HOME  >  高校野球情報  >  2006年  >  第88回選手権大会  >  第88回選手権 試合結果  >  16日目決勝再試合

37年ぶり再試合の決勝戦
第88回全国高等学校野球選手権、16日目の結果は4−3で早稲田実が勝利し
早稲田実が初優勝
早実初優勝
全国4112校の頂点を決める戦いは早稲田実の優勝で幕を閉じました。
駒大苫小牧の3連覇はなりませんでした

両校のエースについて
駒大苫小牧・田中は1回途中から登板。粘り強い投球で1回以降4安打に抑えた。

早稲田実・斉藤は4連投で先発し、この日もスラーダーが冴えた。
4試合連続の二桁奪三振の12奪三振を奪う好投
でした。
最後の9回でも147キロの速球を投げていました。そのスタミナには脱帽。
早実優勝の瞬間
この2投手の次のステージでの活躍を早く見たいと思いました。
両校の選手の皆さん、お疲れ様でした!

決勝戦、再試合
駒大苫小牧(南北海道) 早稲田実(西東京)
決勝再試合
駒大苫小牧
早稲田実 x

早稲田実は1回、2死一、三塁から船橋の適時打で1点を先制。2回にも川西の適時二塁打で加点した。
駒大苫小牧は6回、先頭・三谷のソロ本塁打で1点を返した。

直後の早稲田実の6回は白川の適時二塁打で1点を加え、7回にも後藤の適時打で小刻みに加点し。4−1とリードを広げた。
駒大苫小牧は9回に中沢の2点本塁打で1点差に迫ったが及ばなかった。

早稲田実の先発の斎藤は13三振を奪い、無四球で完封した。
投手は前日と同じく菊地が先発。
1回に先制を許した直後の2死一、二塁からエースの田中が救援。2回以降4安打に抑えたが3失点を喫した。


駒大苫小牧 田中将大 個人成績
(夏の予選成績、甲子園)
相手




伊達緑丘 7 3 10 0 1
苫小牧西 6 0 13 0 1
伊達 5 0 8 0 1
夕張 5 1 7 0 1
北海道栄 8 3 9 0 1
北照 9 5 9 0 1
札幌光星 9 9 16 1 1
南陽工 9 7 14 3 1
青森山田 6 2/3 6 5 3 0
東洋大姫路 9 9 11 3 1
智弁和歌山 8 4 10 1 0
早稲田実 12 2/3 7 10 0 0
早稲田実 8 4 4 3 0
102 1/3 58 126 15 9

早稲田実 斉藤佑樹 個人成績
(夏の予選決勝成績、甲子園)
相手




日大三 11 - 13 4 1
鶴崎工 9 3 7 1 0
大阪桐蔭 9 6 12 2 1
福井商 9 10 7 1 1
日大山形 9 5 10 2 1
鹿児島工 9 3 13 0 1
駒大苫小牧 15 7 16 1 1
駒大苫小牧 9 6 12 3 1
80 40 90 15 7

出場校紹介 / トーナメント表

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:166 平均点:4.76
作成:2007-7-21   更新:2007-7-21      閲覧数:3670  
前
15日目決勝
カテゴリートップ
第88回選手権 試合結果

投稿ツリー



コメント一覧


↑PageTop
Copyright (c) 2008-2017 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.