HOME  >  高校野球情報  >  2009年  >  2009年 春季大会  >  春季四国地区大会 明徳義塾が優勝

2009年(H.21年度) 春季四国大会

第62回春季四国地区高校野球大会

期日:平成21年5月2日〜4日
開催地:徳島県
参加校:8校(各県2、出場校一覧
会場:オロナミンC球場県営蔵本球場
関連リンク:2009年春季大会一覧四国地区歴代優勝校

優勝:明徳義塾(高知、2年連続7回目の優勝)
準優勝:寒川(香川)
4強:西条(愛媛)、済美(愛媛)

組み合わせトーナメント

チーム名 1回戦
決勝
  決勝  
決勝
1回戦 チーム名
香川
2
多度津           高知 高知
2
1   明徳
義塾
6
愛媛
1
西条 15 1 3 8 寒川 香川
1
  7 3
徳島
2
徳島商    2     2   済美 愛媛
2
1 2
高知
1
明徳義塾 11   0 鳴門工 徳島
1
   

スコア詳細

1回戦
高知 600 000 000 = 6
寒河 000 100 070 = 8
(高)公文、瀧平−木下
(寒)齋、高橋涼、亀田−松井
鳴門工 000 000 000 = 0
済美   000 011 00x = 2
(鳴)大橋−酒巻
(済)鈴木−喜井
西条  004 119 = 15
多度津 000 100 = 1
(西)秋山、持主−森
(多)福田、田村、曽根、奥村−塩田
明徳義塾 604 10 = 11
徳島商   000 10 = 1
(明)石垣−河合
(徳)杉本、西角−高橋

準決勝

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
西条 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
明徳義塾 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1x 2
バッテリー (西)秋山−森
(明)石橋−河合

明徳義塾が先制するも、西条が7回に同点として延長戦に突入。
明徳義塾は13回裏、1死二塁の好機に梅田が初球を右前に運び、サヨナラ勝ちを収めた。
西条は先発・秋山が170球の力投を見せたが、及ばなかった。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
済美 0 0 0 0 1 0 0 0 1 2
寒川 0 0 0 0 0 1 0 1 1x 3
バッテリー (済)宮崎、高岸、鈴木ー喜井
(寒)高橋−松井

寒川は1点を追う6回、相手の守備の乱れに乗じて吉本の犠飛で同点。さらに8回に1点を加え勝ち越した。
9回表に済美に追いつかれたが、その裏1死満塁で岩田が右前にサヨナラ打を放った。
香川県勢の決勝進出は8年ぶり。
済美は相手を上回る8安打を放ったが、好機を生かせなかった。

決勝

1 2 3 4 5 6 7 8 9
明徳義塾 1 2 0 1 1 2 0 0 0 7
寒川 1 0 2 0 0 0 0 0 0 3
バッテリー (明)石橋−河合
(寒)斉、亀田、高橋涼−松井

明徳義塾は1回、無死満塁から井上の犠飛で1点を先制。
その後同点に追いつかれたが、4回には、2死三塁から中澤の二塁打で勝ち越し。この試合で先発全員安打となる14安打を放った。
寒川は1回と3回の2度、同点に追いついたものの、中盤以降は明徳の先発・石橋に要所を抑えられ、初出場での四国制覇はならなかった。

四国地区 出場校一覧

1位 2位
香川 寒川 多度津
徳島 鳴門工 徳島商
愛媛 西条 済美
高知 明徳義塾 高知
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:168 平均点:5.42
作成:2009-2-2   更新:2009-5-4      閲覧数:13253  
前
春季中国地区大会 倉敷商が優勝
カテゴリートップ
2009年 春季大会
次
春季九州地区大会 九国大付が優勝

投稿ツリー



コメント一覧

尽誠がんばれ   投稿日時 2009-4-15 10:17
多度津高校は出身地です。多度津高校の健闘お祈ります

↑PageTop
Copyright (c) 2008-2017 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.