甲子園 チーム記録

高校野球・甲子園でのチーム記録集。
センバツは選抜高等学校野球大会、選手権は全国高等学校野球選手権大会

チーム記録 大会通算記録 1大会通算記録 1大会記録
1試合記録(打撃) 1試合記録(投手・守備)
個人記録 大会通算記録 1大会通算記録 1試合記録
完全試合・ノーヒットノーラン 甲子園 球速ランク 甲子園 本塁打ランク

大会通算記録

分類 センバツ 選手権 通算 備考
最多
出場回数
40回 35回 73回 龍谷大平安は平安が前身。
龍谷大平安(京都) 松商学園(長野) 龍谷大平安(京都)
最多
勝利数
55勝 78勝 133勝 中京大中京(愛知)は、以前の中京商時代に黄金期を迎えた。
中京大中京(愛知) 中京大中京(愛知) 中京大中京(愛知)
最多
優勝回数
4回 7回 11回 中京大中京(愛知)は、67年に中京、
95年に中京大中京と校名変更。
中京大中京(愛知)
東邦(愛知)
中京大中京(愛知) 中京大中京(愛知)
大会通算
連勝
14連勝 22連勝 20連勝 通算は、選抜と選手権を合わせた記録。
PL学園
(1981〜83年)
中京商(現・中京大中京)
(1931〜33、37、53年)
PL学園
(春1981、82年)
(夏1983、84年)
大会
3連覇
- 中京商
(1931〜1933年)
連覇としては大会記録。甲子園23勝の大記録を樹立したエース・吉田正男らが中心。
33年の準決勝では延長25回を制しての優勝だった。
大会
2連覇
第一神港商(現・市神港)
(1929〜30年)
和歌山中(現・桐蔭)
(1921〜22年)
第一神港商は30年にエース・岸本正治が54奪三振、打線は1大会で3満塁本塁打。
和歌山中は、大会初の連覇校。3連覇がかかった1923年は、準優勝。
PL学園
(1981〜82年)
広島商
(1929〜30年)
PL学園は、現学校制度による初の選抜連覇。81年の主将は吉村禎一。
広島商は、3連覇がかかった1931年は、主力がアメリカ遠征で地区大会敗退。
- 海草中(現・向陽)
(1939〜40年)
海草中の3連覇がかかった1941年は、戦争のため中止となってしまう。
小倉中(小倉)
(1947〜48年)
1948年から学制改革で小倉中から小倉へ。
駒大苫小牧
(2004〜05年)
駒大苫小牧は、現学校制度による初の選手権連覇。
3連覇がかかった2006年大会は、決勝で延長引き分け再試合の末、敗退により準優勝。
春夏連覇 1962年、作新学院(栃木) 選手権第44回目にして初めて達成。エース八木沢荘六、島野育夫、高山らが中心だった。
選抜・準々決勝では延長18回再試合を制しての優勝。夏はエース八木沢を欠きながら優勝。
1966年、中京商(愛知) 中京商(現・中京大中京)は夏3連覇は達成していたが春夏連覇は初。
エースの加藤英夫、打撃の中心の伊熊博一らが活躍。
1979年、箕島(和歌山) 公立高校では唯一の春夏連覇校。石井毅―と嶋田宗彦のバッテリー中心。
選手権3回戦で絶体絶命2死後の一飛で相手が転倒、直後に同点本塁打などで、奇跡的な勝利。
1987年、PL学園(大阪) KKコンビ卒業2年後に達成。投手では野村弘、橋本清、打線では立浪和義、片岡篤史らが
中心となり、総合力の高いチーム。特に選手権では全試合危なげない試合運びだった。
1998年、横浜(神奈川) 神宮、春、夏、国体、すべての全国大会で優勝という史上唯一のチーム。
平成の怪物・松坂大輔はPLとの延長17回の死闘を制し、決勝ではノーヒット・ノーランで優勝。
2010年、興南(沖縄) 沖縄県勢初の夏優勝と同時に春夏連覇達成。我如古主将は選抜で8打数連続安打のタイ記録。
トルネード投法のエース島袋は甲子園通算奪三振130個と歴代2位。甲子園通算11勝。
2012年、大阪桐蔭(大阪) 大阪としては2回目の春夏連覇。春夏決勝の相手は史上初めて同一となる光星学院だった。
最速153キロ・197cmの長身エース・藤浪を中心に切れ目のない打線が特徴。
夏春連覇 1931年、広島商(広島) 29、30年の選手権で連覇、31年の選手権で優勝。
エース灰山元治が31年選抜で大会初のノーヒット・ノーラン。
1938年、中京商(愛知) エース野口二郎は選抜でノーヒットノーラン1試合を含む4試合連続の完封勝ち、
36イニング連続無失点の記録。
1961年、法政二(神奈川) エース柴田勲らが中心となり、戦後初の夏春連覇。
史上初の3季連続優勝を目指した選手権準決勝では延長で敗れた。。
1983年、池田(徳島) 名将・蔦監督が率い、エース水野雄仁(前年は畠山)、江上らが中心。強力打線で
攻撃中心の「やまびこ打線」、3季連続優勝を目指すがKKコンビのPL学園に敗れる。

