HOME  >  高校野球情報  >  2010年  >  2010年 秋季大会  >  秋季北海道地区大会 北海が優勝

2010年(H.22年度) 秋季北海道大会

第63回秋季北海道地区高校野球大会

期日:平成22年10月4日〜10月10日(抽選:9月22日)
参加校:20校(支部別出場校一覧
会場:札幌円山球場札幌麻生球場
備考:優勝校は、明治神宮大会進出
関連リンク:北海道地区歴代優勝校2010年秋季大会一覧北海道高野連

優勝:北海(16年ぶり11回目の優勝)
準優勝:北照
4強:駒大岩見沢、札幌第一
8強:鵡川、白樺学園、北海道栄、旭川工

組み合わせトーナメント

支部 チーム名 1回戦 2回戦 準々
決勝

決勝
  決勝  
決勝
準々
決勝
2回戦 1回戦 チーム名 支部
函館B 函館大有斗                 北海道栄 室蘭B
   3   2
小樽 北照   13 8 1 0 函館商 函館A
6 北海 0
釧根A 釧路北陽 1       2 稚内大谷 名寄
  2 13 10 2
旭川A 旭川実    北海 札幌B
2 13
室蘭A 鵡川 3     1 釧路工 釧根B
   2 6
十勝A 白樺学園      6     9 旭川工 旭川B
10   8
北見B 女満別 9 1 6 1 滝川西 空知A
  
札幌C 札幌光星     遠軽 北見A
0 4     13   9
空知B 駒大岩見沢 5 12 4 7 帯広大谷 十勝B
 
札幌D 北海学園札幌   0     14   札幌第一 札幌A
   

スコア詳細

1回戦
北照    000 003 102 = 6
釧路北陽 000 000 001 = 1
(北)今野−伊藤
(釧)後藤、太田、堀部−鈴木
札幌光星 000 000 00 = 0
駒岩    020 000 05 = 7
(札)佐藤、渡部−阿部
(駒)宮澤−小鹿
稚内大谷 010 001 000 = 2
函館商  000 000 000 = 0
(稚)廣川−松川
(函)西村−川島
遠軽    000 013 023 = 9
帯広大谷 000 100 105 = 7
(遠)古越、菊池−木村
(帯)増田、鈴木、木村、鈴木−大崎
2回戦
駒岩    103 26 = 12
学園札幌 000 00 = 0
(駒)宮澤、和田−小鹿
(学)尾山、佐藤、尾山−永友
釧路工 000 10 = 1
北海  058 0X = 13
(釧)大井−板東
(北)玉熊、太田、笠松−玉木
滝川西 100 000 00 = 1
旭川工 010 042 01X= 8
(滝)佐藤、内田、岩崎−渡辺健
(旭)官野峻−川村
北照    302 160 1 = 13
函大有斗 110 100 0 = 3
(北)今野−伊藤
(函)堤口−内城
遠軽  000 13 = 4
札幌一 502 7x = 14
(遠)古越、高本−木村
(札)西島隆、加勢−村田
旭川実 000 000 020 = 2
鵡川  030 000 00X = 3
(旭)佐藤、影浦−渡部
(鵡)吉田、池田−成田
稚内大谷 000 000 000 = 0
北海道栄 100 000 01X = 2
(稚)廣川−松川
(北)若林−蜂谷
女満別  013 014 000 = 9
白樺学園 000 040 204X= 10
(女)二階堂誠、大塚、二階堂僚−平田
(白)川越、両角、小林−佐々木
準々決勝
北海道栄 000 100 000 = 1
北海    200 000 00X = 2
(栄)佐藤佑、若林−蜂谷
(海)玉熊−玉木
北照 010 111 310 = 8
鵡川 100 100 000 = 2
(北)今野−伊藤
(鵡)吉田、池田、嶽−成田
旭川工 001 104 0 = 6
札幌一 310 243 X = 13
(旭)官野、田丸、本田−川村、平泉
(札)西島隆、知久−村田
駒岩    000 021 001 = 4
白樺学園 000 001 000 = 1
(駒)宮澤−小鹿
(白)川越−佐々木

準決勝

1 2 3 4 5 6 7 8 9
北照 2 5 0 0 3 2 0 0 1 13
駒大岩見沢 2 0 0 1 2 1 0 0 0 6
バッテリー (北)今野−伊藤 【本塁打】伊藤、大野、黒田
宮澤、和田、宮澤−小鹿 【本塁打】川合、小鹿、小林

北照は2−2で迎えた2回表、伊藤の3点本塁打と大野の2点本塁打で一挙5点を挙げ勝ち越すと、その後も優位に試合を進め、両チーム6本の本塁打が飛び交う打撃戦を制した。
北照は計15安打(うち4本塁打を含む)を放った北照が13−6で駒大岩見沢に快勝。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
札幌第一 0 0 0 0 2 6 0 1 0 9
北海 4 0 0 0 2 0 2 1 1x 10
バッテリー (札)西島−村田 【本塁打】三浦
(北)工藤、笠松、太田、多間−玉木

北海が初回に2つのスクイズと悪送球で4点を先制したが、札幌第一は6回に一挙6点を挙げて逆転。その後は両者点の取り合いで同点のまま9回へ突入。
北海は9回裏、1死満塁から5番多間の左前打でサヨナラ勝利。シーソーゲームとなった試合は、北海が10−9で札幌第一にサヨナラ勝ちした。

決勝

1 2 3 4 5 6 7 8 9
北照 0 0 0 0 2 0 0 0 0 2
北海 0 0 4 0 0 0 0 2 x 6
バッテリー (照)今野−伊藤
(海)玉熊−玉木

北海は3回、玉木の適時打と玉熊の走者一掃の3点適時三塁打で4点を先制。8回にも相手の守備の乱れを突いて2点を加え、試合を決めた。
北照は5回、11死一、三塁から伊藤の左翼線二塁打で2点を返したが及ばず、2年連続の優勝はならなかった。
北海は先発の1年生エース玉熊が要所を締め、2失点の完投勝利で、今春の優勝に続く2季連続の優勝で秋は16年ぶり11回目の優勝を果たした。

北海道地区 出場校一覧

支部 A B C D
札幌支部 札幌第一
(2年連続18回目)
北海
(5年連続36回目)
札幌光星
(34年ぶり8回目)
北海学園札幌
(2年ぶり18回目)
室蘭支部 鵡川
(2年ぶり6回目)
北海道栄
(4年ぶり13回目)
- -
函館支部 函館商
(2年連続4回目)
函館大有斗
(3年連続32回目)
- -
小樽支部 北照
(10年連続32回目)
- - -
空知支部 滝川西
(2年連続15回目)
駒大岩見沢
(23年連続34回目)
- -
旭川支部 旭川実
(3年連続13回目)
旭川工
(2年連続8回目)
- -
名寄支部 稚内大谷
(2年連続23回目)
- - -
北見支部 遠軽
(2年連続11回目)
女満別
(初)
- -
十勝支部 白樺学園
(6年連続9回目)
帯広大谷
(2年ぶり2回目)
- -
釧根支部 釧路北陽
(8年ぶり4回目)
釧路工
(6年ぶり11回目)
- -
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:121 平均点:6.12
作成:2010-9-21   更新:2010-10-12      閲覧数:19795  
前
秋季大会一覧
カテゴリートップ
2010年 秋季大会
次
秋季東北地区大会 東北が優勝

投稿ツリー



コメント一覧


↑PageTop
Copyright (c) 2008-2015 高校野球-info. All Rights Reserved. | Design by PAGE design lab.