HOME  >  高校野球情報  >  2010年  >  第82回選抜大会  >  第82回選抜 出場校紹介  >  北海道・東北地区

2010年(H.22年度) 春のセンバツ 出場校紹介

第82回選抜高等学校野球大会 北海道・東北地区出場校紹介

北海道・東北地区 出場校一覧

地区 出場校
(都道府県)
創部
(年)
部員数
(人)
出場回数
(夏の出場回数)
甲子園
最高成績
2009年
秋季成績
公式戦成績
北海道 1 北照
(北海道)
1908 40 10年ぶり3回目
(夏1回)
2回戦
(夏1回戦)
地区優勝 8勝-1敗,率.343
本8 盗18 防1.97
東北 2 秋田商
(秋田)
1922 31 4年ぶり6回目
(夏15回)
4強
(夏8強)
地区優勝
県3位
11勝-2敗,率.285
本0 盗12 防1.40
盛岡大付
(岩手)
1980 41 7年ぶり2回目
(夏6回)
2回戦
(夏2回戦)
地区準優勝
県準優勝
9勝-3敗,率.294
本2 盗15 防1.93
21世紀枠 3 山形中央
(山形)
1953 32 初出場
(夏出場なし)

(−)
地区8強
県準優勝
4勝-2敗,率.289
本1 盗8 防2.72

北海道地区の選考経緯

10年ぶりに地区大会を制した北照が実力でも抜きんでているとして、順当に選出された。
補欠は地区準優勝の札幌南。攻撃的な野球で、投打にまとまった好チームと評価された。
北海道地区大会へ

東北地区の選考経緯

地区大会優勝の秋田商はインフルエンザで12人での戦いになった準々決勝以降の3試合を全て1−0で勝利。エース片岡を中心に結束を強め、接戦を制した試合運びは称賛に値すると全員一致で選ばれた。
残る1校は準優勝の盛岡大付と4強の本荘、弘前学院聖愛との比較となり、小差の総合力で盛岡大付が上回るとし、2校は補欠となった。
東北地区大会へ

北照(北海道)

00年に選抜初勝利を挙げて以来、10年ぶりの選抜出場となった。1901年創立の私学。当初は男子校だったが、98年から共学。
09年春夏共に準優勝に終わり、あと一歩の所で甲子園を逃してきたが、秋季大会は見事10年ぶりの優勝。

打線は秋季大会全4試合で二桁安打を記録するなど活発だった。チーム打率.343を残した。
1番・大野(1年)は打率5割で好機を作り、中軸が走者を還すパターン。下位にも勝負強い野館が控える。

本格派右腕のエース又野は、威力のある直球を中心とした投球で秋季大会30イニングを投げ、防御率1.50と安定。要所で見せるフォークボールは威力がある。
控えの左腕・千葉は、秋季大会決勝で又野が右手中指のつめを割って降板したが、見事な好救援を見せた。

◇戦績

秋季小樽支部
1回戦 ○ 10−0 小樽水産
2回戦 ○  8−2 岩内
準決勝 ○  6−2 倶知安
代表決 ○  9−2 小樽潮陵

 ▽秋季全道大会
2回戦 ○  7−0 旭川実
準々決 ○  4−1 武修館
準決勝 ○  3−2 駒大岩見沢
決勝  ○ 11−5 札幌南

 ▽明治神宮大会
2回戦 ●  3−6 帝京(東京)

秋田商(秋田)

春6回目、夏15回の甲子園出場回数を誇る古豪。近年では06年の選抜で8強入りを果たしている。
秋季県大会では準決勝で敗れ、3位決定戦を勝ち抜いて地区大会進出。
しかし新型インフルエンザで準々決勝からベンチ入りした選手達が欠場し、決勝は主力メンバーら12人で戦い抜いた。30人のうち、決勝までに計18人もが秋田に戻るアクシデントを跳ね除けての秋季大会優勝。
秋季東北大会準決勝では、県大会で敗れた本荘を相手に1-0で見事勝利。決勝も延長11回1-0のサヨナラ勝利と接戦を勝ち抜いた。

エース右腕・片岡は、伸びのある直球を主体に、カーブなどの変化球をコーナーに集める投球をする。
秋季東北大会3試合で完投し、29回を1失点という完ぺきな内容だった。
スライダーなど変化球を使い分ける左腕・須田も控える。東北大会は2回戦で須田、準決勝と決勝は片岡が完投した。
打線では、県大会4試合で6打点を挙げた鎌田が軸。また東北大会では下位打線から上位打線へとつながり、得点に結びつくケースが多くあった。

