HOME  >  高校野球情報  >  2009年  >  第40回明治神宮野球大会  >  明治神宮大会 4日目

2009年(H.21年度) 明治神宮大会 4日目

第40回記念明治神宮野球大会 4日目の結果

東海大相模・先発の一二三が8奪三振完封、大垣日大・葛西が12奪三振完投

本日は昨日雨天順延となった準決勝2試合が行われ、ベスト4同士の対戦となります。

第1試合 帝京(東京) ― 東海大相模(関東・神奈川)

準決勝 1 2 3 4 5 6 7 8 9
東海大相模 0 1 0 0 0 0 0 1 2 4
帝京 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
バッテリー (東)一二三−染谷
(帝)伊藤−安尾

東海大相模(関東・神奈川)4-0帝京(東京)
東海大相模は2回、一二三の適時打で先制。8、9回には敵失から貴重な追加点を挙げ、試合を決めた。
東海大相模の先発・一二三は5安打8三振で完封勝利。帝京は3失策と守備陣が乱れ後半に追加点を許してしまった。
帝京と東海大相模の関東対決は、東海大相模が4−0と帝京を完封して決勝に進出した。

第2試合 今治西(四国・愛媛) ― 大垣日大(東海・岐阜)

準決勝 1 2 3 4 5 6 7 8 9
大垣日大 0 0 2 0 0 0 0 2 0 4
今治西 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
バッテリー (大)葛西−時本
(今)日野、林、日野−見乗、武内

大垣日大(東海・岐阜)4-1今治西(四国・愛媛)
1点先制を許した大垣日大は3回、2死満塁から後藤の2点適時打で逆転、8回には後藤・高田の適時打で貴重な追加点を挙げた。
今治西は初回、先頭の浜元が敵失で出塁し井上の適時打で先制するも、2回以降4安打に抑えられ追加点を奪えなかった。
大垣日大の先発・葛西は5安打12奪三振で1失点(自責点0)完投。大垣日大が逆転で今治西を下し決勝に進出した。

組み合わせトーナメント表へ

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:72 平均点:5.83
作成:2009-11-18   更新:2009-11-18      閲覧数:4438  
前
明治神宮大会 3日目
カテゴリートップ
第40回明治神宮野球大会
次
明治神宮大会 5日目 決勝

投稿ツリー



コメント一覧


↑PageTop
Copyright (c) 2008-2017 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.