PageTop↑

1大会通算記録

分類 センバツ 選手権 備考
最長試合 1966
第38回
4時間35分 1933
第19回
4時間55分 選抜最長試合は、延長15回。選手権は延長25回。
第40回(1958年)以降、延長18回までとし、同点の場合は引き分け再試合。
第82回(2000年)以降、延長15回までとし、同点の場合は引き分け再試合。
中京商-宇部商 中京商-明石中
最短試合 1932
第9回
1時間15分 1947
第29回
1時間12分 小倉中-岐阜商は決勝戦。
戦後の選抜最短自愛は第85回(2013年)の遠軽(北海道)-いわき海星(福島)の1時間16分。
初の21世紀枠対決の試合だった。
京都師範-海草中 小倉中-岐阜商
最多
得点差試合
1937
第14回
27点差 1936
第22回
23点差 初出場だった静岡商が、後にプロ野球選手になる3名が在籍する長野商に
大差を付けた。しかし静岡商は次の2回戦で延長の末、敗退。
滝川中27-0浦和中 静岡商27-4長野商
最多得点 2000
第72回
308得点
(31試合)
最多安打 1988
第60回
598安打
(33試合)
最多本塁打 1984
第56回
30本
(31試合)
2006
第88回
60本
(49試合)
満塁本塁打の最多は2008年(第90回)の5本。
最多三塁打 2000
第72回
48本
(31試合)
最多二塁打 1994
第66回
97本
(31試合)

PageTop↑

1大会チーム記録

分類 センバツ 選手権 備考
最高打率 2004
第86回
.448 駒大苫小牧は、5試合174打数78安打、1試合平均得点8.6で打ち勝つ野球で
初の北海道勢の優勝を果たした。
駒大苫小牧
最多得点 1939
第16回
59得点(5試合) 1921
第7回
75得点(4試合) 現在の高校野球のシステムとは違うものの1試合平均18.8得点、
全4試合で10点差以上と空前の記録。20-0、21-1、18-2、18-4という4試合の結果。
東邦商 和歌山中
最多安打 2011
第83回
74安打(5試合) 2000
第82回
100安打(6試合) この年、選手権優勝した智弁和歌山は全ての試合で7得点以上。
1試合平均9.5得点という驚異的な記録を樹立。
東海大相模 智弁和歌山
最多本塁打 1984
第56回
8本 2000
第82回
11本(6試合) KKコンビ(桑田、清原)擁するPL学園は選抜準優勝、1試合6本塁打も記録。
この年の智弁和歌山は選抜準優勝、選手権優勝。
PL学園 智弁和歌山
最多三塁打 1926
第12回
12本
和歌山中
最多二塁打 2015
第97回
20本(5試合) 東海大相模はこの年に優勝、大会記録の6二塁打を放った杉崎など計20二塁打。
東海大相模
最多塁打 2011
第83回
113(5試合) 2000
第82回
157(6試合) 2000年の智弁和歌山は選抜準優勝、選手権優勝。両大会で最多記録。
史上最強打線とも言われ、最多安打と最多塁打の記録も樹立。
東海大相模 智弁和歌山
最多打点 1939
第16回
56打点(5試合) 2008
第90回
57打点(6試合) 1921年(第7回)の和歌山中は4試合で54打点。
東邦商 大阪桐蔭
最多盗塁 1921
第7回
29個(4試合) 1921年の和歌山中が最多盗塁でも記録を持つ。
最多得点、最多打点に続く記録。
和歌山中
最多奪三振 1973
第45回
60個
(4試合35回)
1958
第40回
83個
(6試合62回)
作新学園は、江川卓が60奪三振。
徳島商は、板東英二が83奪三振。
作新学園 徳島商
最小失点 1938
第15回
0点
(4試合36回)
1939
第25回
0点
(5試合45回)
中京商は、野口二郎が全試合完封。
海草中は、嶋清一が全試合完封。
中京商 海草中
1940
第17回
0点
(4試合36回)
1948
第30回
0点
(5試合45回)
岐阜商は、大島信雄が全試合完封。
小倉は、福島一雄が全試合完封。
岐阜商 小倉
1952
第24回
0点
(4試合36回)
静岡商は、田所善次郎が全試合完封。
静岡商