◇戦績

 ▽秋季中央地区予選
2回戦 ○  6−1 仁賀保
準々決 ○  3−2 明桜
準決勝 ○  9−5 男鹿海洋
決勝  ○ 10−0 金足農

 ▽秋季秋田県大会
2回戦 ○  8−0 横手城南
準々決 ○  7−0 大曲農
準決勝 ●  5−6 本荘
3位決 ○  7−0 男鹿海洋

 ▽秋季東北地区大会
2回戦 ○  4−1 一関学院(岩手)
準々決 ○  1−0 山形中央(山形)
準決勝 ○ 1−0 本荘(秋田)
決勝  ○ 1−0 盛岡大付(岩手)

 ▽明治神宮大会
1回戦 ●  0−7 高岡商(北信越・富山)

盛岡大付(岩手)

7年ぶり2回目の選抜出場。08年一関学院、09年花巻東に続き、岩手県勢初の3年連続出場となる。
これまで春1回、夏6回の甲子園出場を果たしているが未だ未勝利。関口監督の下、チーム一丸で悲願の1勝に挑む。
秋季東北大会では決勝で秋田商に延長11回、0−1で敗れたものの、準優勝。準決勝までの3試合は、全て1点差で勝ち抜いてきた。

盛岡大付は本格派右腕・白石、緩急が持ち味の左腕・高藤ら力のある投手陣を中心とした堅守が特徴のチーム。
打線は1番佐々木に長打力があり、今上、槻舘らが勝負強い。犠打、エンドランなど小技を絡めて着実に1点を積み重ねる攻撃スタイル。

◇戦績

 ▽秋季盛岡地区予選
1回戦 ○  4−0 盛岡南
代表決 ○  8−2 盛岡商
準決勝 ●  1−2 盛岡中央

 ▽秋季岩手県大会
1回戦 ○  8−1 大東
2回戦 ○ 10−1 宮古商
準々決 ○  5−2 盛岡中央
準決勝 ○  3−2 専大北上
決勝  ●  5−7 一関学院

 ▽秋季東北地区大会
2回戦 ○  2−1 金足農(秋田)
準々決 ○  5−4 専大北上(岩手)
準決勝 ○  5−4 聖愛(青森)
決勝  ●  0−1 秋田商(秋田)

山形中央(山形)

甲子園出場は春夏合わせて初めて。昨秋の県大会準優勝、東北大会8強の実力や「感謝心」を掲げての清掃活動などが高く評価され、21世紀枠での選出。
私学の厚い壁に公立高の甲子園出場は長年阻まれてきたが、ようやく選抜初出場を勝ち取った。
県勢のセンバツ出場は05年の羽黒以来5年ぶり、公立校では77年の酒田東以来33年ぶりとなった。

秋の県大会準決勝では夏の覇者・酒田南を破り、東北大会準々決勝では優勝した秋田商と8回まで0−0の接戦を演じた。9回サヨナラ負けしたが、甲子園常連校相手に見事な戦いぶりを見せた。
また、平成に入って春と秋の東北大会に10回出場、夏の県大会では準決勝以上に5回進出しており、近年力を付けてきた。

1年生左腕・横山がチームの柱。最速は130キロだが、制球力と変化球の切れで勝負するタイプで、秋季県大会は準決勝までの3試合を1人で投げ抜くなどスタミナもある。打線は細矢凜、羽柴充輝が中心となる。

◇戦績

秋季村山地区予選
2回戦 ○ 12−0 谷地
準決勝 ○  7−2 山形商
決勝  ○  4−3 山形南

 ◇秋季山形県大会
2回戦 ○  8−3 上山明新館
準々決 ○  5−1 酒田工
準決勝 ○  5−1 酒田南
決勝  ●  0−7 日大山形

 ◇秋季東北地区大会
2回戦 ○  5−3 石巻商(宮城)
準々決 ●  0−1 秋田商(秋田)

選抜出場校一覧へ

選抜出場校マップ 北海道 東北 関東 東海 北信越 近畿 中国 四国 九州 沖縄
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:141 平均点:5.96
作成:2010-2-1   更新:2010-2-1      閲覧数:10127  
カテゴリートップ
第82回選抜 出場校紹介
次
関東・東京地区

↑PageTop
Copyright (c) 2008-2017 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.