2011年(H.23年度) 春のセンバツ 出場校紹介

第83回選抜高等学校野球大会 近畿地区出場校紹介

近畿地区 出場校一覧

地区 出場校
(都道府県)
創部
(年)
部員数
(人)
出場回数
(夏の出場回数)
甲子園
最高成績
2010年
秋季成績
公式戦成績
近畿 6 天理
(奈良)
1908 44 4年連続21回目
(夏25回)
優勝
(夏優勝)
地区優勝
県準優勝
9勝-2敗,率.379
本4 盗19 防1.73
履正社
(大阪)
1922 35 3年ぶり3回目
(夏2回)
3回戦
(夏3回戦)
地区準優勝
県準優勝
10勝-2敗,率.335
本4 盗6 防1.08
智弁和歌山
(和歌山)
1979 20 2年連続10回目
(夏18回)
優勝
(夏優勝)
地区4強
県優勝
9勝-2敗,率.352
本4 盗25 防2.22
報徳学園
(兵庫)
1932 91 2年ぶり18回目
(夏14回)
優勝
(夏優勝)
地区4強
県3位
7勝-2敗,率.281
本0 盗17 防1.70
加古川北
(兵庫)
1984 53 初出場
(夏1回)
-
(夏2回戦)
地区8強
県準優勝
6勝-2敗,率.277
本1 盗35 防2.14
京都成章
(京都)
1986 62 13年ぶり2回目
(夏2回)
2回戦
(夏準優勝)
地区8強
県3位
8勝-3敗,率.310
本6 盗19 防2.14

近畿地区の選考経緯

地区大会を優勝の天理、準優勝の履正社、4強の智弁和歌山、報徳学園は総合力で他チームを上回っているとして、まず4校を選出。
続いて8強の戦力を検討して、5校目に京都成章が決まった。京都成章は1回戦で奈良県優勝の智弁学園に競り勝ち、準々決勝も報徳学園にサヨナラ負けと接戦を演じた粘り強さが評価された。
残る1校は、8強の中で攻撃の積極性が支持された加古川北と、初戦敗退ながらも地力があると判断された神戸国際大付を比較。議論の末、独自の戦い方を確立している加古川北が選出された。

天理(奈良)

4年連続21回目の選抜出場、甲子園は5季連続出場。選抜は54年に初出場し、97年に初優勝を果たしている。
昨秋の県大会決勝で智弁学園に敗退し準優勝、近畿大会準決勝では智弁和歌山にサヨナラ勝利、決勝では昨夏の甲子園2回戦で敗れた履正社に逆転勝ちして2年ぶりの優勝を果たした。

投手陣は2年生右腕のエース・西口と、1年生左腕・中谷の継投が基本。エースの西口は昨年の春夏の甲子園でマウンドを経験。近畿大会では4試合中3試合でリリーフ登板。中谷は近畿大会で3試合で先発している。
打線は1番・西浦、4番・長谷川、5番・伊達を中心に短打が主体でつなぎの打線。昨秋チーム打率.379と高く、打線に切れ目がない。

◇戦績

 ▽秋季奈良県大会
1回戦 ○  31-0 榛生昇陽
2回戦 ○  16-0 大宇陀
3回戦 ○  10-0 磯城野
準々決 ○   6-1 登美ヶ丘
準決勝 ○  10-3 郡山
決勝  ●   0-3 智弁学園

 ▽秋季近畿地区大会
1回戦 ○  9-1 八幡商(滋賀)
準々決 ○  9-5 加古川北(兵庫)
準決勝 ○  6-5 智弁和歌山(和歌山)
決勝  ○  2-1 履正社(大阪)

 ▽明治神宮大会
2回戦 ● 1-2 大垣日大(東海・岐阜)

履正社(大阪)

