HOME  >  高校野球情報  >  2008年  >  2008年 秋季大会  >  秋季四国地区大会 西条(愛媛)が優勝

2008年(H.20年度) 秋季四国大会

第61回秋季四国地区高校野球大会

期日:平成20年10月25・26、11月1・2日
開催地:高知県
参加校:12校(各県3、出場校一覧
会場:県営春野球場高知市営球場
備考:優勝校は、明治神宮大会進出
関連リンク:秋季大会一覧四国地区歴代優勝校

優勝:西条(20年ぶり2回目の優勝、愛媛1位)
準優勝:今治西(愛媛2位)
4強:尽誠学園(香川2位)、高松商(香川1位)

組み合わせトーナメント

チーム名 1回戦 準々
決勝

決勝
  決勝  
決勝
準々
決勝
1回戦 チーム名
高知1 高知             高松商 香川1
  3 西
2  
愛媛2 今治西    明徳義塾 高知2
15 7 5 0 1 3
徳島3 徳島商 5   1 済美 愛媛3
   1 2
徳島1 鳴門工      2     9 西条 愛媛1
  3 6  
香川2 尽誠学園   池田 徳島2
5 10   0 3
高知3 高知商 4     7 丸亀 香川3
 

スコア詳細

1回戦
今治西 103 300 044 = 15
徳島商 011 002 010 = 5
(今)大戸、日野、大戸−久保
(徳)杉本,前田,杉本,中村,西角−宮本
明徳義塾 001 000 101 = 3
済美    001 000 000 = 1
(明)石橋−河合
(済)宮崎−喜井
尽誠学園 010 020 101 = 5
高知商  100 010 002 = 4
(尽)村上−森崎高
(高)井澤−濱田良
丸亀 020 000 010 04 = 7
池田 001 001 100 00 = 3
(丸)山地−岡崎
(池)安野、中山−川原
準々決勝
高知  000 100 110 = 3
今治西 000 103 12x = 7
(高)公文−木下
(今)大戸−久保
明徳義塾 001 000 000 = 1
高松商  000 010 10x = 2
(明)石橋−河合
(高)大森−土居
鳴門工  000 021 00 = 3
尽誠学園 006 201 01x= 10
(鳴)山本、大橋、丸橋−酒巻
(尽)平井−森崎
丸亀 000 000 000 = 0
西条 000 500 01x = 6
(丸)山地−岡崎
(西)秋山−森

準決勝

1 2 3 4 5 6 7 8 9
尽誠学園 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2
今治西 0 0 1 0 0 3 1 0 x 5
バッテリー (尽)平井、村上−森崎
(今)大戸−久保

今治西は3回、関の左前適時打で1点を先制。6回には二死満塁の好機で瀧野が走者一掃の適時三塁打を放ち3点を追加。
7回にも1点を加え試合を決めた。大戸は10安打を打たれたが、要所を締めて完投。
尽誠学園は8回、二死から岩元の適時二塁打などで2点を返し反撃したが、点差を埋められなかった。
今治西は2年ぶり5回目の決勝進出。

1 2 3 4 5 6 7
高松商 0 0 0 0 0 0 0 0
西条 5 0 0 4 0 0 x 9
バッテリー (高)大森−土居
(西)秋山、徳永−森

西条は1回、秋山の中越え適時二塁打で2点を先制し、更に4連打の猛攻でこの回5点を入れ、序盤で突き放した。
4回には秋山の満塁本塁打で4点を加え試合を決めた。
秋山は投げても五回を被安打、失点、四死球ゼロと完ぺきな内容。投打で大車輪の活躍を見せた。
高松商は序盤の大量失点が響き、見せ場を作れなかった。
西条が7回コールド勝ちで4年ぶり6回目の決勝進出。

決勝

1 2 3 4 5 6 7 8 9
今治西 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
西条 0 0 1 0 0 1 0 0 x 2
バッテリー (今)大戸−久保
(西)秋山−森

今治西と西条が決勝に勝ち上がり、愛媛県勢同士の決勝は4年ぶり3回目となった。
西条は1―1で迎えた6回、司馬の適時二塁打で勝ち越し。
この後、先発秋山を中心にした堅い守りで今治西に得点を許さず逃げ切った。

四国地区 出場校一覧

優勝 準優勝 3位
香川 高松商
(3年ぶり30回目)
尽誠学園
(3年ぶり16回目)
丸亀
(9年ぶり7回目)
徳島 鳴門工
(3年ぶり15回目)
池田
(2年ぶり15回目)
徳島商
(2年ぶり27回目)
愛媛 西条
(4年ぶり14回目)
今治西
(3年連続23回目)
済美
(2年連続5回目)
高知 高知
(4年連続26回目)
明徳義塾
(3年連続20回目)
高知商
(2年連続37回目)
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:141 平均点:5.32
作成:2008-10-21   更新:2008-11-2      閲覧数:15716  
前
秋季中国地区大会 倉敷工(岡山)が優勝
カテゴリートップ
2008年 秋季大会
次
秋季九州地区大会 清峰(長崎)が優勝

投稿ツリー



コメント一覧

ネコ8  投稿日時 2008-10-25 6:06 | 最終変更
優勝争いの中心は愛媛1位の西条と高知1位の高知になりそう。

西条は攻守のバランスがとれている。
140キロを超す速球を持つ大型右腕・秋山と、切れのある徳永が継投。秋山は打線でも中軸を任される。

高知は夏の甲子園を経験したバッテリーがチームの軸。
左腕・公文は速球に威力があり、主将も務める捕手・木下らにパンチ力がある。

高知商は、制球力に定評のある右腕・井沢を軸とした守りのチーム。
県大会では、接戦を勝ち上がり、粘り強さもある。

徳島1位の鳴門工は旧チームから4番の安岡ら、夏の甲子園メンバーが多く残る。

池田は、県大会の失策が1試合平均0.8個と堅守で勝ち上がってきた。
打線は犠打を多用し、そつのない攻撃を見せる。
エース安野は直球と変化球のコンビネーションが持ち味。

尽誠学園は、チーム打率.356と打線が好調。
エース・村上は縦カーブと直球のコンビネーションが良い。

丸亀は、犠打と盗塁を多用し手堅い野球が特徴。
エース・山地は内角で勝負できる制球力の持ち主。

甲子園常連の明徳義塾と今治西は、ともに県2位ながら打線に破壊力がある。
強打で香川を制した伝統校の高松商も注目。

↑PageTop
Copyright (c) 2008-2017 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.