HOME  >  高校野球情報  >  2010年  >  第41回明治神宮野球大会  >  明治神宮大会 5日目 決勝

2010年(H.22年度) 明治神宮大会 6日目

第41回明治神宮野球大会 6日目の結果

決勝戦は、日大三が4-1で勝利し初優勝、明治神宮枠は東京地区へ

本日は決勝戦、秋の日本一が決定します。

第1試合 鹿児島実(九州・鹿児島) ― 日大三(東京)

決勝 1 2 3 4 5 6 7 8 9
鹿児島実 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
日大三 1 0 0 3 0 0 0 0 x 4
バッテリー (鹿)野田、砂田−黒木
(日)吉永−鈴木 【本塁打】横尾

日大三(東京)4-1鹿児島実(九州・鹿児島)
日大三は1回、先頭の高山が安打で出塁し犠打で1死二塁とすると、畔上の右前適時打で先制。さらに4回、横尾の左越えソロ本塁打や捕逸などで3点を追加し、リードを広げた。
鹿児島実は5回、二死三塁から平山の左前適時打で1点を返す。9回は連打で1死一、二塁と好機を作るが、中飛で二塁走者が飛び出し併殺を喫し、力尽きた。
日大三の先発・吉永は8安打を浴びながらも要所を締めて完投。今大会3試合全てで完投勝利を収めた。
日大三は明治神宮大会5回目の出場で初優勝を飾った。(東京勢の優勝は第26回大会の帝京以来、15年ぶり)

組み合わせトーナメント表へ

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:115 平均点:6.70
作成:2010-11-18   更新:2010-11-18      閲覧数:4623  
前
明治神宮大会 4日目
カテゴリートップ
第41回明治神宮野球大会

投稿ツリー



コメント一覧


↑PageTop
Copyright (c) 2008-2017 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.