HOME  >  高校野球情報  >  2008年  >  2008年 秋季大会  >  秋季北海道地区大会 鵡川が優勝

2008年(H.20年度) 秋季北海道大会

第61回秋季北海道高校野球大会

期日:平成20年9月30日〜10月6日
参加校:20校(支部別出場校一覧
会場:札幌円山球場札幌麻生球場
備考:優勝校は、明治神宮大会進出
関連リンク:北海道地区歴代優勝校秋季大会一覧

優勝:鵡川(5年ぶり2回目の優勝)
準優勝:北海学園札幌

組み合わせトーナメント

支部 チーム名 1回戦 2回戦 準々
決勝

決勝
  決勝  
決勝
準々
決勝
2回戦 1回戦 チーム名 支部
小樽 北照                 釧路商 釧根
   5 1
室蘭 駒大苫小牧   2 0 0 9 北見柏陽 北見
2
10
旭川 旭川南 1     9 函館稜北 函館
  2 3 6 1
札幌 北海学園札幌    駒大岩見沢 空知
10 4
釧根 釧路湖陵 0   0 士別翔雲 名寄
   1 3
北見 北見北斗      2     14 札幌丘珠 札幌
1 5
札幌 東海大四 2 0 3 10 旭川実 旭川
  
函館 函館大有斗     帯広大谷 十勝
7 8     5   1
空知 岩見沢農 0 4 7 9 鵡川 室蘭
 
十勝 白樺学園   1   0   北海 札幌
   

スコア詳細

1回戦
駒苫  100 000 100 = 2
旭川南 000 001 000 = 1
(苫)大沼、中山−対馬
(旭)長谷川−水元
岩見沢農 000 000 0 = 0
函大有斗 200 131 x = 7
(岩)南−佐藤亮
(有)工藤−野村直
北見柏陽 000 103 240 = 10
函館稜北 201 024 000 = 9
(北)池上、松井−伊賀
(函)小原−菅原
鵡川    200 120 4 = 9
帯広大谷 010 001 0 = 1
(鵡)西藤、石井−岩谷、小林
(帯)長谷川−水元
2回戦
白樺学園 000 000 010 = 1
函大有斗 000 300 10x = 4
(白)田甫−井川
(有)工藤−野村
駒岩    020 110 000 = 4
士別翔雲 000 000 000 = 0
(岩)尾畑、後藤、小川−片平
(士)江川−宮本、加藤
北照 000 000 140 = 5
駒苫 000 010 001 = 2
(北)五十嵐、渡辺大−小本
(苫)岩瀬、野澤、落合、今崎−対馬
旭川実  000 204 202 = 10
札幌丘珠 100 300 100 = 5
(旭)野原、成瀬、鈴木−北澤
(札)黒田−村岡
釧路湖陵 020 000 0 = 2
学園札幌 221 050 X = 10
(釧)佐藤−目黒
(学)鍵政−宮口
北海 000 000 00 = 0
鵡川 002 001 22x= 7
(北)町田、安達−清水
(鵡)西藤−岩谷
東海四 000 000 010 001 = 2
北見北 000 100 000 000 = 1
(東)志摩−渡辺
(北)菅−井林
北見柏陽 014 310 0 = 9
釧路商業 000 000 1 = 1
(北)池上−伊賀
(釧)小田−吉岡
準々決勝
学園札幌 200 000 000 = 2
北照    000 000 000 = 0
(学)鍵政-宮口
(北照)渡辺大、五十嵐-小本
北見柏陽 000 000 000 = 0
駒岩    000 000 001x= 1
(北)松井-伊賀
(岩)小川-片平
函大有斗 001 320 2 = 8
東海四  000 000 0 = 0
(有)工藤、杉山、田中-野村直
(東)西嶋、志摩、奥原-渡辺
鵡川  000 101 100 02= 5
旭川実 200 001 000 00= 3
(鵡)西藤、石井-岩谷、小林
(旭)鈴木、成瀬、野原-北澤

準決勝

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
函館大有斗 0 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 2
北海学園札幌 0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 1x 3
バッテリー (函)工藤−野村直
(北)鍵政−宮口

北海学園札幌は2−2で延長11回、古沢が左前打で出塁し、瀬戸が送って一死二塁。
続く5番小松の中飛を処理した函大有斗の中継プレーが乱れる間に、古沢が判断良く生還し、サヨナラ勝利。

