HOME  >  高校野球情報  >  2010年  >  2010年 秋季大会  >  秋季東海地区大会 大垣日大が優勝

2010年(H.22年度) 秋季東海大会

第63回秋季東海地区高校野球大会

期日:平成22年10月23・24、30・31日(抽選:10月12日)
開催地:三重県
参加校:12校(各県3、出場校一覧
会場:四日市市営霞ヶ浦第一野球場三重県営松阪球場
備考:優勝校は、明治神宮大会進出
関連リンク:東海地区歴代優勝校2010年秋季大会一覧三重高野連

優勝:大垣日大(岐阜1位、2年連続2回目の優勝)
準優勝:静清(静岡1位)
4強:三重(三重1位)、愛工大名電(愛知1位)

組み合わせトーナメント

県順位 チーム名 1回戦 準々
決勝

決勝
  決勝  
決勝
準々
決勝
1回戦 チーム名 県順位
三重1 三重            愛工大名電 愛知1
  6


4  
愛知2 享栄    磐田東 静岡2
3 4 3 1 2 8
静岡3 静岡 2     1 中京 岐阜3
   6 11
静岡1 静清     4     10   大垣日大 岐阜1
  4 8  
岐阜2 岐阜一   松阪 三重2
3 2     2 1
三重3 菰野 4     10 豊田西 愛知3
 

スコア詳細

1回戦
静岡 010 100 000 = 2
享栄 000 000 003x= 3
(静)岩崎−大石
(享)杉本−古屋
菰野  020 000 010 000 1 = 4
岐阜一 010 100 010 000 0 = 3
(菰)方田−前田
(岐)坂田−向川原
磐田東 000 402 11 = 8
中京  000 001 00 = 1
(磐)永田、伊藤、阿部−江間
(中)村松、宮地−豊島、平井
豊田西 330 002 2 = 10
松阪  001 000 0 = 1
(豊)中川−土屋
(松)中川、竹内−浦川
準々決勝
静清 000 001 100 2 = 4
菰野 000 002 000 0 = 2
(静)野村−加藤
(菰)三谷、方田−前田
三重 000 000 013 2 = 6
享栄 000 220 000 0 = 4
(三)三浦−中原、木田
(享)杉本、若尾−古屋
大垣日大 003 120 002 = 8
豊田西  001 100 000 = 2
(大)葛西−時本
(豊)中川、小川−土屋
愛工大名電 000 002 200 = 4
磐田東    100 000 010 = 2
(愛)浜田−清岡
(磐)永田、寸田、伊藤、阿部−江間、岡部

準決勝

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
三重 0 0 0 1 0 0 0 1 1 0 3
静清 0 2 0 0 0 0 1 0 0 1x 4
バッテリー (三)三浦−中原、木田 【本塁打】石崎
(静)野村−加藤

静清は延長10回、1死一、三塁から野村の右越え安打でサヨナラ勝利。
三重は8回に代打の石崎が本塁打を放ち、9回には岡本の適時打で2点差を追いつく粘りを見せたが、最後に力尽きた。
静清の先発・野村は終盤に追いつかれ延長にもつれたが、7安打に抑え完投勝利。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
愛工大名電 1 0 0 0 0 0 0 1
大垣日大 0 0 1 3 6 0 x 10
バッテリー (愛)浜田、坂谷、都築−清岡
(大)葛西−時本 【本塁打】高田、上木

同点で迎えた大垣日大は4回、星野の左前適時打と高田の本塁打で勝ち越し、5回は上木の本塁打を含む打者一巡の猛攻で勝負を決め、7回コールド勝利。
愛工大名電は1回、大村の犠飛などで先制したが、犠打を3度失敗するなど勢いに乗れず、投手陣も打ち込まれた。
大垣日大の先発・葛西は立ち上がりに失点するも、2回以降は三塁を踏ませない投球で4安打完投勝利。

決勝

1 2 3 4 5 6 7 8 9
静清 2 2 0 0 0 0 0 2 0 6
大垣日大 4 1 0 2 2 2 0 0 x 11
バッテリー (静)野村、望月−加藤
(大)葛西−時本

静清は1回、先頭の加藤が安打で出塁すると野村の適時三塁打で先制。さらに暴投の間に加点し、2点を先制。
大垣日大はその裏に4点を奪い、逆転するも2回に追いつかれた。同点にされた直後の2回、畑の適時二塁打で勝ち越すと、4、5、6回に後藤健の2打席連続適時打と時本の2点スクイズで2点ずつ加点し、粘る静清を振り切った。
静清は中盤に引き離され、7点を追う8回、野村の適時三塁打と柘植の適時打で2点を奪ったが、反撃もそれまでだった。
大垣日大の先発・葛西は序盤に制球を乱し4点したが、3回以降は復調して11奪三振の完投勝利。
大垣日大はこの日も爆発し16安打11得点で静清を破り、2年連続2回目の優勝を果たした。

東海地区 出場校一覧

優勝 準優勝 3位
静岡 静清 磐田東 静岡
愛知 愛工大名電 享栄 豊田西
岐阜 大垣日大 岐阜一 中京
三重 三重 松阪 菰野
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:173 平均点:5.26
作成:2010-10-2   更新:2010-11-1      閲覧数:35879  
前
秋季北信越地区大会 金沢が優勝
カテゴリートップ
2010年 秋季大会
次
秋季近畿地区大会 天理が優勝

投稿ツリー



コメント一覧

ノビィ   投稿日時 2010-11-2 9:53
大垣日大、優勝おめでとうございます。

この勢いで明治神宮大会を連覇してください。
初戦は関西代表校で強そうですが、阪口監督率いる大垣日大なら大丈夫!
maniaman3  投稿日時 2010-10-27 3:08
各県の優勝校がベスト4に出揃いましたね。
地元の期待を背負い、意地とプライドをかけた対決・・楽しみですねェ。
僕も東海の2枠はちょっと気の毒な感じがします。。
ただ、現状、この準決勝で勝利することが、センバツへの必須条件なのかもしれませんねェ。
ガンバレ、東海球児たち!!
ホッチャン597   投稿日時 2010-10-23 7:48
 近畿、関東の枠出場校が多すぎる。東海、東北の出場枠2校から3校に増やしてほしい。21世紀枠、希望枠は今までどおりでいいと思う

↑PageTop
Copyright (c) 2008-2017 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.