3年ぶり3回目の選抜出場。甲子園は夏春連続出場。春夏通算では5回目の甲子園出場。
昨秋の府決勝では、1点リードして迎えた9回2死走者なしから同点に追いつかれ、最後はサヨナラ本塁打を浴び準優勝。近畿大会では準決勝で報徳学園に2-1で勝利、決勝は先制するも1-2で逆転負けするも、準優勝を果たした。

エース右腕、飯塚は、キレの良い直球と低めに球を集める制球力が武器。球種はスライダーやカットボールなど6つの変化球を使う。昨秋公式戦11試合に登板し、防御率1.14と抜群の安定感を誇った。左腕の渡辺も制球力がある。
打線は海部らが出塁して好機をつくり、通算12本塁打の4番・石井ら中軸が還すパターンで得点を重ねる。近畿大会4試合で失策はわずかに1と堅守。

◇戦績

 ▽秋季大阪府大会
1回戦 ○  5-0 大和川
2回戦 ○  5-0 明星
3回戦 ○ 13-1 岸和田産
4回戦 ○ 10-1 清水谷
5回戦 ○  4-0 常翔学園
準々決 ○  4-0 太成学院大高
準決勝 ○  8-0 上宮太子
決勝  ●  4-6 大阪桐蔭

 ▽秋季近畿地区大会
1回戦 ○  3-2 神戸国際大付(兵庫)
準々決 ○  11-1 守山(滋賀)
準決勝 ○  2-1 報徳学園(兵庫)
決勝  ●  1-2 天理(奈良)

智弁和歌山(和歌山)

2年連続10回目の選抜出場。4季連続の甲子園となる。選抜は85年の初出場し、94年に初優勝。夏は昨夏まで6年連続18回の出場で、97年と00年に優勝。昨年の大会では高嶋仁監督が、甲子園での歴代最多「59勝」を挙げた。
昨秋県2次予選決勝では和歌山工に6-0で圧勝。近畿大会は1回戦で京都外大西(京都)を6-3、準々決勝でPL学園(大阪)を9-4で破り4強入り。

切れ目ない打線と伝統の強打を受け継ぐチームは経験豊富な3投手を擁し、守備も堅実。打線は道端、宮川らが主軸を務め、勝負強い打撃でチームの得点源。下位も力のある打者が揃い、伝統の強打は健在。
投手は右横手投げの上野山、県2次予選決勝を完封した左腕の青木、右の本格派・宮川と、それぞれタイプが異なり、継投で試合を作る。3投手ともに甲子園のマウンドを経験している。この投手陣を支えるのは1年生から甲子園に出場している道端捕手。

◇戦績

 ▽秋季1次予選
1回戦 ○ 11-1 和歌山東
2回戦 ○  8-0 和歌山工
準々決 ○ 20-0 紀北工
準決勝 ○  7-2 近大新宮
決勝  ●  4-5 市和歌山

 ▽秋季和歌山県大会(2次予選)
準々決 ○  11-0 笠田
準決勝 ○  4-2 和歌山商
決勝  ○  6-0 和歌山工

 ▽秋季近畿地区大会
1回戦 ○  6-3 京都外大西(京都)
準々決 ○  9-4 PL学園(大阪)
準決勝 ●  5-3 天理(奈良)

報徳学園(兵庫)

2年ぶり18回目の選抜出場、昨夏の甲子園4強に続く、夏春連続出場。甲子園には春夏合わせて31回出場。優勝3回(春2回、夏1回)を誇る。
昨秋県大会準決勝では加古川北に敗退するも、3位決定戦で神港学園を破り、近畿大会へ。近畿大会準々決勝は、京都成章に引き離されそうになった展開を終盤にひっくり返し勝利。準決勝の履正社(大阪)に1-2で惜敗したものの、4強入りを果たした。

昨夏の甲子園4強の立役者の1年生エース右腕、田村は最速144キロの速球が武器。夏の疲労が抜け切らない中、昨秋の県大会から近畿大会までの全9試合を完投するなどスタミナもある。
打線は主軸の永岡、越井などを中心につなく野球で好機を確実にモノにする。

