HOME  >  高校野球情報  >  2009年  >  日米親善高校野球'09  >  日米親善高校野球大会(全日本選抜)

2009年夏 日米親善高校野球大会

カリフォルニア州コンプトンにてアーバンユースアカデミーと3試合行う

全日本選抜、1勝1敗1分け

期日:平成21年9月5日〜7日
会場:〔MLB〕Urban Youth Academy Baseball Field
目的:アーバンユースアカデミーと日本高校野球連盟との友好を深め、高校球児に国際親善の場を提供する目的で開催
備考1:全日本選抜チームを9月1日から9日間、米国カリフォルニア州に派遣(全日本メンバーは下記に掲載
備考2:第91回大会選手権出場選手で編成した日本選抜を米国に派遣し、大リーグ設立のアーバンユースアカデミーと4試合(うち練習試合1試合)を行う
関連リンク:日米親善高校野球大会
過去大会関連リンク:2006年日米親善高校野球大会2007年日米親善高校野球大会2008年日米親善高校野球大会

練習試合 全日本選抜−近大

全日本 5−1 近大
9月1日に米ロサンゼルスに派遣される全日本は8月30日、奈良・生駒市内の近大グラウンドで1、2年生主体の近大と練習試合を行った。
全日本・先発の岡田(智弁和歌山)は3回を無安打、4連続を含む7三振無失点の好投。
1番・遊撃で先発出場した今宮(明豊)も登板し、最終9回を3者三振で締めるなど好投。
4番・右翼で先発出場した堂林(中京大中京)は先制点を呼び込む右線二塁打を放つなど3打数1安打。

エキシビション 全日本選抜−RBI(カルフォルニア選抜)

エキシビション 1 2 3 4 5 6 7 8 9
全日本 0 1 0 0 0 2 0 0 0 3
RBI 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
バッテリー (日)伊藤直(日本文理)、山田(県岐阜商)、佐藤(東北)、庄司(常葉橘)、今宮(明豊) − 原口(帝京)
(R)ケリー、ブロザード、アギラー − フェルナンデス、マルティネス

全日本 3−1 RBI
1回裏に先制点を許した全日本は2回、猿川(花巻東)が左中間二塁打を放ち、守備がもたつく間に三塁に進んだ。その後2死三塁から高橋(日本文理)の左前適時打で同点とした。
全日本は、1−1の同点で迎えた6回に4番堂林(中京大中京)の2点本塁打で勝ち越し。そのまま逃げ切った。
地元の強豪チーム「RBI」相手に、全日本投手陣は10安打を許したものの、2回をメドに5人の継投で1点に抑えた。

第1試合 全日本選抜−アーバンユースアカデミー(米西部選抜)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
全日本 1 3 0 0 0 0 1 0 3 8
米西部 0 0 0 0 1 2 1 1 0 5
バッテリー (日)岡田(智弁和歌山)、伊藤直(日本文理)、庄司(常葉橘) − 原口(帝京)
(米)サンチェス、バックル、ララ − シーボル、フェルナンデス

全日本 8−5 米西部
全日本は1回に猿川(花巻東)の適時打で先制。2回には3本の二塁打などで3点を挙げてリードを広げるが、中盤以降、米国が反撃。
7回に河合(中京大中京)がソロ本塁打を放つが、8回に同点に追い付かれた。
しかし、9回に堂林(中京大中京)のソロ本塁打などで3点を勝ち越し、全日本が8−5で競り勝った。

第2試合 全日本−アーバンユースアカデミー(米西部選抜)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
全日本 0 1 0 0 0 0 0 1 0 2
米西部 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2
バッテリー (日)堂林(中京大中京)、新西(都城商)、今宮(明豊) − 河野(九州国際大付)
(米)ケリー、リッチャー − フェルナンデス、ミラー

全日本 2−2 米西部
全日本は2回1死一、三塁から伊藤隆(中京大中京)の内野ゴロ間に1点を先制。
8回に1死二、三塁から猿川(花巻東)の遊ゴロの間に2点目を挙げたが、その裏に3番手の今宮(明豊)が2点適時打を浴び、同点とされ、そのまま9回規定により引き分け。
先発の堂林(中京大中京)は7回を4安打無失点に抑えたが、8回から登板した新西(都城商)が連打を許し、代わった今宮(明豊)が適時打を浴びて同点とされた。

第3試合 全日本−アーバンユースアカデミー(米西部選抜)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
全日本 1 4 1 0 0 0 0 0 0 6
米西部 2 3 0 3 0 0 0 0 x 8
バッテリー (日)山田(県岐阜商)、佐藤(東北)、伊藤直(日本文理)、岡田(智弁和歌山) − 原口(帝京)、河野(九州国際大付)
(米)ブロザード、アギュラー、オーエンス − フェルナンデス、ミラー

全日本 6−8 米西部
全日本は1回に河合(中京大中京)の内野安打で1点を先制。2回も下位打線の連打など打者10人の攻撃で4点を挙げたが、その度に米国に追いつかれる展開。
全日本は5−5で迎えた3回、庄司(常葉橘)と原口(帝京)の二塁打で1点を勝ち越した。
しかし1点リードの4回、伊藤直(日本文理)が2本塁打を浴びて逆転を許すと、その後は米国の投手陣を打ち崩せなかった。
前半は点の取り合い、後半は投手戦の展開で全日本は米西部選抜に6−8で敗れ、1勝1敗1分けで日程を終えた。

全日本選抜メンバー

位置 背番号 氏名 学校名 学年 身長 体重
監督 20 大藤 敏行 中京大中京          
コーチ 19 佐々木 洋 花巻東          
投手 1 堂林 翔太 中京大中京 3年 182 79
2 伊藤 直輝 日本文理 3年 176 72
3 山田 智弘 県岐阜商 3年 184 82
4 新西 貴利 都城商 3年 180 80
5 佐藤 朔弥 東北 3年 175 70
6 庄司 隼人 常葉橘 3年 175 70
7 岡田 俊哉 智弁和歌山 3年 181 68
捕手 8 原口 文仁 帝京 3年 178 74
9 河野 元貴 九州国際大付 3年 178 75
10 山 裕貴 関西学院 3年 165 55
内野手 11 武石 光司 日本文理 3年 172 70
12 柏葉 康貴 花巻東 3年 178 70
13 河合 完治 中京大中京 3年 175 75
14 猿川 拓朗 花巻東 3年 183 83
15 今宮 健太 明豊 3年 171 71
外野手 16 伊藤 隆比古 中京大中京 3年 180 78
17 高橋 義人 日本文理 3年 175 68
18 江崎 秋馬 県岐阜商 3年 177 73
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:304 平均点:7.34
作成:2009-8-24   更新:2009-9-8      閲覧数:36879  
前
日米親善高校野球大会(四国4県と岡山県の各選抜)
カテゴリートップ
日米親善高校野球'09

投稿ツリー



コメント一覧


↑PageTop
Copyright (c) 2008-2017 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.