常葉菊川(静岡)は6―5で大垣日大(岐阜)に逆転勝ちし、初優勝を飾った。
静岡県勢の選抜大会優勝は、常葉菊川・森下知幸監督が主将を務めた第50回大会(78年)の浜松商以来、29年ぶり。
常葉菊川のナイン!おめでとう!!!

決勝戦も、準々決勝の大阪桐蔭戦、準決勝の熊本工戦と同様に、終盤での逆転勝利。
大垣日大の初出場初優勝はならなかったが、希望枠での出場で初の決勝進出だった。
連投のエース森田貴之(3年)が緩急を使って再三のピンチを切り抜けたが、5−4で迎えた8回裏2死からスライダーを痛打され3安打2失点で逆転を許した。

東邦で38年間監督を務めた名将、阪口慶三監督(62)は
「向こうの方が1枚も2枚も力が上だった。選手は一戦ごとに成長して、今日は満点のゲームが出来た。楽しませてもらいました」
と満足そうなコメントを残した。

選抜第12日目の結果

決勝
大垣日大 2 2 0 0 0 1 0 0 0 5
常葉菊川 1 1 1 0 0 0 1 2 x 6

決勝は、常葉菊川(静岡)が6−5で大垣日大(岐阜・希望枠)に勝利。
常葉菊川は先発の左腕・戸狩が立ち上がりを突かれ2回までに4失点。
しかし打線が奮起し、3回までに町田、中川のソロ本塁打などで1点差に迫った。
戸狩を継投したエースの田中が、5回まで点を許さず、味方の援護を待った。

6回に1点を失い2点差とされたが、7回、四球、敵失で得た2死一、三塁の好機に、長谷川が左中間適時二塁打を放ち1点差とした。
8回裏には2死二塁から石岡の左前適時打で同点。さらに、敵失で2死一、二塁とし、高野の中前に抜ける適時打で勝ち越した。

1回途中から登板したエース田中が救援後7回を1失点と好投。
大垣日大・エース森田は11安打されながらも完投し、1人で5試合を投げ抜いた。


出場校一覧 / トーナメント表
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:127 平均点:5.51
作成:2007-7-21
前
11日目準決勝
カテゴリートップ
第79回選抜大会 試合結果

投稿ツリー



コメント一覧


↑PageTop
Copyright (c) 2008-2015 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.