0.34の安定した投球が持ち味の左腕・堅田を中心とする関西をまず選出した。
残る1枠(中国と四国を比較して1校))は、広陵と済美が争ったが、投手力・攻撃力・守備力の全てで広陵が上回ると判断された。

開星(島根)

2年連続2回目の選抜出場。昨年の選抜では、初出場ながら優勝候補の慶応(神奈川)に勝利し、初勝利を飾った。
昨秋の島根県大会で優勝し、8年連続で秋季中国大会に出場。初戦で熊毛南(山口)を11−1で圧倒。準々決勝の岡山東商(岡山)も9−1のコールド勝利。準決勝は、広陵(広島)から3回に一挙5点を奪い、5−3で逃げ切った。決勝も関西(岡山)に4−3で競り勝ち、初優勝、県勢として44年ぶりの優勝を果たした。

1年生エース左腕・白根は、185cmの長身から最速147キロの速球と、スライダー、フォーク、シュート、ツーシームと多彩な球種を投げ分ける。昨秋季中国大会では4試合を1人で投げ抜き、40奪三振を奪った。秋季大会の合計は77回を投げて奪三振91と三振が取れる。

破壊力がある打線は、4番の出射が5割を超える高打率で、公式戦10試合で5本塁打を放った。1番・糸原は、バットコントロールが巧みで、中国大会準々決勝の岡山東商戦では2本塁打、決勝戦の関西(岡山)戦では初回先頭打者本塁打をマークするなどパンチ力もある。
チーム打率.350で打撃でも器用さを見せる白根、昨年選抜でもメンバー入りしている江本主将ら好打者が並び、打線に切れ目がない。

◇戦績

 ▽秋季1次予選
代表決 ○ 20−1 松江東

 ▽秋季島根県大会(2、3次予選)
1回戦 ○ 11−1 益田東
準々決 ○  6−0 邇摩
準決勝 ○ 11−2 浜田
決勝  ○  7−1 石見智翠館

 ▽秋季中国地区大会
1回戦 ○ 11−1 熊毛南(山口)
準々決 ○  9−1 岡山東商(岡山)
準決勝 ○  5−3 広陵(広島)
決勝  ○  4−3 関西(岡山)

 ▽明治神宮大会
2回戦 ●  2−4 今治西(四国・愛媛)

関西(岡山)

3年ぶり10回目の出場。甲子園出場は春夏通算17回目。同校は県内最古・創部115年目を迎える。
選抜では95年と02年にベスト4入りを果たしている。
昨秋の県大会では、4試合で29得点と持ち前の打力で優勝し、秋季中国地区高校野球大会では準優勝と好成績を収めた。

1年生左腕エース・堅田は制球力があり、秋季大会では防御率0.34と抜群の安定感がある。
さらに水原、渡辺と、140キロ台の速球を投げる1年生投手を揃えており、強力。
打線は機動力を生かした切れ目ない攻撃が特徴。4番打者でチームを引っ張る植田捕手が中心。
50m5秒8の磯本ら俊足の選手が機動力を発揮。単打でつなぎ、小刻みに得点を重ねる。

◇戦績

 ▽秋季地区予選(東部地区)
リーグ戦 ○ 13−2 西大寺
リーグ戦 ○ 11−1 備前緑陽
リーグ戦 ○  6−0 岡山商大付
リーグ戦 ○  7−0 岡山大安寺

 ▽秋季岡山県大会
1回戦 ○  2−1 興譲館
準々決 ○  4−3 倉敷南
準決勝 ○ 11−0 岡山理大付
決勝  ○  5−1 岡山東商

 ▽秋季中国地区大会
1回戦 ○ 12−2 柳井学園(山口)
準々決 ○  5−1 岡山理大付(岡山)
準決勝 ○  5−0 岩見智翠館(島根)
決勝  ●  3−4 開星(島根)

広陵(広島)

3年ぶり22回目の出場。選抜では過去優勝3回、準優勝3回を誇る。03年の選抜以来の全国制覇を目指す。
昨秋の県大会決勝は12得点の圧勝、中国大会では、大会を制した開星(島根)に準決勝で惜敗したが、4強入りを果たした。

エース有原は最速145キロの直球が武器。多彩な変化球を投げる上野、直球やスライダーが武器の川崎ら控えも層が厚い。
長打力のある丸子、御子柴、三田らが、打線の中軸として得点を重ねる。特に入部直後から4番を任される1年生の丸子は高校通算14本塁打とパワーがある。
主将の福田や三田ら俊足が揃い、公式戦10試合で33盗塁。選手の自主判断で走る伝統の広陵野球は健在。

◇戦績

 ▽秋季地区予選(東地区)
リーグ戦 ○ 15−0 加計
リーグ戦 ○ 11−1 広島市工

 ▽秋季広島県大会
2回戦 ○  1−0 尾道商
3回戦 ○  7−0 広島工大
準々決 ○  8−1 呉
準決勝 ○  9−1 祇園北
決勝  ○ 12−2 新庄

 ▽秋季中国地区大会
1回戦 ○  7−0 八頭(鳥取)
準々決 ○  9−2 崇徳(広島)
準決勝 ●  3−5 開星(島根)

選抜出場校一覧へ

選抜出場校マップ 北海道 東北 関東 東海 北信越 近畿 中国 四国 九州 沖縄
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:165 平均点:5.64
作成:2010-2-2   更新:2010-2-2      閲覧数:11577  
前
近畿地区
カテゴリートップ
第82回選抜 出場校紹介
次
四国地区

↑PageTop
Copyright (c) 2008-2017 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.