HOME  >  高校野球情報  >  2006年  >  第78回選抜大会  >  第78回選抜 試合結果  >  12日目決勝

12日目の決勝戦は予想外の21−0というスコアで神奈川の横浜が8年ぶりの優勝を決めた。
21得点は決勝での最多得点記録を更新する得点。

【決勝戦】横浜(神奈川) vs 清峰(長崎)

決勝
横浜 21
清峰

横浜は2回、2死2塁で越前のタイムリーヒットで1点先制。
さらに2死満塁で高浜が2点タイムリーを放ち、この回に3点を挙げる。
3回にも二塁打の佐藤が三塁に進み、清峰投手の暴投で1点を追加した。
4回には1死2,3塁で遊ロ失策で加点。さらに犠飛で6点目をあげた。
6回には無死2,3塁で高浜が2点タイムリーヒット。無死1,2塁で佐藤のタイムリーで9点目。
エラーと川角の適時安打で2点加点などタイムリーが続き、一挙9点を奪う。
8回には佐藤が2点タイムリーを放ち、9回には古城の3点三塁打などで4点を追加した。

清峰は2回1死2,3塁のチャンスを作るが後続が続かず無得点。
3、4回にも得点圏に走者を出しながら後続が凡打した。
横浜は川角が先発し、6回を投げ3被安打無失点と好投。
7回に浦川に継投。その後も無失点に抑え、完封リレー。
清峰は有迫が先発し富尾に代わった後、有迫が再登板し、佐々木伸、木原と継投した。


横浜の優勝までの戦歴
・1回戦−履正社(大阪)1―0
・2回戦−八重山商工(沖縄)7―6
・準々決勝−早稲田実(東京)13―3
・準決勝−岐阜城北(岐阜)12―4

清峰の準優勝までの戦歴
・1回戦−岡山東商(岡山)11―2
・2回戦−東海大相模(神奈川)3―2
・準々決勝で日本文理(新潟)4―0
・準決勝−PL学園(大阪)6―0

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:130 平均点:5.92
作成:2007-7-20   更新:2007-7-20      閲覧数:4158  
前
11日目準決勝
カテゴリートップ
第78回選抜 試合結果

投稿ツリー



コメント一覧


↑PageTop
Copyright (c) 2008-2017 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.