1 2 3 4 5 6 7
鵡川 1 0 2 5 0 4 2 14
駒大岩見沢 4 2 0 0 0 0 0 6
バッテリー (鵡)西藤、石井−岩谷 【本塁打】柳田、森、西藤
(駒)小川、後藤−片平

鵡川は3点を追う4回、宮本の内野安打などで1点を返すと、4番柳田の左越え3ランで逆転。
さらに5番森のソロで1点を加え、この回一挙5点を挙げ逆転に成功。
さらに7回には西藤が2ランを放つなど、本塁打3本を含む15安打を放って駒大岩見沢を圧倒し、コールド勝利を決めた。
駒大岩見沢は序盤6点を奪ったが、3回以降は鵡川の2番手・石井に2安打に抑えられ、三塁を踏むことができなかった。

決勝

1 2 3 4 5 6 7 8 9
鵡川 2 0 0 1 0 0 0 0 0 3
北海学園札幌 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
バッテリー (鵡)西藤−岩谷
(北)鍵政−宮口

鵡川は1回、四球を足がかりに2安打に犠飛を絡め2点を先取し、4回にも阿部康の三塁打などで1点を追加。
このリードを先発西藤が4安打1失点の力投で守り、逃げ切った。

北海道地区 出場校一覧

支部 A B C D
札幌支部 北海
(3年連続34回目)
東海大四
(2年連続21回目)
札幌丘珠
(2年連続2回目)
北海学園札幌
(2年ぶり17回目)
室蘭支部 鵡川
(4年ぶり5回目)
駒大苫小牧
(2年連続10回目)
函館支部 函館稜北
(初)
函館大有斗
(2年ぶり30回目)
小樽支部 北照
(8年連続30回目)
空知支部 駒大岩見沢
(21年連続32回目)
岩見沢農
(2年連続4回目)
旭川支部 旭川実
(3年ぶり11回目)
旭川南
(2年ぶり7回目)
名寄支部 士別翔雲
(初)
北見支部 北見柏陽
(6年ぶり14回目)
北見北斗
(2年ぶり13回目)
十勝支部 白樺学園
(4年連続7回目)
帯広大谷
(初)
釧根支部 釧路商
(45年ぶり3回目)
釧路湖陵
(2年連続12回目)

※代表校のカッコ内は、道大会進出回数
※士別翔雲は、前身の士別、士別商時代(両校統合)を含めると3年ぶり11回目の出場で、2007年の統合後は初

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:107 平均点:5.79
作成:2008-9-17   更新:2008-10-6      閲覧数:11390  
前
秋季大会一覧
カテゴリートップ
2008年 秋季大会
次
秋季東北地区大会 光星学院(青森)が優勝

投稿ツリー



コメント一覧

ネコ8  投稿日時 2008-10-17 16:57
秋季北海道地区 選抜枠1
詳細ページリンク先:http://kousien.info/modules/pico/index.php?content_id=600

優勝:鵡川(むかわ)
準優勝:北海学園札幌

【選抜出場候補校】
・選抜枠が「1」なので優勝の鵡川が選抜当確

【決勝戦詳細│鵡川3−1北海学園札幌】
鵡川はエース右腕の西藤が4安打完投。
緩急とコースを頼りに3回まではパーフェクト。
4回に犠飛で一点を失ったが再三の味方の好守にも助けられ、北海学園札幌の反撃を振り切った。
打撃も北海学園札幌の190cm右腕、鍵政から少ない好機を確実に生かした。

【鵡川・優勝の軌跡】
鵡川は夏は06年、秋は04年を最後に道大会に進出できていない。
同じ室蘭地区の駒大苫小牧など強豪校に勝てなかったからだが、
今回の通算打率も3割1分で、本塁打も4本と抜群の長打力を誇る。

【室蘭地区】
1回戦 13―0 登別青嶺
2回戦 13―3 室蘭清水丘
3回戦 14―4 苫小牧高専
代表決 2―0 北海道栄

【全道大会】
1回戦 9―1 帯広大谷
2回戦 7―0 北海
準々決 5―3 旭川実
準決勝 14―6 駒大岩見沢
決勝 3-1 北海学園札幌

↑PageTop
Copyright (c) 2008-2015 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.