第88回全国高等学校野球選手権、15日目決勝の結果
延長15回引き分け再試合となりました。
全国4112校の頂点を決める戦いは明日に持ち越し。

駒大苫小牧・田中は3回途中から登板し
165球を投げ、10奪三振を奪う好投。
敬遠の2四球以外は1四球のみだった。

早稲田実・斉藤は先発し、延長15回178球を投げきりました。
15イニングで16奪三振を奪う好投
でした。
特に15回2死の場面で、4番・本間に対する投球は凄かった。
5球連続の直球は145キロを超え、148キロを計測。最後は133キロのフォークボールで三振に仕留めた。
斉藤投手は恐るべきスタミナと強い精神力を見せつけました。

第1試合
駒大苫小牧(南北海道)早稲田実(西東京)
決勝




駒大苫小牧
早稲田実

駒大苫小牧は、8回表に三木のソロ本塁打で先制。斉藤の初球の甘めに入ったストレートを見逃さず、打った。
早稲田実は直後の8回裏、1死三塁から後藤の犠飛で追いついた。
早稲田実の先発・斎藤は16三振を奪い、7回までは1安打に抑える好投。

駒大苫小牧は延長11回表、1死満塁の好機があったが、スクイズ失敗。
駒大苫小牧は菊地が先発し、主戦・田中に継投。田中は3回1死一、二塁から救援登板して連続三振。
延長13回の2死満塁でも、後続を退けた。
延長に入り、ランナーを二塁まで両チーム進めるが、あと1本が出ず、延長15回での決着はつかなかった。


出場校紹介 / トーナメント表

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:123 平均点:5.12
作成:2007-7-21   更新:2007-7-21      閲覧数:3185  
前
14日目準決勝
カテゴリートップ
第88回選手権 試合結果
次
16日目決勝再試合

投稿ツリー



コメント一覧


↑PageTop
Copyright (c) 2008-2017 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.