PageTop↑

1試合チーム記録(打撃)

分類1 分類2 センバツ 選手権 備考
最高打率 1チーム 1985
第67回
.593
(54打数32安打)
KKコンビ最後の夏、東海大山形戦で記録。
29-7で勝利した時の記録。
PL学園
最多得点 両チーム 1924
第1回
34得点 1985
第67回
36得点 PL学園は8回まで毎回得点、毎回打点。
市岡中21得点
横浜商13得点
PL学園29得点
東海大山形7得点
1チーム 1937
第14回
27得点 1985
第67回
29得点 PL学園は8回まで毎回得点、毎回打点。
滝川中 PL学園
1イニング
最多得点
1チーム 1971
第43回
11得点 1923
第9回
14得点 立命館中は、台北一中戦で記録。
23-4というスコアだった。
東邦 立命館中
1イニング
最多
連続得点
1チーム 1924
第1回
9得点
市岡中
1985
第57回
9得点
東海大五
2010
第82回
9得点
日大三
最多安打 両チーム 2000
第72回
41安打 1985
第67回
41安打 PL学園は8回まで毎回安打。
智弁和歌山24安打
丸亀17安打
PL学園32本
東海大山形9本
1チーム 2000
第72回
24安打 1985
第67回
32安打 PL学園は8回まで毎回安打、32本中24本が単打。
智弁和歌山 PL学園
1イニング
最多安打
1チーム 1985
第57回
10安打 1986
第68回
12安打 松山商は、準決勝の浦和学院戦で記録。11人連続安打含む
12安打10得点。しかし次の決勝ではわずか2得点だった。
東海大五 松山商
2002
第74回
10安打
福井商
最多連続
打数安打
1チーム 1985
第57回
9安打
東海大五
2010
第82回
9安打
日大三
最小安打 両チーム 1976
第48回
2安打 1953
第35回
1安打 選手権の北海?慶応は無安打の慶応が2-0で勝利している。
(エラー、スクイズで1点、エラー2つで1点の計2点)
鉾田一2安打
糸魚川商工0安打
北海1安打
慶応0安打
最多
本塁打
両チーム 1984
第56回
6本 2006
第88回
7本 PL学園は6本塁打19安打18得点。
智弁和歌山?帝京戦は13対12の熱戦。
9回4点差を逆転した智弁和歌山がサヨナラ勝利。
PL学園6本
砂川北0本
智弁和歌山5本
帝京2本
1チーム 1984
第56回
6本 2006
第88回
5本 PL学園は桑田2本、清原1本塁打含む、6本塁打。
智弁和歌山は馬場2本、上羽、広井、橋本が1本ずつ。
PL学園 智弁和歌山
1イニング
最多
本塁打
1チーム 2011
第83回
3本 2008
第90回
3本 九州国際大付は安藤、三好、龍で3本塁打。
智弁和歌山は坂口2本、勝谷の1本で計3本。
九州国際大付 智弁和歌山
最多
三塁打
両チーム 1996
第67回
7本 1936
第22回
6本
滝川二6本
秋田1本
岐阜商6本
盛岡商0本
1949
第31回
6本
小倉北6本
長崎東0本
1チーム 1996
第67回
6本 1936
第22回
6本
滝川二 岐阜商
1949
第31回
6本
小倉北
最多
二塁打
両チーム 1992
第64回
10本 1985
第67回
12本
仙台育英6本
読谷4本
徳島商7本
東邦5本
2002
第74回
10本
福井商6本
明徳義塾4本
1チーム 1998
第70回
8本 2015
第97回
10本
今治西 仙台育英
最多塁打 両チーム 1985
第67回
56 延長10回での選手権参考記録
1970年(第52回)熊谷商34、平安24→計58
徳島商36
東邦20
1チーム 1984
第56回
42 1985
第67回
45 選手権での記録は、東海大山形戦で記録。
29-7で勝利した時の記録。
PL学園 PL学園
最多打点 1チーム 1985
第67回
27打点 選手権での記録は、東海大山形戦で記録。
29-7で勝利した時の記録。
PL学園
最多盗塁 両チーム 1916
第2回
20個
鳥取中10個
中学明善10個
1チーム 1974
第46回
14個 1953
第35回
13個 土佐は創部4年目で出場し13盗塁を記録。
予選打率2割ほどだったが、見事準優勝を飾った。
広島商 土佐
最多犠打 両チーム 2004
第76回
14 1978
第60回
12
愛工大名電10
立命館宇治4
所沢商6
小城6
1979
第61回
12
横浜商9
豊浦3
1チーム 1979
第51回
10 1979
第61回
9
箕島 横浜商
1988
第60回
10 1988
第70回
9
西武台 広島商
2004
第76回
10 2006
第88回
9
愛工大名電 静岡商
最多
四死球
両チーム 1936
第22回
31個
静岡商23個
長野商8個
1チーム 1936
第22回
23個
静岡商
最多三振 両チーム 1925
第11回
30個
北海中19個
東山中11個
1チーム 1963
第35回
21個 2012
第94回
22個
首里 今治西
最多残塁 両チーム 1920
第6回
31
松山商16
慶応普通部15
1チーム 1995
第77回
19
(延長13回)
青森山田
最小残塁 両チーム 1933
第19回
4
善隣商0
中京商4
1962
第44回
4
龍谷大平安1
西条3
1965
第47回
4
丸子実1
銚子商3
1977
第59回
4
智弁学園1
今治西3

