HOME  >  高校野球情報  >  2013年  >  第85回選抜大会  >  選抜大会 7日目

2013年(H.25年度) 春のセンバツ 7日目

第85回記念選抜高等学校野球大会 7日目の結果

大阪桐蔭・11安打10得点快勝、聖光学院・競り勝ち8強一番乗り、敦賀気比・岸本が7安打完封勝利

第1試合 大阪桐蔭(大阪) ― 遠軽(北海道)│観客数 : 17,000人

2回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H
大阪桐蔭 1 1 1 0 0 4 0 4 0 11 10
遠軽 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 5
バッテリー (大)網本、葛川-森友 【本塁打】峯本
(遠)大城、前田-山下

大阪桐蔭(大阪)11-1遠軽(北海道)
大阪桐蔭は1回、1死から峯本が中前への打球を中堅手が後逸、一気に本塁へ生還し、ランニング本塁打で先制。さらに同点とされた2回、死球と犠打で2死二塁から森の中前適時打で勝ち越し。3回には笠松の適時打で3点目を奪うと、6回には集中打で一挙4点。さらに8回には森友の2点適時打などで4点を追加し、試合を決めた。
遠軽は1回に柳橋の適時打で1点を返したが、2回以降は好機も作れなかった。投手陣は先発・大城が5回3失点と粘りの投球を見せたが、2番手以降が打線につかまった。
大阪桐蔭・先発の網本は毎回の9奪三振で7回4安打1失点と好投。継投した葛川も無失点に抑えた。大阪桐蔭が21世紀枠で初出場の遠軽に勝利し、史上初の3季連続甲子園制覇へ好発進した。

第2試合 鳴門(徳島) ― 聖光学院(福島)│観客数 : 12,000人

3回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H
聖光学院 2 0 0 1 0 0 1 0 0 4 10
鳴門 0 0 0 0 3 0 0 0 0 3 8
バッテリー (聖)石井-広瀬 【本塁打】園部
(鳴)板東-日下

鳴門(徳島)5x-4作新学院(栃木)
聖光学院は1回、八百板の中犠飛で先制すると、佐藤の右中間への適時三塁打で2点を先制。4回には石井が左前適時打を放った。
3点を追う鳴門は5回、河野の適時打と日下の2点適時打で同点とし、さらに2死一、三塁と攻め立てたが後続が遊直に倒れて逆転はならなかった。
同点で迎えた聖光学院は7回、4番・園部がバックスクリーンに飛び込むソロ本塁打を放ち、勝ち越し。結局これが決勝点となった。
聖光学院が前年選抜8強の鳴門との接戦を制し、春は初の8強入りを果たした。

第3試合 盛岡大付(岩手) ― 敦賀気比(福井)│観客数 : 7,000人

3回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H
敦賀気比 0 0 0 1 2 0 0 0 0 3 7
盛岡大付 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7
バッテリー (敦)岸本-喜多
(盛)及川、松本-奈部川

敦賀気比(福井)3-0盛岡大付(岩手)
敦賀気比は4回、先頭の米満一が二塁打を放つと、2死後に浅井が左前適時打を放ち、先制。さらに5回には岸本、峯、米満一の3連打などで2点を追加し、リードを3点に広げた。
盛岡大付は初回から4回までは毎回先頭打者を安打で出し、3、4回は走者を三塁まで進めるも、あと一本が出ず無得点に終わった。
敦賀気比・先発の岸本は7安打7奪三振で完封。2試合連続で完投勝利となった。敦賀気比は3年ぶりの8強進出を決めた。

出場校紹介 / 組み合わせトーナメント表へ / 試合日程、結果へ

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:25 平均点:4.80
作成:2013-3-28   更新:2013-3-28      閲覧数:2313  
前
選抜大会 6日目
カテゴリートップ
第85回選抜大会
次
選抜大会 8日目

投稿ツリー



コメント一覧


↑PageTop
Copyright (c) 2008-2015 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.