◇戦績

 ▽秋季兵庫県大会
1回戦 ○  8-1 八鹿
2回戦 ○  7-0 姫路西
3回戦 ○  4-0 神戸弘陵
準々決 ○  5-1 伊川谷
準決勝 ●  1-5 加古川北
3位決 ○  9-1 神港学園

 ▽秋季近畿地区大会
1回戦 ○ 13-3 塔南(京都)
準々決 ○  5-4 京都成章(京都)
準決勝 ●  1-2 履正社(大阪)

加古川北(兵庫)

初の選抜出場。夏の甲子園には08年に西兵庫代表(記念大会で増枠)として初出場。春、夏通じて甲子園での初勝利を目指す。
昨秋県大会で準優勝。続く近畿大会1回戦で大阪桐蔭に2-0で完封勝利し、初の近畿大会で8強に進出。準々決勝で優勝した天理に5-9で敗れたものの、終盤に得点して粘り強さを見せた。

チームは守りの野球が持ち味。エース井上は抜群の制球力を誇り、90キロ台スローカーブで打者のタイミングを外す。チーム打率.277で長打力はないが、昨秋35盗塁と1試合平均4.38の盗塁率は出場32校中トップ。足を絡めた攻撃で好機を確実に得点する。

◇戦績

 ▽秋季地区予選(東播B地区)
1回戦 ○ 10-0 白陵
2回戦 ○  3-0 県農
代表決 ○  5-4 加古川東
決勝  ○  6-2 東播工

 ▽秋季兵庫県大会
1回戦 ○  4-0 加古川東
2回戦 ○  8-2 西宮南
3回戦 ○  5-1 関西学院
準々決 ○  6-4 明石
準決勝 ○  5-1 報徳学園
決勝  ●  1-7 神戸国際大付

 ▽秋季近畿地区大会
1回戦 ○  2-0 大阪桐蔭(大阪)
準々決 ●  5-9 天理(奈良)

京都成章(京都)

13年ぶり2回目の選抜出場。前回は98年に出場し、初戦で岡山理大付に敗退。春夏連続出場の同年夏には準優勝を果たしたが、決勝で松坂大輔投手(現・米レッドソックス)を擁する横浜にノーヒットノーランを喫して敗れている。今回は選抜初勝利を目指す。
昨秋府大会では1次戦と2次戦準決勝で2度も敗れたものの、その度に敗者復活戦で這い上がり、京都3位で近畿大会へと進出。近畿大会の初戦では智弁学園(奈良1位)を破り、ベスト8に進出。

エース西野は制球力があり、チェンジアップが武器。出場32校中、唯一公式戦で3敗をしているが、それを跳ね除けての選抜出場だけに粘り強く、主将の柏木捕手を中心に守りきり、少ない好機をモノにする集中力で接戦を制してきた。

◇戦績

 ▽秋季1次予選(Hゾーン)
1回戦 ○ 7-0 南陽
2回戦 ○ 9-2 同志社
代表決 ● 3-4 桃山

 ▽秋季1次予選敗者復活戦(Hゾーン)
代表決 ○ 7-0 同志社

 ▽秋季京都府大会
1回戦 ○  5-3 京都両洋
2回戦 ○  3-0 立命館
準々決 ○ 10-2 京都翔英
準決勝 ●  1-4 京都外大西
3位決 ○  2-1 福知山成美

 ▽秋季近畿地区大会
1回戦 ○  3-2 智弁学園(和歌山)
準々決 ●  4-5 報徳学園(兵庫)

選抜出場校一覧へ

選抜出場校マップ 北海道 東北 関東 東海 北信越 近畿 中国 四国 九州 沖縄
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:117 平均点:5.21
作成:2011-2-8   更新:2011-2-8      閲覧数:8315  
前
北信越地区
カテゴリートップ
第83回選抜 出場校紹介
次
中国地区

↑PageTop
Copyright (c) 2008-2017 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.