PageTop↑

1試合チーム記録(投手・守備)

分類1 分類2 センバツ 選手権 備考
最多
奪三振
1チーム 1963
第35回
21個 2012
第94回
22個 松井裕樹(桐光学園)が10連続奪三振を含む22奪三振。
PL学園 桐光学園
1961
第33回
23個(延長16回) 1958
第40回
25個(延長18回) 板東英二(徳島商)が25奪三振。(延長18回の為、参考記録)
米子東 徳島商
最多与
四死球
1チーム 1935
第21回
21個 1936
第22回
23個
嘉義農林 長野商
最多失策 両チーム 1924
第1回
20個 1921
第7回
20個
立命館中13個
愛知一中7個
釜山商10個
杵築中10個
1チーム 1924
第1回
13個 1920
第6回
13個
立命館中 慶応普通部
最多併殺 両チーム 1979
第51回
7 1936
第22回
7
天 理5
鶴商学園2
和歌山商4
岐阜商3
1995
第67回
7 1939
第25回
7
観音寺中央4
東海大相模3
福岡工5
桐生中2
1994
第66回
7(延長13回) 2004
第86回
7
宇和島東6
広島商1
盛岡大付5
明徳義塾2
1チーム 1994
第66回
6(延長13回) 1939
第25回
5
宇和島東 福岡工
1976
第58回
5
銚子商
1997
第79回
5
浜松工
2004
第86回
5
盛岡大付
チーム記録 大会通算記録 1大会通算記録 1大会記録
1試合記録(打撃) 1試合記録(投手・守備)
個人記録 大会通算記録 1大会通算記録 1試合記録
完全試合・ノーヒットノーラン 甲子園 球速ランク 甲子園 本塁打ランク
参考文献:「激闘甲子園〜夏の高校野球完全データブック〜(オークラ出版)
     「<データでビックリ!知ってオドロキ!>高校野球がまるごとわかる事典